読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

初めての方のための「浜松まつり」見学入門

おすすめスポット 雑談・感想 その他

今週のお題「ゴールデンウィーク2014」

浜松まつり

※2016/5/04 リライトしました。

 

ちわ!みんな元気にしているかい?

おいさんです!ヽ(=´▽`=)ノ

 

5月といえばGW。

GWといえば、わしの近所の浜松では毎年「浜松まつり」が開催されています。

実はわし、今まで浜松まつりに参加したことがないんです。(;´Д`)

 

そこで今回は、

GWに行われる浜松まつりについて語ってみたいと思います!

LINEスタンプ大好評発売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

初めての浜松まつり

f:id:Doraneko1986:20140505171311p:plain

浜松まつり

名前は何度も聞いたことがある方もいるだろう。

かく言うわしもその類である。

 

しかし、わしは浜松まつりに今まで一度も参加したことはない

というか、見物したこともない

 

何故なら、今の浜松は2005年頃に行われた市町村合併によって新しく巨大な政令指定都市に生まれ変わった。

わしの住んでいる街も、そうした市町村合併で浜松市へと編入されたのだった。

しかし当時、大学進学で東京にいたわしにはそのころ市内にいなかったこともあって未だに浜松市民になった感覚はない。

なので浜松市民と言われてもピンと来ない。

 

自分にとって浜松は都会。地元とは程遠い場所、という感覚を抱いていた。

そんなわしは今回、浜松まつり初見物に繰り出すことにした。

f:id:Doraneko1986:20140505171320p:plain

駅に降り立つと多くの人が続いて通りの方へと向かう。

どうやらその先に浜松まつりの屋台が出ているらしい。 

初めての浜松まつりは、ドコがどうなっているのかわからないわしにとって、とりあえずその人たちが向かう方へついていくことにする。

f:id:Doraneko1986:20140505171328p:plain

ぼんやり待っていたら大きな掛け声とともに屋台がやってきた。

初めて見る浜松まつりの屋台である。

f:id:Doraneko1986:20140505171642p:plain

それに続く人たちが後からぞろぞろとついてくる。

すげぇ、あれが浜松まつりに参加している市民か。(;´∀`)

浜松まつりには明確な参加者見物客の線引きがされている。

 

浜松まつりに参加するには、組ごとに定められた法被を着用し、法被に毎年購入するワッペンが貼り付けられている必要があるそうな

f:id:Doraneko1986:20140505171345p:plain

ちなみに道路は完全に通行止めされ、歩行者天国になっている。

道路を横断したくても一般の見物客は横断歩道を渡ることも許されない。

 

しかし法被を着て、ワッペンをした者は

目の前をひょいひょいと横切って行く。

 

うーん、向こう側に渡って屋台を見てみたいんだけどな(;´∀`)。

おまわりさんらしき人がいるので渡る勇気がでなかった。

f:id:Doraneko1986:20140505171337p:plain

そう思っていたらこっち側の道路にも多くの人と屋台が訪れてきた。

みんな大きな掛け声とともにラッパを景気良く吹き鳴らし通りすぎていく。

 

ところで祭りと行ったら出店の屋台であるが、それはどこにあるんだろう?(;´∀`)

 

「色気より食い気」

わしは実は屋台より出店の方が気になっていた。

わたあめとか焼きぞばとかが食べたいが一体どこにあるのかな?

もう少し街の中心部に行ってみよう!

 

街の中心地・ZAZAシティ前

f:id:Doraneko1986:20140505171814p:plain

通りを線路沿いに一人歩いて行く。

それともに向こう側から大きな声が聞こえてきた。

そうか、あっちが盛り上がっているんだな!ヽ(=´▽`=)ノ

 

すると、大きく開けたとおりにはさっきの場所より多くの人が詰めかけていた。

おお!さっきより多くの屋台が通りすぎていくぞ!

f:id:Doraneko1986:20140505171355p:plain

すげぇ!ここまで近くで見れるとは!

人混みをかき分けさらに道路に近づいてみる。

f:id:Doraneko1986:20140505171843p:plain

目の前をそれはきらびやかな屋台がたくさん通り過ぎて行く。

その迫力たるや圧巻である!

f:id:Doraneko1986:20140505171406p:plain

うわぁ!すごいなぁ。みんな大盛り上がりヽ(=´▽`=)ノ

f:id:Doraneko1986:20140505171855p:plain

お!また向こうから屋台が出てきた。

f:id:Doraneko1986:20140505171414p:plain

結構な早さで目の前を通り過ぎて行く。

ちょ、カメラが追いつかないよ!(;´Д`)

f:id:Doraneko1986:20140505171914p:plain

うわぁ、すげぇ!(*´∀`*)

 

そういえば昔、

近所の祭りで一度だけ屋台に乗せてもらったことがあったなぁ 。

そんな昔のことを不意に思い出した。

その時は周りに知らない子だらけですぐに降りたけどw

f:id:Doraneko1986:20140505171939p:plain

 おお~キレイだ。 思わず何枚もシャッターを切ってしまう。

f:id:Doraneko1986:20140505171428p:plain

それからも多くの屋台が目の前を通り過ぎていった。

時刻も9時に近づきつつあったので、アレだけいっぱいいた見物人も帰り始めていく。

f:id:Doraneko1986:20140505171442p:plain

よっしゃ道路近くにもっと近づけるぞ!

これなら本当に目の前で祭りの様子が拝める。

f:id:Doraneko1986:20140505171453p:plain

しかし、肝心の出店はどこにあるんだろう?

道路の向こう側に行きたくても目の前に警備員らしき人がいるので容易に渡れそうもない。

 

遠回りして向こう側に行ってみようかな?

と、そう思っていた時だった。

 

スポンサーリンク

練り?後進?ホントはどっち?

f:id:Doraneko1986:20140505171506p:plain

向こうの大通りから多くの人が歓声を上げて押し寄せてくる。

手には大きな旗を持ち、ラッパが大音声で鳴り響いていた。

今までにない大音量である。

 

でも、このリズム。なんか聞き覚えがある。

一体なんだたっけ?(;´∀`) 

ラッパは幼稚園児や小学生を中心とした子供から大人までの参加者により吹奏される。

 

ラッパは、本来は軍隊で信号伝達の手段として使用される信号ラッパ(ビューグル)を用いて、凧合戦を鼓舞したり練りを指揮したりする。これは、日本で近代的軍隊が整備され始めた幕末から明治・大正時代にかけて、祭りの運営が消防団や青年団を主体に行われていたことに由来すると言われている。

 

演奏曲は、大日本帝国陸軍の 行進曲「駆足」や「速足」を独自の曲調にアレンジし編曲したものが最も多く演奏される。これは凧合戦や練りの指揮には欠かせないものとして、市民に非常に 馴染み深い曲となっており、交響曲やダンスミュージック、よさこい踊りなどにも取り入れられている。主に強強弱弱4拍子のリズムがひたすら繰り返される。

 

ラッパの吹奏は、未就学児から小中学生らを対象とした「子供ラッパ隊」として、子ども会を中心に指導に当たっていることが多い。一般に吹奏が困難と いわれる信号ラッパも幼少期から訓練することで、金管楽器の基礎的な吹奏技術を身につけられる。なお、市内のあらゆる楽器店では、信号ラッパを国内産の高価なものから台湾製など比較的廉価なものまで多数取り揃えており、一部ではオリジナルの信号ラッパを製造・販売しているところもある。

 

一般に、日本では日常生活、とりわけ平和な祭典において、近代的軍隊の習慣や文化に直に触れることは滅多にない。ところが、浜松市民にとって信号ラッパは”お祭りのラッパ”として、非常に親しみのある楽器として存在している。近年では、市内外問わず遠州地域の各地でも、五穀豊穣を祈願する神社祭礼や市民フェスティバルなど様々な祭典でラッパを目にするようになっている。

 

他にも、以下の祭典でも信号ラッパは楽器として使用されている。

                浜松まつり - Wikipedia  

はっ!もしやこれは浜松まつり名物練りか!(゜o゜;

f:id:Doraneko1986:20140505171518p:plain

夜になると、初凧を提供した家から凧揚げの労をねぎらって、町の若衆に振る舞い酒が出される。この時、規則正しく整列をして掛け声に合わせて摺り足 で練り歩き、また、施主や初子のまわりでもみくちゃになるように荒々しく練りを潰していく。また商店や会社、祭りの役員宅などで練ることもある。 なお、行事名としての練りは上記まつり当日夜間の練りを指すが、凧場などまつり当日夜間以外にも練ることがあり、こちらも練りと呼ばれる。

凧揚げ合戦同様、時代とともに時間が早くなっており、かつては深夜まで行われていたが現在では規約においては午後10時までと定められている。

「激練り」とは近年になってメディアを中心に広まった言葉で、古くから参加する組ではあまり使われない。

同様に、近年に広まった言葉として「初家」があり、どちらも昭和期以前に発行された書籍や公式パンフレット、新聞記事等では記載が見られない。 似たような事例として、上述した行事名としての練りを行為としての練りと区別するためか中日新聞では平成26年には新たに「夜練り」という言葉が用いられるようになった。

わしは今回「練り」を楽しみにしていた。

今まで話しには聞いたことがあるが一度も見たことのない「練り」を

この目でひと目見てみたいと思っていたからだ。

 

聞いた話では練りとはいわゆるモッシュ&ダイブ的なものらしく、大勢の人たちで押しくらまんじゅうのように練り上げることを「練り」と言う(らしい。)

 

その練り上げ方が凄まじく

浜松まつりでは毎年ケンカけが人、ひどい時には死人も出るそうな。

それ故に浜松まつりは全国的に荒々しい祭りとして有名なんだとか。

本当かな?(;´∀`)

 

そんな荒々しい祭りの場面を一目見たくて、わしは今回「練り」を楽しみにしていたのだ。 

果たして練りとはどういったものなのか?

f:id:Doraneko1986:20140505172012p:plain

多くの法被を来た群衆が列なして全速力で駆け抜けていき、

f:id:Doraneko1986:20140505171541p:plain

道路の一番広い交差点の所に集まりだしていく。

f:id:Doraneko1986:20140505172036p:plain

目の前で一周し、円の塊を成した集団は大きな声で鬨の声を上げていく。

うおおお!すげぇ熱気w

f:id:Doraneko1986:20140505171550p:plain

その周りでは大勢のラッパと太鼓の拍子が円の中心に向かって盛大に鳴り響き、場を盛り上げていく。

f:id:Doraneko1986:20140505172051p:plain

うおー!すげぇ!

えいさ、ホイサ!ものすごい勢いで盛り上がっている。

まさに周りはお祭り騒ぎw

f:id:Doraneko1986:20140505171600p:plain

 近くでこのお囃子を聞いていると、ラッパの音がすげぇうるさいw

単純なメロディーだが、それゆえにすさまじい熱気である。

f:id:Doraneko1986:20140505171623p:plain

 そして円は更に中心に向かって旗を立て、一斉にわっしょいしだした。

 

わっしょい、わっしょい、わー!

 

もしかして、これが練り?(゜o゜;

f:id:Doraneko1986:20140505172121p:plain

 その後、祭りの集団は足早に横の通りに走りだす。

f:id:Doraneko1986:20140505172135p:plain

 すごい早さで目の前を通り過ぎて行くドコかの町内会のみなさんw

f:id:Doraneko1986:20140505172145p:plain

しかしわしが見たもの、アレが練りだったのか?

なんか聞いて想像してたのとずいぶん違ったけどw

あれが本物なのかわしの近くに地元の人がいないのでよくわからない

f:id:Doraneko1986:20140505172155p:plain

みんな気持ちよさそうに引き上げて行く。なるほど、こんなもんか。

それにしても向こう側に渡って屋台を探したいと思っていたけど、どうやら時間が来たみたいでみんな引き上げていく。

 

ちぇっ、わたあめ食べたかったなぁ(´;ω;`)

 

まぁどうやら「練り」らしきものを見れたから、今年はこれで良しとするかw

しかしこの浜松まつりも、最近では多くの参加者が増えて色々規制がかかり、浜松まつり本来の荒々しさ失われていく一方だという。

 

これもきっと政令指定都市で市が大きくなった弊害だな。 

まぁ、死人が出なくなったのはいいことだけど、迫力ある「練り」とか見てみたかったかな?

 

 そんな感想を抱いたおいさんの

「浜松まつり」体験レポートでしたwヽ(=´▽`=)ノ