読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

見たことのない西洋の楽器が大集合!管楽器編。

おすすめスポット

浜松市楽器博物館サックス 

 

そうだ!楽器博物館に行こう!その4

ちわ、元気ですかー?

今日は比較的暖かくてホッとしてるよ〜!

おなじみのドラねこっす。 

 

さて、本日は浜松市楽器博物館の紹介も第4弾。

いよいよ地下1階に展示されている西洋の楽器を中心にご紹介します。

真打ち登場という感じの楽器たちをたくさんご覧ください!

LINEスタンプ大好評発売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

ヨーロッパの楽器コーナー 

f:id:Doraneko1986:20150211112849p:plain

さて、本日はヨーロッパの楽器をたくさん紹介していこう。

しかしあまりにもこのヨーロッパだけでかなりの楽器の数になってしまうので、このヨーロッパ編だけで何回かにわけてご紹介しよう。

 

ホルン系

f:id:Doraneko1986:20150210230653p:plain

まずはじめにこんな変な楽器から。

最初に生まれた楽器という感じの奇妙なものである。

下の解説にはフィンガーホールからキーへと書かれている。

f:id:Doraneko1986:20150210230656p:plain

それにしても、なんか蛇みたいな楽器だ。気持ち悪いw 

f:id:Doraneko1986:20150211120704p:plain

んでこっちはホルン。

羊などを追い立てるのに使ったんだって。

それにしても見た目がシンプルだなぁ(^^)。

f:id:Doraneko1986:20150211120707p:plain

これも牧羊に使うための原始的な楽器。

ここらへんが西洋の楽器の原点なんだね。

f:id:Doraneko1986:20150211120710p:plain

これなんて一昔前のシャワーみたいな形してる。

吹くのたいへんそう。

f:id:Doraneko1986:20150210230615p:plain

んん?なんだこの変わった形の楽器は?

ピュサンだって。蛇みたいな楽器。

f:id:Doraneko1986:20150211120700p:plain

こんな風に地下一階はズラーっと奥まで西洋の楽器が続く。

まずは左サイドの管楽器をずっと追ってみよう。

 

トロンボーン&トランペット

f:id:Doraneko1986:20150210230612p:plain

トロンボーン。現代のモノかな?

f:id:Doraneko1986:20150210230609p:plain

その下もトロンボーン。でも形が今とは違う。

そしてサビがすごい。年代を感じさせる。

f:id:Doraneko1986:20150210230643p:plain

隣はクラリネットとトランペットを合わせたような楽器。

コレどうやって吹くんだろう?

f:id:Doraneko1986:20150210230641p:plain

うわぁ〜!!なんだこれ?!

すごい形だ。魔除けかなんかかしら? 

f:id:Doraneko1986:20150210230638p:plain

スライド・トランペット。初めて聞いた名だ。

これは長さがおかしいし。

f:id:Doraneko1986:20150210230635p:plain

これも複雑な形をしているなぁ。

f:id:Doraneko1986:20150210230618p:plain

小さなラッパがたくさん。

f:id:Doraneko1986:20150210230632p:plain

今で見たことのないラッパが続く。

色合いも年季が入っていて貴重な展示物だということがよくわかる楽器たちだ。

f:id:Doraneko1986:20150210230621p:plain

コルネットだって。

隣のデカイ楽器に比べると可愛い。

f:id:Doraneko1986:20150210230624p:plain

ホルンとかもコルネットをでかくしていった楽器だったんだね。

f:id:Doraneko1986:20150210230627p:plain

これはサクソルンだって。

サクソフォンとホルンを合わせたような楽器だ。

f:id:Doraneko1986:20150210230629p:plain

おもしろい形をしたトランペットだ。

トランペットといえばマイルズ・デイヴィス。

マイルズ・デイヴィスでもこれでちゃんと音が出せたのかな?

f:id:Doraneko1986:20150210230606p:plain

目の前の緑の回転台に載せられている楽器のホーンの数がすごいw

きっと貴重なものなんだろうなぁ。

 

スポンサーリンク

オカリナ&リコーダー

f:id:Doraneko1986:20150210230603p:plain

上の段はお馴染みの物がありますね。

それにしてもテナーリコーダーとかもあるのか……

その隣のリコーダーの装飾がすごいなぁ

f:id:Doraneko1986:20150210230600p:plain

 下の段のリコーダーは太いw

f:id:Doraneko1986:20150210230558p:plain

色んな形のリコーダーがある。

f:id:Doraneko1986:20150210230555p:plain

オカリナ。貝みたいな形だw 触ったら壊れてしまいそう。

 

フルート&クラリネット

f:id:Doraneko1986:20150210230534p:plain

ここからはフルートなどが続く。

こんな風に横並びでズラーッと並んでるんですねぇ。

f:id:Doraneko1986:20150210230548p:plain

このフルート、色がついてくるけどまだ銀色のフルートではないんだね。時代の変遷がよく分かる展示だ。

f:id:Doraneko1986:20150210230545p:plain

これもフルート。でも日本の横笛に見える。

f:id:Doraneko1986:20150210230512p:plain

見てよこの数。

オーボエやクラリネットだけでこれだけあるんすよ(;´∀`)

f:id:Doraneko1986:20150210230531p:plain

そしてこっちがクラリネットか。

「パパからもらった〜ラーリアット♪」(*´∀`*)

f:id:Doraneko1986:20150210230543p:plain

これはもうもろクラリネットだけど、色が現代のものと違う。

木の地肌がむき出しになっている

 

サクソフォン&オーボエ

f:id:Doraneko1986:20150210230518p:plain

そのとなりはナゼかサクソフォンが。

サックスといえばジャズの巨人・ソニー・ロリンズを思い出しますね(^^)。

f:id:Doraneko1986:20150210230514p:plain

テナーとかバリトンとか、たしかサックスってオーボエとリードが同じなんじゃなかったっけ?

だから隣に置いてあるんだね(*´∀`*)

f:id:Doraneko1986:20150210230526p:plain

アルトサクソフォンが小さいw可愛いなぁ。 

一応、展示物は手前にヘッドホンが置いてあって音を実際に聞くこともできるのだ。

このサックスの音を聞いてみたら少しくぐもった感じの悲しげな音だった。古いせいかしら?

f:id:Doraneko1986:20150210230509p:plain

オーボエ。オーボエったってそんな大した数はないだろ

f:id:Doraneko1986:20150210230521p:plain

……って、たくさんあるよ!Σ(゚д゚lll)ガーン!

f:id:Doraneko1986:20150210230506p:plain

ところでオーボエとクラリネットの見分けがつかないんだけど、これはオーボエだよね。

f:id:Doraneko1986:20150210230529p:plain

あれ?オクタヴィンって書いてある。

聞いたことない楽器だぞ。

世の中にはまだまだ知らない楽器があるんだなぁ(;´∀`)

f:id:Doraneko1986:20150210230537p:plain

こんなかんじで今回は管楽器を中心に見てきたけど、

本当にいっぱい楽器があるんだなぁ。次回は弦楽器を見ていこう! 

みんなも浜松市楽器博物館、おもしろいから行ってみてよ(^^)。

 

電子オルガンが一同に集結!これが本当の悶絶オルガン地獄!! - ドラねこ読書日記