読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doraneko&Donuts

おすすめの本と映画と音楽をお茶を飲みながらまったりと語るブログ

20秒で理解する黄金みくじの秘密!おみくじに恋して2…(*´∀`*) 

おすすめスポット おすすめスポット-城・神社仏閣 雑談・感想 その他

今週の一枚「初詣のおみくじ」

f:id:Doraneko1986:20140106184349j:plain

 

ちわ!ドラねこです。(=´▽`=)ノ

みなさん元気ですか?

 

今回は初詣に行ったのでその報告を兼ねて「初詣のおみくじ」の結果を報告したいと思います!

さて、一体何が出たのかな?

LINEスタンプ大好評発売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

2014年は五社参り!

神社

今年もようやく初詣の日がやってきた。

いつも行く神社を2ヶ所回りつつ、

今回はオカンの提案でなんと一日で五社お参りすることになった。

 

ちょっと、オカン。欲張り過ぎやで

まぁ、嫌いじゃないからいいんだけど……(;´∀`)

時間もないので今回はさくっと3社目の秋葉神社から紹介しよう。

 

3社目・秋葉山・下社

秋葉山

秋葉山本宮秋葉神社(あきはさんほんぐうあきはじんじゃ)は、静岡県浜松市天竜区春野町領家の赤石山脈の南端に位置する、標高866mの秋葉山の山頂付近にある神社

日本全国に存在する秋葉神社神社本庁傘下だけで約800社)、秋葉大権現および秋葉寺の殆どについて、その事実上の起源となった神社である。

            秋葉山本宮秋葉神社 - Wikipedia

いつもの見慣れた光景である。

 

毎年ここに来るのだが、

この本殿へと続く道は人でごった返していていつも賑やかだ。

屋台の誘惑を交わしつつ、さっそく本殿へとお参りに行く。

f:id:Doraneko1986:20140106184634j:plain

ここは毎年空いていて並ばなくてもお参りできるのが良い。

それでも毎年大勢の人が参拝に詰めかけているのやはりここが火防(ひぶせ)の神様だからだろう。

現在でも火防の神様として全国各地から、

消防火力発電調理師などを取り扱う仕事の関係者が、お参りとお札を求めにやってくる。

なるほど、火を取り扱う職業の人に絶大な支持を得ているだけあるんですな(*´∀`*)

 

こじんまりとした社が庶民的な感じがして好感が持てるからだろうか?

 

参拝後、ついでだから横で売っている縁起物の午の像を買い、

去年買ったお守りをお焚き上げに出して、おみくじを引くことにする。

 

さて、今年はどんなのを引いてみようか?

f:id:Doraneko1986:20140106184723j:plain

 

ん?おうごんみくじ?(゜o゜;

 

なんだろう、このおもいっきり気になる名前のおみくじはwww

去年はこんなのなかった。

中に金でも入っているのかしら?

 

気になったのでさっそく引いてみた。

すると、オカンたちはズンズン進んでいってしまったので慌てて後を追いかける。

 

まぁ、いいか。中身は後でゆっくりと見よう。

 

4社目・小國神社

小國神社

小國神社(おくにじんじゃ、おぐに-)は、静岡県周智郡森町にある神社。神紋は「右三つ巴」である。式内社遠江国一宮旧社格国幣小社で、現在は神社本庁別表神社

本宮山の南側の山麓に鎮座する。「小国」という社名は、出雲の「大国」に対する遠江の美称であるとしている。

境内は秋には紅葉の名所として有名である。

                小国神社 - Wikipedia

小國神社は混んでいた。

 

さすが徳川家康が手厚く庇護した遠江の一宮

1時間の移動と、車の渋滞で2時間待たされてようやく境内に入ったのは2時過ぎ。

 

毎年のことだが、ここはすごく混んでいて駐車場に辿り着くまでかなり待たなくてはならない

一度10日くらいに来たこともあったけど、その時もものすごい渋滞で辟易してしまった。

 

いわんや5日ではこのとおり。

 

境内で2時間遅い昼ごはんを食べ、ようやく境内へ進む。

ここは屋台の数が半端無く、本殿への道までズラーッと軒を連ねている。

こういうのは見ているだけで楽しい。(*´∀`*)

f:id:Doraneko1986:20140106184744j:plain

 御札を収める所。

 

この柵に囲われた奴が3つほどあって、

多くの御札や破魔矢などが収められている。

中にはでっかいダルマもw

f:id:Doraneko1986:20140106184753j:plain

 そして去年はなかったなんかおしゃれな橋。

 

これ何時頃できたんだろう?

去年の6月の大祓の時にはなかったぞ。

あと紅葉を見に来た時も。

 

まぁ、キレイだから良いんだけど(;´∀`)

f:id:Doraneko1986:20140106184802j:plain

 進んでいくと左手に「縁結びの木」と書かれた看板があった。

 

「えんむすびのき?」(゜o゜;

 

そんなのここにあったかな?

何度も来ているのにそんなのがあるなんてちっとも知らなかった。

不思議に思いながらおもしろそうだからその木を見に行く。

 

すると、あった。縁結びの木だ。

f:id:Doraneko1986:20140106184812j:plain

ほほ~、これが縁結びの木ですか(*´∀`*)

なかなか立派な風格のある木ですな。

木の上部には穴が開いていてフクロウかなんか住んでいそうw

 

木をさわさわして良い縁が結ばれることを願いつつ、

その場を立ち去る。

f:id:Doraneko1986:20140106184822j:plain

 ハァ、やっときた。

 

でもよく見ると、

ゲッ!ここでも並んでる。

こんな渋滞しているならこっちを先にお参りしてからさっきの木をみればよかった。(´・ω・`)ショボーン

 

それにしてもなんでここはこんなに人が来るのだろう?

調べてみると、

中世以降、朝廷の衰退により勅使が廃れたが、室町時代、戦国時代を通じて祭祀が途断えることはなかった。元亀3年(1572年)、甲斐の武田信玄が遠江に侵攻した際、当社神職は徳川家康に味方した。

天正3年(1575年)、徳川家康が社殿を再建し、江戸時代に入ってからも歴代の将軍が社殿の造営や営繕、社領の寄進を行っている。

なるほど、徳川家康が三方ヶ原の戦い武田信玄と衝突した際に家康に味方したためこれだけ栄えることが出来たのか!

それで今でも地元の人に篤い信仰をされているんだな。

こうしてお宮の歴史を調べてみるとなかなかおもしろいものである。

 

気を取り直して列に並び、

20分くらいでようやく本殿に辿り着いた。

 

ハァ…疲れた。

パンパン、神様、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

f:id:Doraneko1986:20140106184832j:plain

横にそれると毎年干支の像を置いてある場所に今年は午の像が!

 

ムムム…易の四柱推命によると、

寅年のわしと午年は相性が良いはず。

頼んますよお馬さん、今年はわしをフィーバーさせてくださいよ。

フィーバーってのは、わしの懐に金銀財宝をザックザック……(*´∀`*)

 

そんな物欲の虜だったわしなのでしたw

 

5社目・法多山

f:id:Doraneko1986:20140106184840j:plain

法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)は、静岡県袋井市にある高野山真言宗別格本山の寺院。寺号の「尊永寺」よりも山号の「法多山」の名で広く知られている。遠州三山の1つ。本尊は聖観音(正観世音菩薩、厄除観世音)。

厄除け観音として知られ、厄除だんごが名物となっている。

               法多山尊永寺 - Wikipedia

さて続いてようやく真打ち(?)登場!

 法多山にお参りしてこれで五社参りはラストだ!

 

ねぇねぇ~、かあちゃん。

帰りに「法多山だんご」買ってよ―!(=´▽`=)ノ

 

長い階段をヒーヒー登りつつ、わしは法多山でお参りを済ませた。

ここでしか売ってないお守り袋(お守りは入っていない)も買ったぞ(300円)

記念に小國神社で買った御朱印帳に御朱印を記帳してもらう。

すると、スピーカーから「本日のおみくじはあと少しおしまいだ」

というアナウンスが入る。

 

え!おしまい?Σ(゚д゚lll)!

これはいかん!すぐに行って最後のおみくじを引かねば!

 

ダッシュで境内を駆け抜け、五列も並んでいる列の最後尾に並び、

その日最後のおみくじを引くことができた。

 

帰りに法多山団子も買って、大満足で家路につく。

 

スポンサーリンク

2014年初おみくじ、結果発表!

f:id:Doraneko1986:20140106184349j:plain

さて、ようやく家に帰宅したのは夜も七時過ぎ。

 

やはり五社参りは少し時間がかかった。

わくわくしながら今日引いたおみくじを出してみる。

これだ。黄金みくじw

 

秋葉山で買ったこのゴージャスなおみくじが、

きっとゴージャスな託宣を与えてくれるはずだ!

きんきら☆きんのおみくじをめくりつつその文字を見てみると、

f:id:Doraneko1986:20140106184431j:plain

 

末吉。

 

な、なんだってぇーー!!!Σ(゚д゚lll)ガーン!

これじゃ、はてなブログおみくじ同じ結果じゃないかぁー!!!

 

が~ん、ショック。

まさか新年そうそう同じもん引くとは。

しかも黄金みくじと言っている割には結構普通な内容だぞ。

 

おまけにへんなちっちゃい飾りみたいなのがついてきたし(;´∀`)

 

でも、とゆうことはあのはてなブログおみくじも意外とまんざらハズレでもないってことなのかな?

 

でもまぁ、

運の「大・小」を占うのがおみくじじゃないしね。

大事なのは言葉なのさ。

おみくじに書かれている言葉を見てみると、

「色々努力していても、報われない状況だけど、諦めすに頑張りましょう」的なことが書いてあった。

 

うう・・・そうなんですよ。

わしは日頃、

色々頑張って努力しているんですけどなかなか結果が出ないんですよ。

 

だから、このブログで応援してください!

なんとかもっと多くの人にわしの記事を読んでもらえたら、

こんなに嬉しいことはないんですよっ!( ;∀;)

f:id:Doraneko1986:20140106184442j:plain

さて、話がなんだか妙に湿っぽくなってしまったが、

気を取り直してもう一つの法多山のおみくじを読んでみる。

 

 すると、ここで奇跡が起こった!

 

 なんとわしが引いたおみくじは、

3年前、法多山に行った時とおんなじおみくじを引いていたのだ!

わしは引いたおみくじはちゃんとスクラップに取っておいているからよくわかる。

 

2つを読み比べてみるとまんま一緒!

書いてある言葉も一語一句同じだった。

 

しかも内容はすごく良いことが書いてある。

 

「かれきもはるにふれて ふたたびめをいだすなり ぜんとはゆくさき  りこうはしあわせよきをいうなり そのうへ よきひとのめぐみをえて ざいほうをくるまにつみて ゆくべきとなり」

と書いてあった。

 

うお~~~ーー!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

やっと、わしにも良い運がまわってきたぞ!

これで今年も安泰だ!

「ざいほうをくるまにつみて ゆくべきとなり」だとう!

 

いやぁったーーー!!!

2014年わし、財宝ゲット確定!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

まじですか?

どこに置いてあるんですか?

北ですか?!

南ですか?!

海賊のお宝ですか?それとも徳川の埋蔵金?!

それともひょっとして灯台下暗しでウチの庭の下?

 

いったい、いったいどこにお宝はかくれているんですかぁぁぁーー?!( ;∀;)

 

さて、冷静にふたつのおみくじを合わせて要約すると、

 

今はまだ努力が実らなくて焦る気持ちがあるけれど、

辛抱して努力を続けていればやがて良い運気が回ってきて、

幸せが向こうからやってくるよ。

という意味なのだろう。

 

なるほど、そうか。

悪くない。この言葉は決して悪くないぞ!

ひょっとしたら読んだ字義どおりにお宝が舞い降りてくるのかも!?

 

よーし、2014年、

今年は仕事でもプライベートでも頑張って幸運を手に入れるぞ!

ヽ(=´▽`=)ノ

 

www.doraneko86.net