読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

いますぐ「かめはめ波」を出したい人への気功案内

おすすめの本 おすすめの本-中国 ライフハック

気功革命―癒す力を呼び覚ます

※2016/7/20 リライトしました。 

 

ドラねこが気になる書籍や、読んで面白かった本を紹介するドラねこ書店おすすめの本第61冊目は「気功革命」をピックアップ。

 

こんちわおいさんです。みなさん元気で生きてますか?

最近は暑くて身体がダルくてもう早速夏バテ気味だという人はいませんか?

今回は、誰でも簡単に出来てやるだけで元気になる、気功についての本をご紹介します。

スポンサーリンク

気功革命

気功革命―癒す力を呼び覚ます

気功革命―癒す力を呼び覚ます

 

このブログで何度も書いているが、よくジョギングをする。

最近は季節も夏めいてきたので非常に走りにくい。

2日に一度のペースでホームコースを走り、いい汗をかいて日頃の運動不足を補おうとするのだが、いかんせん暑さで身体がバテそうで困っている

 

そこで最近、もっと別な運動をやってみようかな?

そんな風に思ったわしはあるスポーツを取り入れることにした。

まぁ、正確にはスポーツというより体操に近いものなのだが……。

 

それはなにを隠そう気功である。

 

かめはめ波ーーー!!(; ・`ω・´)

というやつであるw

 

きっかけはあるブロガーさんの記事で、気功について書かれた文書を読んだからだった。以前からなんとなく興味はあった気功に、それから本格的に取り組んでみようと思ったのだ。

 

最初はよくわからないままアマゾンの本のレビューで気功に関する本を覗き込み、評判の良い物を探して一冊の本に出会った。

それがこの「気功革命―癒す力を呼び覚ます」という本である。

 

本書は仏教ヨガ中国武術(少林寺)など色々な気功法を、現代人でもわかりやすく、やりやすいようにまとめた本である。

ここには、気功と一口にいっても本当にいろんな気功が数多く収められていることが読んでいてわかる。

 

そして本書の著者も描いているが、この本で紹介されている気功は素人でもやりやすいものばかり。

確かに文章を読んでいくと、簡単な絵とともにわかりやすい解説が書いてあって、実際にやってみるとなるほど非常にやりやすい。

わしもこの中に出てくる気功法をいくつかためしてみたけど、どれもこれもが簡単で毎日できそうなものばかりだった。

 

そして本書によると、そうした簡単な気功ほど実は普遍的で奥深く、誰もができる良い気功であるそうな。

中国武術などで行われる気功は一般人には難しく、本書で収められている簡単なモノの方が、素人にはすぐに効果がでるのだそうな。

 

ホンマかいな?(;´∀`)

 

気功はイメージが重要

中でも気功の基本動作にあたる「せい手」という気功動作は誰にでもできる気功である。

 

なぜなら動作が簡単。

ただ前後に手をぶらぶらさせるだけw

 

でもこの本ではただ動作を行うだけではなく、「イメージ」することが重要だという。

ここに書かれている気功動作をいくら実践しても、良い気が巡ってきてくるイメージなしには効果の出方に相当の差があるのだという。

 

実際に素人に簡単にできる気功は「香り気功」というものをわしもやってみたが、これは両足を肩幅くらいに開いて左手を下にし、おへその上に両手を重ね、手と手の間を離して、ゆっくりと呼吸しながら腰を左右に振るというもの。

これは本当にだれにでもできる簡単な気功法だ。

やってみると手のひらに気のボールが出来たような反発感をすぐに感じる。

そしてお腹の周りが熱くなってくると気功がうまく出来ている証拠だという。

 

実際にやってみて

実際、やる前に本書を読んだわしは半信半疑だった。

本当にこんな簡単なことで気功なんてできるんかいな?

気功っていったら、それまでカンフー映画や漫画みたいに過酷な修行を重ねなければ操れないものじゃないのかしら?そんなイメージを持っていたw

 

たしかに中には気功といってもそうした武術的な気功もあるらしい。

しかし本書に収められている気功は、そうした難易度の高い気功とは違う誰もができる気功ばかり。 

そんな簡単な気功を、わしも準備動作にあたる「せい手」とともに「香り気功」を実際に半年くらいやってみた。

 

すると……! 

実際に三日目くらいから手とお腹の間に気のボールのような反発感を感じて、お腹の周りがものすごく熱くなってきた。

 

これにはびっくりした!

本当にこんな簡単な方法で気を感じることができるのか!

 

本書によると、

気のボールを感じられるようになったらその他の気功動作も取り入れていくと、どんどん心と身体の調子がよくなるという。

実際にその他の気功動作も毎日朝に一時間、夜寝る前に一時間とやってみると身体が熱くなるなどの効果がある。

そんなに激しい運動でもないのに、気功動作はやればやるほど身体が熱くなって最近では心も少し軽くなってきた感じがするのだ。

 

早い人は2週間ほどで効果が現れるというが、わしはかれこれ一ヶ月近くやっていきて、最近になってその効果が出てきた。かめはめ波はまだ出せないけど…(;´∀`)

 

これからもっと複雑な気功動作に取り組んでいけば、いまよりもっと健康になるかもしれない。

実際にわしの身体に良い気が流れているかどうかは証明しようがないが、ラジオ体操よりも簡単な体操をして、身体の血の巡りが良くなったと思えばこんなに簡単なことはない。

 

これなら確かに子供もお年寄りも身体の調子が悪い人でも誰でもできる健康法であるだろう。

こんな風に朝から爽やかな気分で一日過ごすことができるのなら、気功というのもあながち悪いものでもないのかもしれない。

 

気功を始める際に、本を買うなら本書の「気功革命―癒す力を呼び覚ます」よりも同じ著者の書いた続編「気功革命・治癒力編―気功・按摩・薬膳・陰陽バランスを使って病気を治す・パワーを溜める」の方がおすすめである。

なぜならこの本は「気功革命―癒す力を呼び覚ます」で書かれていること+病気別の気功を使った治し方も書いてあるからだ。

 

こっちを買ったほうがもしかしたらオトクかもしれないが、気功を基礎からしっかり学びたい方は「気功革命―癒す力を呼び覚ます」読んでみることをおすすめする。

 

これは誰にでもできる良い気功の入門書になるだろう。

 

www.doraneko86.net