読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

あなたの性格はなんですか?県民性から読み解く本当の自分とは?

おすすめの本

地図に隠された「県民性」の歴史雑学―「お国柄の謎」に迫る!

 

ドラねこ書店 おすすめの本96

こんちわ、おいさんです。

今日は県民性についてのお話をしてみようと思うよ。

 

最近、わしが借りた本の中で非常におもしろいものがあった。

それがこの「地図に隠された「県民性」の歴史雑学―「お国柄の謎」に迫る!

この本を読んでいると、日本ってほんとに色んな正確の県があるんだなということをしみじみと考えさせられたw

 

今回はそんな県民性についてのお話だよ(*´ω`*)

スポンサーリンク

地図に隠された「県民性」の歴史雑学

地図に隠された「県民性」の歴史雑学―「お国柄の謎」に迫る!

地図に隠された「県民性」の歴史雑学―「お国柄の謎」に迫る!

 

日本は狭いようで広い。

ただしそれも国土の話ではなく人間の性質についての話に限って、である。

地図に隠された「県民性」の歴史雑学」の冒頭にこんな文章がある。

日本には四七種類の人間がいる――という説がある。

四七とは、全国の都道府県の数。県が違えば風土も歴史も風習も異なり、そこでは生まれ育った人たちにはそれぞれ違った特徴があるというわけだ。

東京や大阪などの大都会には、日本全国から大勢の人が集まって暮らしている。その誰もが同じ日本人として同じように生活しているが、実はよく観察すると、ことばも違えば、食事のしかたも笑いのセンスもずいぶん違うことに気付く。

この出身県によって異なる特徴的な気質や考え方、生活習慣などを「県民性」という。

47種類の人間性……

そんなこと今まで考えたこともなかったが、この本を読んでいるとどうやら本当に日本という国は住んでいる地域によって、それは細かな性格の違いがたくさんあるようなのだ。

 

ぼんやり族の住む県 

例えばわしが住んでいるぼんやり村がある静岡県を引いてみると、 

静岡県は、東京と名古屋の間にあるため、「どっちつかずの中途半端な県」というイメージがある。実際、その地理的影響のせいか、温暖な気候のせいか、静岡県は「温厚」で「おっとり」していて「中庸や無難を好む」という。

つまり、なんでも「ほどほど」が好きな県民性というわけだ

p177

「どっちつかずの中途半端な県」

「温厚」で「おっとり」していて「中庸や無難を好む」

……ううむ、確かに当たっている(´ε`;)

 

かねてからわしが指摘していたとおり、西部は……いや中部も東部もぼんやりしていて、静岡県全体が総ぼんやり族だという説は、やはり間違いなかったのだ!

 

それにしても静岡って他県から見るとやっぱりそんなイメージなんだねw

まぁそれくらいね……豊かだってことだね。

ここに書いてあることは大体当たらずとも遠からずだね。

 

自分が性格だと思っている大部分は県民性?

この本を読んで思ったことは、ここに書かれている県民性を知り合いのあの人やこの人の性格を思い浮かべてみた時に、その人の性格だと思っていた部分が、実は県民性によって大部分が作られていたのではないか?ということだ。

 

自分はこんな性格だから、失敗ばかりしてダメなやつだ。

…こんな性格だから何もかもうまくいかないだ。

 

……なんて、なにか失敗があるとそのように自分の性格の性にして落ち込みがちだが、そうした自分の個性をまったく変えられない宿命のようなものだと思うより、そのような性格の大部分は実は県民性によって作られているだけかもしれないのだから、あまり頭ごなしに自分を否定することはないのかもしれない。

 

その人個人の本当の性格、

個性を言い表しているものではないのだとしたら、日常を生きていると起こる小さな失敗を気に病むことはないということである。

  

そんな風にこの本を読み終わった時、

自分のこれまで信じていた性格というものに、また新たな光が差したような気がしたw

 

www.doraneko86.net