読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

99%の格差社会と皇室と気功を知りたい方へおすすめの本・5つ選んでみた。

まとめ記事

皇室論-伊勢神宮式年遷宮に寄せて

ドラねこ書店 おすすめの本61〜65 まとめ

ちわ、おいさんです。

せっかくの春だってのに家からあんまり出られない日が続いていますね。そんな日は家で読書してみるってのはどうですか? 

 

うわぁ…だいぶ貯まっちゃったなぁ(;´∀`)

今回は久しぶりにドラねこ書店おすすめの本で紹介してきた読んで面白かった本をまとめて紹介してみたいと思います。 

 

集めた本はその時の気分で濫読していた本を中心にしたものなので、

今見返してみてもまったく脈絡がありません。

まぁそれでもそれぞれ良い本なの、みなさん興味があればこの春読んで見て下さい。

まとめ記事第13弾

気功革命―癒す力を呼び覚ます

www.doraneko86.net

かめはめ波が出したい。」あるいは「波動拳ができたらいいのに」

そんなことを少年時代に考えたことはないだろうか?

気功革命―癒す力を呼び覚ます」 はそんな男の子の夢をかなえるかめはめ波のような気功を覚えるための入門書!……というものではなく、普通に素人が簡単に身体の中の気を感じてそれを健康に活かすための方法が書かれている非常にわかりやすい入門書です。

 

読んでみるとわかるのだけど別に怪しい宗教の本というわけではなくて、いわゆるその道のプロである著者の気功師が「気はどうやったら感じることができるのか?」ということをなるべくわかりやすい言葉で教えてくれる本です。

 

わしはこの本を読んでからほぼ毎日ここに書かれている気功を座禅とともに実践しています(^^)。

いまでは自分の気を感じることができるほどになったんですよw

まだかめはめ波はでないけど……w

気功革命―癒す力を呼び覚ます

気功革命―癒す力を呼び覚ます

 

 

皇室論-伊勢神宮式年遷宮に寄せて

www.doraneko86.net

皇室論-伊勢神宮式年遷宮に寄せて」は長年皇室を研究されている高森明勅氏の皇室の本。

非常にわかりやすい文体で普段わしらとはあまりご縁のない皇室というものを優しく教えてくれる。

この本を読めば、皇室に対する数ある誤解や偏見がなくなること間違いないだろう。

天皇とそれにまつわる皇室をわかりやすく知りたい方にはおすすめの一冊。

 

そういえば今年は戦後70年の年だっけ。

そんな節目の年にこうした皇室にまつわる本を読んでみるのもよいだろう。

 

わしはもうすぐ伊勢神宮に行くつもりでいるから改めて読んでみるとしよう。

皇室論-伊勢神宮式年遷宮に寄せて

皇室論-伊勢神宮式年遷宮に寄せて

 

 

絶望の国の幸福な若者たち

www.doraneko86.net

一見すると不思議なタイトルの本である。

しかし中身は今の若者について鋭い視点で語った社会学者・古市憲寿氏の若者論。

わしだけではなくて結構多くの人が読んでいる有名な本なんだね。

それを知らなくて読書メーターに登録してびっくりしてしまった。

この本を読んでいるいまどきの若者と呼ばれる若い世代(わしも含むw)が、格差社会に喘ぎながらもなんとかその場で見つかる小さな幸せを噛み締めながら懸命に生きている様子がリアルに伝わってくる。

 

一読して「うん、確かにこんな感覚だよな」と妙に納得してしまうのが、メディアなどで流される可愛そうな若者論に今ひとつ共感できないからなのか、とにかくそうした今を生きる若い世代が何を考えて生きているのかというのを著者の古市氏は時に冷淡に時にニヒルな感じで書き綴っている。

 

著者の姿勢には好感が持てるかどうか賛否が別れるだろうが、ここに書かれていることは紛れもない事実なのだろう。

絶望の国の幸福な若者たち

絶望の国の幸福な若者たち

 

 

99%対1% アメリカ格差ウォーズ

www.doraneko86.net

アメリカって今本当に大変なんだねぇ(;´∀`)

99%対1% アメリカ格差ウォーズ」そんな人事みたいなため息の声が聞こえてきそうだが、ここに書かれている現状は早晩日本でも現実となるかもしれない。

TPPアベノミクスのおかげでこれからも持てるものだけが勝ち続ける格差社会はもっと広がっていく。そんな厳しい現実に日本もアメリカと同じように右に倣えで続いていくのかもう一度考えたい思いに駆られる一冊である。

 

それにしても最近、ヒラリー・クリントンが大統領選に出馬するといって、「アメリカ初の女性大統領の誕生かっ?」ちメディアは騒いでいたけど、この本に書かれているような深刻な格差社会に女性大統領が生まれたからといって対処できるのかねぇ?

いくら初めての女性大統領だからと言って力のある政治家でなければここまで複雑に肥大化してしまったアメリカを再生させることは誰でも不可能な気がするけど……。

 

日本の安倍ちゃんは大丈夫?(;´∀`)

99%対1% アメリカ格差ウォーズ

99%対1% アメリカ格差ウォーズ

 

 

社会の抜け道

www.doraneko86.net

 

上でも紹介したけど、社会の抜け道」は社会学者の古市憲寿と哲学者である國分功一郎の対談をまとめた本。

今の日本の現状を様々な現場に趣きながらそれぞれの経験や知識を元に色々語っていく。

Amazonのレビューや読書メーターの感想などでは酷評されていたりもするけど、個人的におもしろい本の部類に入ると思う一冊である。

こういう本を読むと若手の言論人や哲学者にも色々おもしろい人が出てきているんだなと感心させられてしまう。

 

読み応えのないという人もいるかもしれないが一度読んでみて損はしない一冊だろう。

社会の抜け道

社会の抜け道

 

 

 と、こんな感じでだらだら書いてしまったけど、

今回まとめてみた本はどれもそれなりに面白い本ばかりだから興味のある方は書店なり図書館なりでお手にとってもらって読んでいただけたら幸いである。