読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

オレの懐かしさに火が着いたw「STAND BY ME ドラえもん」

音楽・映画おすすめ 雑談・感想 その他

映画「STAND BY ME ドラえもん」VISUAL STORY: 未来の国からはるばると

 

おすすめ映画情報3

こんちわ、おいさんです。

みんな、この夏は映画を観たかな?

今日は14日 ということでTOHOシネマズに映画を観に行ってきました。

 

久しぶりだなぁw

今日わしが観た映画は「STAND BY ME ドラえもん

ドラえもんの映画なんて劇場に見に行くの久しぶりだったけど、一人でも十分に楽しめる内容でした。

 

そこで今回は「STAND BY ME ドラえもん」について語ってみたいと思います。

LINEスタンプ大好評発売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

新しいドラえもんもいいなっと思い始めています

ドラえもんを劇場に観に行ったのは10年以上も前のことだ。

その時は親友と「映画ドラえもん のび太の南海大冒険」を一緒に見に行った以来だった。

映画ドラえもん のび太の南海大冒険【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]

あの時は確か「帰ってきたドラえもん」とドラえもんズの三本立てだったと記憶している。わしはその時初めて観た「帰ってきたドラえもん」のエピソードに劇場で号泣したのを今でも鮮明に覚えている。

 

そんなドラえもん映画に泣かされて以来、わしはぱったりと劇場にドラえもんを観に行くことはなくなった。

ましてや声優が大山のぶ代から水田わさびに変わって以来、劇場版ドラえもんは観に行く気になれない。

 

わしにとってドラえもんは、今でも大山のぶ代さんなのである。

 

そんな第一次TV版世代のわしは新しい声優陣に馴染めない。

なので、未だにTV版の新しいドラえもんをほとんど観ることなしに今に至っているのだ。

 

それでもやっぱり観たかった

江崎グリコ STAND BY ME ドラえもんグリコ 4粒×10個

今回、久しぶりにドラえもんを観てみようと思ったのは、この映画がフルCGで制作された今までにない「全く新しいドラえもん」だったからである。

 

しかも今回は3Dにもなっているという!

このドラえもんを、観に行かないわけにはいかない!

しかし3Dは料金が高い!www

 

そこで今回は、普通の2Dで我慢することにした。

「この映画、ホントにおもしろいのかなぁ〜(;´∀`)」

と、その時はまだ疑っていたのだ。

 

今回映画を見る前に、ぜんぜん予備知識を入れずに劇場に足を運んだんだけど、最初、わしはお話としてドラえもんのエピソードの中の「帰ってきたドラえもん」をまた劇場版にしたものだと思っていた。

 

しかし、その考えは始まって5分でもろくも覆されることになる。

映画はセワシくんドラえもんを連れて来るところから始まるんですねw

 

それを見て

「あ、最初っからやるんかい!Σ(゚д゚lll)ガーン!

と、びっくりしてしまいましたw

 

後でパンフレットを見たら、

「この映画はマンガに忠実に「原作原理主義」で作りました。」

という一言が書いてあって、なるほど。と思いましたw

 

確かに話は最初のドラえもんとの出会いから始まる。

しかもこのドラえもん、なんだかのび太のお世話をするのが嫌そうだw

あれ?原作のドラえもんって、こんなかんじだったっけ?(;´∀`)

そう、思いながら映画は始まったのだった。

 

スポンサーリンク

STAND BY ME ドラえもん」 あらすじ

【劇場限定】 STAND BY ME ドラえもん 3DCG [ドラえもん ポストカードブック] 【特別付録 トランスフォーマー缶バッジ封入】 原作 藤子・F・不二雄 監督 八木竜一 山崎貴 キャスト 水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一

「ドラえもん」のはじまりと終わりの物語

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀からのび太の孫のセワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。

 

そこで聞かされたのは、のび太とその子孫たちの悲惨な未来。のび太は会社に就職できず、自分で会社を作るも倒産。

莫大な借金を残し、子孫たちを困らせているという。

そんなのび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気ではない。

そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀から帰れないようにしてしまう。

 

嫌々ながらも、のび太と暮らすことになったドラえもんだったが、しだいに仲良くなっていく。

二人は力を合わせて、のび太を幸せにするため、クラスメイトのしずかちゃんとの結婚を目指すことになる。

 

はたして、のび太は幸せな未来を手に入れることができるのか?

そしてドラえもんは22世紀に帰ることができるのかーーー!?

    「STAND BY ME ドラえもん」 パンフレットより

この映画、一目観て映像がキレイ。

冒頭の映像を見ただけで、涙がブワァーーー!!!

 

オレの、オレのドラえもんがこんなにキレイになってるぅーー!!(´;ω;`)

 

それだけでもう感動したw

 

CGで描いているからというのもあるのだろうけど、ピクサーやドリームワークスとは一味違った日本のCG映画として今作は楽しめる。

 

そしてとにかくドラえもんがかわいいw

のび太やしずかちゃんもかわいらしく描かれているんだけど、中でも一番かわいいのはドラえもんですね。

未来の公園で、一人お昼寝しているところなんかすごく可愛かったです。

 

人型のキャラクターの中では大人になったしずかちゃんが可愛かったですね。

わし個人としてはあれは好きだなwのび太も惚れるわw

 

普通、CGでキャラクターを描くと、下手な映像ではどこか角張ってしまう映像になってしまって、キャラが可愛くなくなったりしてしまんですが、このドラえもんのキャラクターの造形は素晴らしい!

 

原作を遥かに超えた可愛らしさを表現している!

そんな、山崎貴監督と八木竜一監督はみごとに可愛らしいドラえもんを仕上げています。

お話もドラえもんの原作から忠実に始まり、おなじみのあのひみつ道具も多数登場。TVで見慣れているあの道具たちもCGで改めて見てみると、また違った感動があっておもしろいです。

 

背景もしっかり作りこまれてあって、

CGとは思えないほど馴染んでいるのにビックリ!

あとでパンフレットを見たら、のび太の家関連の背景は6分の1のミニチュアで制作し撮影してあるという。

ミニチュアの実写映像とCGを馴染むように丹念に作りこむのが大変だったそうです。

 

しかし気になったのは、わしがTVで見ていたドラえもんとは、のび太の部屋が違う様な気がしたのだけれども、それも原作とアニメの新シリーズに合わせているのだとか。

 

なるほど納得w

 

スポンサーリンク

「STAND BY ME ドラえもん」素直におもしろかったよ(*´∀`*)

特に個人的にツボだったのは、未来の世界でドラえもんとのび太がタケコプターで空を飛んで行くんですが、その時ドラえもんが洗車機に入ってしまい、出てくるとテッカテカになっているのには笑いましたwww(*´∀`*)

あの輝きはCGでしか表せないものですよねw

 

お話も「映画のび太の結婚前夜」と「帰ってきたドラえもん」が巧みに合わさっていて、コレを見て泣かずにはいられませんw

 

大人になると、どうしてもみんなドラえもんから離れていってしまいますが、こうして見ると、ドラえもんってやっぱりおもしろいマンガだったんですね。(*´∀`*)

 

今回の「STAND BY ME ドラえもん」を観て

改めてドラえもんというマンガの素晴らしさを実感しましたw

この映画は子供だけではなくいつの間にかドラえもんを通りすぎてしまった大人たちでも楽しめる作品に仕上がっています。

 

今回見たのは2Dの方だったけど、

次は3Dの方もまた見に行きたいなぁ(*´∀`*)

思わず二度見たくなる「STAND BY ME ドラえもん」でした。

 

藤子・F・不二雄ミュージアムにも行ってみたいなぁ・・・(*´∀`*)