読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

Macユーザーはそこが知りたい!Mavericksは最高のOSか!?

Mac・iPadAir2

OS X Mavericks

 

ちわ!ドラねこです。

みんなPCは何使ってるのかな?Mac?Windows?

 

わしは長いことmacを使っているよ。

だけどそのmacも、最近いろいろ遅くなってきた(^_^;)。

わしのマシンは別に古いものではない。

 

21.5-inch, Late 2009の「imac」である。

 

そんな昨今、Appleが日本では10月23日から無料提供を開始した最新OS「OS X Mavericks v10.9」がリリースされた。

もちろんこの秋リリースされる「Mavericks」のニュースは随分前から知っていた。だがわしは当分今の「Mountain Lion」で当分行くつまりであった。

 

理由は

だってお金ないんだもん(´・ω・`)

 

どうせ「Mountain Lion」も1700円はしたんだ、今回の「Mavericks」はそれと同等、いやそれ以上するはずだ。と思い込んでいた。

こうなったらもう少し様子を見て本当に「Mavericks」が使えるOSか確かめてからでも遅くはない。なんせ金がないんだ。使い勝手がわかりはじめた頃には金も貯まってるでしょ(*´∀`)

そんな折、衝撃の事実が飛び込んできた。

 

このOSがタダだということが。

 

最初、この「Mavericks」を使う気はなかった。

もう少しユーザーの様子を見てから乗り換えようと思っていたのだ。

だけど今日、パソコンを立ち上げて調べてみたらなんとApp Storeに「無料提供」の文字が書いてあった!

 

え?「無料提供」!?

マジすか、Appleさん!!!(゜o゜;

 

うおおおっ!これを知ってわしの考えが変わった!

これはアップデートするしかない!

 

そこで今回はそのレポートをまとめるよ(=´▽`=)ノ

スポンサーリンク

最新OS「OS X Mavericks v10.9」は驚きの無料(タダ)!?

ところでなんで今回の「Mavericks」はいきなり無料なのだろう?

 

「OS X無料化」が意味する新時代 « WIRED.jpによると、一言で言えば「OSというソフトウェアで代金を徴収することが困難になってきた」ことだという。

18年前、テクノロジー業界の有力企業は、売り上げの半分近くをOSのライセンス販売で得ていた。

現在、OSライセンスの値段はゼロに向かっている。(中略)
マイクロソフトは現在も、「Windows OS」がプレインストールされたPCを販売するメーカーから代金を徴収している。しかし、そのビジネスは縮小してきている(その大きな原因はアップルの成功だ)。

そしてつい先週、マイクロソフトは、今回のアップルと同じく、最新OS「Windows 8.1」へのアップグレード料金を消費者からとらないことを発表した。

何が起こっているのだろうか。ひとつには、低コストのモバイルエコシステムによって、OSというソフトウェアに関する人々の考え方が変化した。

スマートフォンとタブレットが従来型のコンピューターを圧倒しているが、そのOSとアプリは、圧倒的に無料が多い。アップルのiOSプラットフォームでのアップグレードはずっと前から無料だし、グーグルのAndroid OSもそうだ。

グーグルは、ちょうどマイクロソフトのように、外部のハードウェアメーカーにOSを供給している。

しかし、マイクロソフトと違って、ソフトウェアの代金を取っているわけではない。

マイクロソフトのOS販売ビジネスはかつて、同社の売り上げの47%を占めていた。しかし、Windowsライセンシングの減速で、昨年のその割合はわずか25%だった(この数字でさえ、「Windows Live」の広告売上でカサ上げされたものだ)。

スマートフォン市場とタブレット市場が急速に拡大する中、ハードとソフトの「密接な統合」が再び支配的になってきた。

OSメーカーは、OSと統合されたソ フトウェアやサーヴィス製品からの利益で、OSを補うことが可能だ。

例えば、アップルのiPhoneは、OSではなく、ハードウェアとサーヴィスの販売から利益を得ている。

また、グーグルはモバイルOSをオンライン広告の販売で補っており、モトローラ・ブランドのハードウェアの販売でも補っている(少なくとも理屈の上では)。

「(Mavericksの)0ドル価格は、垂直統合のトレンドに関係している」と話すのは、OS Xを長くウォッチしてきたプログラマーのジョン・シラクーザだ。

「デヴァイスのハードウェアとソフトウェアの両方を作っている会社は、利ざやをどこに置くか選択することができる。『無料』という言葉は消費者に対して有効なため、収益源はひとつのバスケットにまとめた方がよいのだ。ハードウェアを無料にするのは困難なので、ソフトウェアということになる。われわれのハードウェアを買えば、ソフトウェアは無料ですよ、というわけだ」

「OS X無料化」が意味する新時代 « WIRED.jp

なるほど、つまりはPC業界がスマートフォンとタブレットに市場が拡大してしまい、もう今までのようにPCのOSを売って儲けることができなくなってしまったことが原因だったのか。 

確かに最近はスマホやタブレットが普及してきてパソコンの売上が急速に落ちてきているようだ。おかげで日本の富士通やNECも赤字を記録し、大幅に生産を萎縮する始末。

 

痛快!コンピュータ学」という本にも詳しく書いてあるが、我々ユーザーは、古くはIBMやその他のコンピュータ産業が自社の製品にユーザーを囲い込むため、マシンパワーとそれに伴うハードウェアの仕様を強化するたびに、OSの新製品に大枚を叩かされてきた。

必要な機能だけを継ぎ足して無償でアップデートをしていけばよいのに、不要な機能を沢山盛り込んで肥大化させたOSを、乗り換えるたんびに使いにくくなっているソフトとして仕様してきたのだ。

 

OSを最新のものにしなければ、古いソフトが従来のパソコン上で不当に使えなくなり(技術的なものはしょうがないが)、おまけにウイルスにもやられやすくなるという始末。

そうした「愚鈍な新製品のOSを売りつけ、金を巻き上げる」という、今までユーザーを無視したビジネスをマイクロソフト始め様々なソフトウェア産業は続けてきたと言える。

 

そう、今までが異常だったのである。

しかし、わしらはそうした大企業の思惑にまんまと踊らされてきたのだ。

そんなビジネスモデルが、とうとう崩壊し始めたのだ(やったね!ヽ(=´▽`=)ノ)

 

「OS X Mavericks」の新機能!

それでは今回の「Mavericks」の新機能についてアップルから引用して説明していこう!

iBooks

OS X Mavericksが、iBooksという物語の新しい一章をスタートさせます。

MacでiBooksアプリケーションを起動すると、あなたがiPad、 iPhone、iPod touchにダウンロードした本が、Mac上のあなたのライブラリにも自動的に現れます。200万冊以上がそろったiBooks Storeから本をダウンロードする際は、ほんの数回クリックするだけ。

マップ

ブックマークや検索履歴はあなたのすべてのiOSデバイスに自動的にプッシュされるので、自宅のMacで旅行の計画を立てた場合でも、移動中にすべての場所をすばやく手元のデバイスでチェックできます。

レストランやホテルなど、場所やランドマークの情報は、電話番号や写真だけでなくレビューも一緒に表示されるので便利です。 

カレンダー

一新されたデザインとパワフルな新機能で、カレンダーでのスケジュール管理がさらに簡単になりました。新しいイベントインスペクタでは、場所のフィールド に入力を始めると住所や場所などの候補が表示されるので、イベントの作成や編集が簡単です。

インスペクタはイベントの場所を地図上に表示するので、そこまでの道順をワンクリックで確認することもできます。天気予報の表示のほか、移動時間の計算もできるので、目的地に着くまでの時間がわかるだけでなく、出発時刻を知らせる通知を自分に送ることもできます。

iCloudキーチェーン

パスワードをいくつも覚えておくのは本当に面倒なもの。

でもこれからは、iCloudキーチェーンがあなたに代わってパスワードを記憶します。 iCloudキーチェーンは、あなたのウェブサイトのユーザー名やパスワードをMacとあなたが承認したデバイス上に保存し、堅牢な256ビットで暗号化して保護。

マルチディスプレイ

OS X Mavericksは、あなたのMacに接続されているすべてのディスプレイを最大限に活用し、これまで以上に柔軟に作業ができる環境をつくります。一つのディスプレイで一つのアプリケーションをフルスクリーン表示させながら、別のディスプレイでは複数のウインド ウを表示させる、という使い方も、それぞれのディスプレイでアプリケーションを個別にフルスクリーン表示させる、という使い方も思いのままです。

しかも AirPlayとApple TVを使えば、あなたのハイビジョンテレビが完全な機能を持つ2台目のディスプレイに変わります。

通知

あなたに最新情報を知らせるための通知が、用事を済ませるお手伝いまでするようになりました。

OS X Mavericksでは届いた通知に対するアクションがとれるので、メッセージやEメールへの返信も、Eメールの削除も、その場ですばやく行えます。着信したFaceTimeビデオ通話に応答する時間がない場合は、メッセージで返信したり、かけ直し用のリマインダーを設定するといった方法が選べます。登録しているお気に入りのウェブサイトからの最新ニュースや試合速報、最新入札価格などに関する通知も届くようになりました。

Finderタブ

Finderタブを使うと、デスクトップで開いている複数のFinderウインドウを一つにまとめて整理することができます。例えば、すべてのマイファイルが入ったタブ、宿題を集めたタブ、AirDrop用のタブというように、用途別にタブで整理して、一つのFinderウインドウにまとめておくと便利です。

それぞれのタブは、アイコン、リスト、カラム、Cover Flowの中から好きな表示方法を選ぶことができます。ファイルを別のタブに移動するには、ドラッグ&ドロップするだけ。さらに、Finderウインドウをフルスクリーンで表示すれば、ファイルをどこへでも楽々と移動できます。

タグ

タグは、ファイルを整理して簡単に見つけられるようにする、パワフルな新しい方法です。

iCloudに保存されている書類でも使うことができます。使い方は実にシンプル。まとめておきたい複数のファイルに、「重要」などのキーワードをタグとしてつけるだけです。

最新テクノロジー

OS X Mavericksを搭載したMacは、これまで以上に賢くなります。複数の節電技術がバッテリーをより長く持続させ、パフォーマンスを向上させる技術がスピードと反応の良さを次のレベルへ引き上げます。
パワーを賢く、巧みに使う。それがOS X Mavericksの力です。

他にも新機能について新OSX『Mavericks(マーベリック)』の新機能を徹底解説② | マーベリックWEBメディア部に詳しく書いてあるのでそちらを御覧くださいw

 

「OS X Mavericks」を使ってみた感想

とにかく速い!

それが、わしがこのMavericksを使ってみた第一の印象だった。

とにかくさくさく動く。

 

ブラウザも速いし、Chromeも早くなっている。

ただFirefoxユーザーのわしとしては、だFirefoxの一部スクリプトが効かなくなっていることだけがネック。

 

他のアプリケーションも機敏に反応してくれる。

これは「メモリ圧縮技術が賢くなった」おかげらしく、動作もより速くなった!!

 

全てのアプリケーションを作動させたわけではないが、今のところなんの問題もない

一部のユーザーの間ではソフトが使えなくなったり、動画が見れなくなったりする不具合があるらしいが、わしの環境では至って平気w

 

これはいいOSが手に入ったぞ!(=´▽`=)ノ

これからも色々なソフトを試してみよう