読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

ホッタラケの島に見る綾瀬はるかの魅力とは?

おすすめの本-おもしろいマンガ・アニメ 音楽・映画おすすめ

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ 【Blu-ray】スタンダード・エディション

 

おすすめ残念な映画情報7

こんちわ、おいさんです。(*´∀`*)

みなさん、映画を楽しんでいますか? 

 

今回はおすすめ映画情報というより、残念な映画情報と題してお届けしたいものがあります。

 

今までこのコーナーではわしが観たおもしろい映画だけをなるべく語ってきたけど、それではあまりにも不自然で、なによりも読んでいる人たちにとって胡散臭いと思われるかもしれないので、これからはわしが暇つぶしに観た映画について面白かろうがつまらなかろうが語ってみることにしようと思い立った。

 

なのでこれからは実際に上映されている映画だけではなく、見逃しちゃった映画も愚作・良策含めてここで語っていきたいと思います!

 

そこで今回は「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」について語ってみよう!

LINEスタンプ大好評発売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

ホッタラケの島はホッタラケにしましょう♪

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ ファミリー・エディション [DVD]

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ ファミリー・エディション [DVD]

 

映画「STAND BY ME ドラえもん」を見て、日本のCGアニメーションに興味を覚えたわしはレンタルビデオ屋に行って、何か面白そうな映画はないかと物色した。

その中で発見したのがこの「ホッタラケの島」だった。

ホッタラケの島 」は綾瀬はるか声優として出演しているCGアニメ映画である。

DVDのパッケージを見てみると、綾瀬はるかが声を当てていると書いてあったので、綾瀬はるかが好きなわしは少し迷ったが借りて観ることにした。

 

結果は……なんじゃこりゃ?

確かに映像はキレイだし、意外と綾瀬はるかの吹き替えも悪くないんだけど、如何せんお話がチープすぎる。

 

物語の半分くらいまで来た所で大体大筋の展開は読めてしまった。

そして最後には早く終わんねぇかなこの映画…(;´Д`)

とジリジリしてしまうのである。

 

これは残念な結果だった。

 

まず綾瀬はるかが女子高生役は無理がある

今作はなんと主人公訳を綾瀬はるかが演じているのだが、

なんとなく、綾瀬はるかは女子高生に向かないのではないかと思った。

声があっていないというわけではなくて、この物語のキャラクターと、

綾瀬はるかの天然ボケキャラうまくシンクロしていないように見えた。

 

主人公の遥は少し反抗的な部分がある今どきの女子高生なのだが、

そのキャラクターとはるかたんではギャップがありすぎるw

これは実際、彼女が出演しているドラマや映画全てがそうなんだろうが、なんかいい子キャラの綾瀬はるかに悪い役は似合わないのである。

 

これははるかたんの致命的なところなんだろう。

 

どんな役を演じていても、

やっぱりはるかたんはるかたんにしか見えないw

 

これは本来なら役者としては致命的なはずなのに、

何故かそれでも保ってしまう綾瀬はるかという人はオトクな人である。

 

まぁでもほとんどの人は、

はるかたんそういうところが好きなんだろうけどねw(;´∀`)

 

それでもやはり声優としてのはるかたんの実力は、

例えば同世代の女優で言えば「おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

 

に出演していた宮崎あおいなんかと比べると、やはり見劣りしてしまう。

まぁ、実際のドラマや映画の演技もウマイ宮崎あおいと比べられては綾瀬はるかも迷惑だろうけど、その差はいかんともしがたい。

 

相棒のテオを演じる沢城みゆきと聴き比べるとその実力は歴然である。

だからどうしても綾瀬はるかの声の演技の粗さが目立ってしまうだけど…

 

スポンサーリンク

まあ、頑張って見ることはないかな? 

と、散々綾瀬はるかを上から目線でディスってしまったけど、

全国の綾瀬はるかファンのみなさん怒らないでくださいね。(;´∀`)

各いうわしも、はるかたんを陰ながら応援する者の一人ですからw

 

この映画の良い所を他に挙げるとすると、映像はすごくキレイです。

CGであることも幸いしているが、とにかく極彩色豊かで見ていて素晴らしい映像が創りだされていることは間違いないでしょう。

しかし人間キャラがCGで描かれているため、たまにCG特有の気持ち悪さが見えるところが少し気になったかな。(;´∀`)

 

CGでやはり人間を描くのは難しい。

散々ゲームでCGで描かれた人間を見なれているわしにしたら、

下手なCGは本当に人間が気持ち悪い人形のように見えてしまう。

そうした細かなところがどうしても気になってしまうのだ。

残念ながらこの映画にもそうしたところがたまに観られてしまう。

そこがわしとしては気になってしまった。

 

ただ、主人公の可愛かったですけどね(*´∀`*)

でも、遥のお母さんは……(´;ω;`)

 

まぁそんなところでこの作品は、

綾瀬はるか声優としての演技を観てみたいという人にはおすすめだけど、それ以外の人にはなかなか酷な映画になるでしょう。

 

それでも観てみたいという方はぜひご覧ください。

後悔すること間違いないですよ!(^^)。