読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

まとめて読むと更にオトク ドラねこ書店!

まとめ記事 雑談・感想 その他 おすすめの本

http://www.flickr.com/photos/33103273@N00/294679540

※2014/8/15 リライトしました。

 

ちわ~!ドラねこです。(=´▽`=)ノ

本日は「ドラねこ書店」棚卸しセール中w

 

今回は、わしが今までススメてきた本のまとめ記事を書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ドラねこ書店 おすすめの本1〜5 まとめ

http://www.flickr.com/photos/29468339@N02/4566141940

 

本を読むことは木を植えることに似ています。

 

つまり、本を読むということは、

心の庭に「一本一本、木を植える」ということです。

 

そうして一冊一冊読み続けた本は、やがて伸びてになり、大きく枝を伸ばして生い茂るとなり、自らを癒やし励ます「賢者の森」となるのです。

そうした「賢者の森」を作るお手伝いをできればいいなと思いこの「ドラねこ書店」を始めることを前にも述べました。

賢者の森」はアナタが一冊ずつ読んで(植えて)いくことによって創られます。

 

これから森の木になる種を見つけに行きましょう!

 

「ドラねこ書店おすすめの本」まとめ・第1弾。

この記事を読んで

「まだ読んだことがないや」

「へぇ、そんな本あったんだ!」

と思った読者がわしのこの記事を読んでまた新たな本との出会いに巡りあえば、わしとしては幸いです。

この秋、アナタがまだ読んだことのない本に挑戦するチャンスですよw

 

ちなみにこのシリーズでは、難解な古典や専門的な学術書も紹介していますが、なにせワタクシ「ドラねこ」は頭が悪いもんですから、わし自身が読める程度のわかりやすい本を毎度オススメしております。

 

それでは早速いってみましょう!

 

おとなの「学問のすすめ」 齋藤孝

おとな「学問のすすめ」

www.doraneko86.net

 

改めて福沢諭吉の凄さを知ることが出来た一冊。

福沢の西洋と日本に対する考察は、現代でも通じる鋭い視点があり、

その思考の深さには驚かされる。

 

伊達に一万円に載っているだけじゃない!

 

E=mc2 デイヴィッド・ボダ二ス

E=mc2――世界一有名な方程式の「伝記」 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

www.doraneko86.net

コメントで化学者じゃなくて「科学者」ですよ、

と突っ込まれたりもしたんですが、この「E=mc2」という式は、

もともと化学者たちが発見した式を元にしているのであえて化学者と表記しましたw

 

でもそんな別分野の概念を物理に応用してしまうところにアインシュタインの凄さが伺えますw

 

不思議なキリスト教 橋爪大三郎×大澤真幸

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)

www.doraneko86.net

調べて見ると、なんだか色々物議を醸しだしている本みたいですねw

でもわしがこの本を読んで選んだ理由は、

キリスト教神道対比について語った件りが興味深かったのであえてコレを選びました。

 

キリスト教については色々間違っているところもあるようですが、

著者の一人が橋爪大三郎だからしょうがないですよね。

 

齋藤孝のざっくり!西洋思想 斎藤孝

齋藤孝のざっくり!西洋思想

www.doraneko86.net

これは哲学をわかりやすく読み解くには優れた入門書、いやオムニバスでしょう。

ただ本書でも齋藤孝先生が語っているように、専門家でないものが哲学について語った本だから色々細かいところは解釈が違うかもしれませんが、そこらへんはあしからずw

 

「古事記」と「神話の力」

新版 古事記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

www.doraneko86.net

この本は日本人だったらみんなに読んでもらいたい本ですね。

現代人は圧倒的に自らの根本を作っている神話について知らなすぎるところがあるので、読んでも損はないでしょう。

この他にも色々な読みやすい古事記が売られていますから、

この本が気に入らない方はそちらをお試しください。

 

ただし、偽旧皇族・竹田恒泰の本だけはダメです。

 

いかがでしたでしょうか?気に入った本はありましたか?

わしとしては「ざっくり!西洋史」や「古事記」とかを興味深く読みましたね。

 

上記に挙げた本は中には色々物議を醸し出す本もあるみたいですが、

基本的には読書というものは読んでその本に対して自らが自らの頭を使って考えることが重要だと思っているので、わしとしてはそんな風にこの本たちと会話してもらえればうれしいですね(*´∀`*)

 

この「ドラねこオススメの本」シリーズではこれからも様々な本を紹介しています!

 

よろしければ今後も

ドラねこ書店」を覗いてみて下さいね(=´▽`=)ノ