読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

芸術の秋に絵を描くための必要な道具6つ挙げてみた

雑談・感想 その他 芸術劇場

マルマン スケッチブック A3 並口画用紙  S115 24枚

 

こんちわ、わしです。

秋だってのに各地はずいぶん寒いね(;´∀`)

 

わしの家のある日はそんなに寒くないけど、これからもっと寒くなるだろうからこんな時は家から出ないに限るなぁ。

でもそんな寒い秋の日に、家で何をしたらよいのだろう?

そう、秋といえば芸術。芸術と言えばである。

 

ということで、こんな寒い日は家でしこしことお絵描きをしましょうw

そこで今回はわしが絵を描く際に使用する道具を6つほど紹介してみよう!

スポンサーリンク

1. コピー用紙

紙。

紙なんて絵を描く際になんでも良いだろうとアナタは思うかもしれない。

そう、確かに紙なんてなんでも良い。

 

スケッチブックでも、ノートブックでも、自由帳でも、スーパーのチラシの裏でもなんでも好きな紙に描けばいい。

実際ワシ自身そうした紙を全て使ってきた。

そんなわしに言わせれば、その中でもコストパフォーマンスと品質の良さで一番なのは、実はコピー用紙である。

 

なぜコピー用紙がいいかというと、以前わしは絵を塗る際にはコピックをしようしていた時期がある。そのコピックの色の伸びがコピー用紙を使った際に抜群に良かったので今でもその名残で使っているのだ。

最近ではデジタルに移行してきているのでA4サイズのコピー用紙はスキャナーで読み取る際に非常に便利だということに気がついた。

 

描き味を追求していくなら、やはりマルマンなどの材質に良い物を使っている物もあるが、いかんせん高い。

価格の割には枚数が少なく、すぐになくなってしまうので、ある程度のお金を持っていないと経済的に非常に辛い。

 

絵を描き始めた頃なんてどうせ下手くそなんだから高いスケッチブックを使う必要なんてない。

 

コスパの面でも最適な、

安くて書きやすいコピー用紙に描くのが一番である。

 

コピー用紙をその安さから侮ってはいけない。

コピー用紙はスケッチブックやノートに比べて安くいし、描きやすく、枚数が多い。ノート三冊分の値段で10倍以上の紙が手に入るなんて、あまりにもコスパが良すぎる!

 

なので紙に迷っている絵かきさんは、とりあえずコピー用紙を使ってみましょう(^^)

 

あ、ちなみにコピー用紙と言っても、

写真を印刷した時に鮮やかな色が出るスーパーファイン紙なんかは使わないほうがいいよ。

 

理由は……やってみてのお楽しみ♡(*´∀`*)

 

2. 鉛筆&シャーペン

わしは500枚チャレンジを読まれている方たちはお気づきだろうが、ほとんど鉛筆で絵を描いている。この鉛筆を選んだ理由は見た目がかっこいいからw

 

昔は普通の三菱の緑の鉛筆でしこしこ描いていたんだよなぁ……

今は見た目もおしゃれな文房具が増えてきて選ぶのに困ってしまいますねw(;´∀`) 

ちなみにもし鉛筆で絵を描くのが嫌な人は、以前もこのブログで紹介した

www.doraneko86.net

下記のシャーペンなんかが高性能で絵を描くのに最適かもしれない。 

ちなみに芯の太さは0.4くらいで芯の濃さはBが最適かな? 

なぜ0.4かというと、細さの理想をいうと0.3くらいがいいんだが、これだと芯が折れやすい、だけど0.5だと太すぎるなので中間の0.4を採用した。

そして芯自体の濃さも鉛筆ならHBくらいでちょうどいいんだけど、0.4の細い線になるとHBでは見えづらい。なので一つ濃さのランクを上げてBを使用することにした。

 

ちなみに最近手に入れたシャーペンの中でお気に入りは「ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック

これはわし知らなかったんだけど、シャーペン界の定番商品になっている製品で、ものすごいベストセラーになっているんだってねw

 

色々試してみたがこの4つが絵を描く際に非常に役立つツールになっていることは間違いない。

 

シャーペン党の人は興味があれば是非お試しあれ。 

 

3. 消しゴム 

普通の人は「消しゴムなんて別になんでもいいんでね?」と思うかもしれない。

 

わしもしばらく前はそう思っていた。

そんなわしもこの消しゴムを使う前は普通のMONO消しゴムを使っていた。

しかしわしはこの「W AIR-IN(ダブル エアイン)消しゴム スティックタイプ」を使って感銘を受けた!

 

この「W AIR-IN」は素晴らしく消しやすい!

 

なんだこれ!?Σ(゚д゚lll)ガーン!

びっくりするほどよく消えるわ(=´▽`=)ノ

というくらいの衝撃!こんな良い消しゴム世の中に存在していたとは!!

 

軽くこすっただけど驚くほどよく消える。

ただ難点はよく消える消しゴムにありがちなちょっと強度がもろく、割れやすいというところだ。

ただまぁここらへんはゴシゴシこすらずにソーッと消せばいいだけの話なので、使う側の力加減一つでどうにでもなる問題である。

 

 

ちなみに、

こんな素晴らしい消しゴム、一個では足りないわ!という方は、

こちらの40個入りの業務用をどうぞ(^_^;)

  

4. ペンタブ

デジタルで絵を描く際には欠かせないもの、そう、それがタブレットだ。

iPadなどのタブレット端末が出る前は古くからこちらをタブレットと呼んでいた、お絵かき用のデバイスのことである。

わしは最初に買ったペンタブもワコムだったので、その上位機種のIntuosを普段使用している。

 

もうだいぶ古い型だけど、

わしが普段使っているペンタブはワコムのIntuos4のMサイズ。

これが以前のLate2009のiMacには画面的には最適だったのだが、今では27インチの5KiMacに買えてしまったので、サイズ的にもスペック的に非常に不満がある代物に成り果ててしまった。

 

新しいペンタブはワコムの液タブにしようかしら?

それともせっかくMacをもっているんだから、iPadProにしようかしら?

と悩んでいたら、本日ワコムが新しい4Kモデル対応のペンタブを、13.3型のフルHDモデルと15.6型の2つで発売するという記事を見かけた。

japanese.engadget.com

わ~お!まじかよ(;´∀`)

スペックは?スペック的には以前の前機から不評だったタッチパネルの操作性は良くなったのか?

www.moxbit.com

一部の絵描きに好評なiPadProと比べるとどうなんだ?

なんだかこれでますます悩みが深くなってしまったような気がする。 

 

5. CLIP STUDIO PAINT

そしてデジタルで絵を描く際に必要な物といったらやはりソフト。

中でもわしのおすすめはやはりクリスタこと「CLIP STUDIO PAINT」

わしが使っているのはこのクリスタの中でも最も上位の「PRO」を使用している。

 

なぜ「PRO」を使っているかというと、このソフトの前身であるコミスタの「EX」を買っていたから(確か当時6万近くした(;´∀`)

それのおかげでクリスタリリース時には優待としてタダで「PRO」を使える様になったのである。

 

このクリスタの素晴らしいところは、何と言ってもブラシの操作性だろう。

自分の手に馴染んだ筆圧などに細かなところも調整できるし、Photoshopなどのブラシに比べると格段と描きやすい。

そしてなによりComicStudioとIllustStudioをあわせた機能も搭載しているので、例えば…

f:id:Doraneko1986:20161112171938p:plain

こんな漫画風の絵も描きやすく、色も簡単に塗ることができる。

 

そしてその他にも、別アプリの「CLIP STUDIO」と連携して作品のバックアップや細かなワークスペースの配置、ブラシやダウンロードした素材をそのまま別のPCにも引き継げる点が挙げられる。

この機能のおかげで5KiMacにもなんとか前のPCと同じ設定で引き継ぎができた。

ただ、もうちょっと容量を増やしてくれればありがたいサービスである。

 

しかし難点は、

やはりフィルターなどの特殊効果を描く際にはPhotoshopには足元も及ばない。

ここらへんはまだまだ改善の余地があるだろう。

 

買うのに抵抗がある人はまずは体験版を利用してみるのをおすすめする

HP : CLIP | 創作活動応援サイト

 

6. Photoshop

そして最後に紹介するのが、ご存知Photoshop。

これがないと絵の仕上げができない。

f:id:Doraneko1986:20161116195419p:plain

このように最後の細かな色調整などの仕上げをする際には今のところPhotoshopが最強だろう。 

ただソフト単品で買うとエラい高いので、ちょっと試してみたいという人は上記のリンクにあるフォトプランを一ヶ月だけ利用してみればいいだろう。 

気に入ったら年間契約でまとめて買ってみたらいい。

Photoshop単品で買うより、何故かフォトプランの方が安いので、たとえLightroomがいらなくても断然こちらがおすすめである。

 

まとめ

いかがだっただろう?

だいぶ長々と書いてしまったが、要するに単純に絵だけを描きたいと言う人はぶっちゃけ1〜3まで参考にしていただければいい。

もっとハイレベルの絵に挑戦したい方はペンタブなりクリスタなりを導入してみたらどうだろう?

 

まずは簡単なところから始めることが肝心である(*´ω`*)