Doraneko&Donuts

「好きなものに」囲まれながら生きていく!そんな「楽しい」を作り出すブログ

レッド・ホット・チリ・ペッパーズを「ホッチリ」と読むのはやめよう

Greatest Hits

※2017/6/06 リライトしました。

 

ちわ~!おいさんだよ。皆さん音楽聞いてますか?

 

ホントに最近はめっきりCDを買わなくなったねぇ。

突然ですが、アナタは「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」は好きですか?

え?いえいえ…

ケンタッキー・フライド・チキンの「レッド・ホット・チキン」のことじゃございません。

 

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のことです。

 

知ってる人は知ってると思うけど、そこで今回、「家で聞きたいホットな音楽特集!」といたしまして「レッチリ」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レッチリ?誰それ?

f:id:Doraneko1986:20131129184548j:plain

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のロックバンドである。日本での通称は「レッチリ」。

世界での主な通称は「RHCP」や「Chili Peppers」。

 

ファンクヒップホップを、パンク・ロックハードロックなどと混ぜ合わせた、ミクスチャー・ロックと呼ばれるバンドのひとつ(ただし、ミクスチャー・ロックは和製英語であり、日本以外では通用しない呼称)。

現在、オリジナル・アルバムを10枚、ベスト・アルバムを2枚発表している。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

     レッド・ホット・チリ・ペッパーズ - Wikipedia

わしはレッチリが大好きである。決してテッチリのことではない。

 

彼らとの出会いは高校時代だった。

兄に貸してもらったCDを聞いて、

「こんなファンキーなおもしろいバンドがアメリカにはいるのか!」

と一気に好きになり、それからアルバムやライブ・アルバムを買いあさりまして、現在に至るという感じである。そう、レッチリを一言でいうとおもしろいバンドなのである。

Greatest Hits

一体何がそんなにおもしろいバンドであるのか、それはレッチリの数あるアルバムの中でやはり一番初心者にも取っ付き易いベストアルバムの「Greatest Hits」を聞いてみるとわかるだろう。

 

今回はオススメの曲をこの「Greatest Hits」の中からいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

「Greatest Hits」から選ぶ、この冬聞きたい7つのホットな曲特集!

物悲しいイントロである。

そしてよく見ると車に乗っているメンバー全員が何故か傷ついているw

そしてこの「本当の痛み」のようなものを感じさせるこの音楽。わしは好きですw

特に間奏のギター・ソロと、最後のジョン・フルシアンテのギターがまた悲しい。

 

沁みる……(つд⊂)エーン

 

Scar Tissue

Scar Tissue

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • Alternative
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

出ましたねw

レッチリといえば、このブイブイ言わせているフリーのベースから始まる「アラウンド・ザ・ワールド(世界一周)

JOJOにこんな名前の「スタンド」がいませんでしたっけ?www

 

でもファンキーでレッチリの曲の中でこれが一番好きです。何回聞いても聞き飽きませんw

ホントにフリーのベースはファンキーで耳に残るおもしろいベースでそれに乗っかるアンソニーの軽快なラップとジョンのシンプルなギターが素晴らしくマッチしているよねw

 

この曲、映画版のBECKでも冒頭で使われていたし、巷には数多の神曲と呼ばれているものが溢れているけど、わしにとってこの曲こそ神曲である!!

 

Around the World

Around the World

  • Red Hot Chili Peppers
  • Alternative
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

うわー、こんなタクシー・ドライバーだなぁwww(*´∀`*)

 

明らかに狂ってるんだけど、このタクシー・ドライバーのおっさんの狂気はすごいw

この2:20秒くらいからのドライバーのおっさんの発煙筒ダンスを見たアンソニー(Vo)曰く「こいつはやべぇ・・・!」的な目をして、ポケベルで助けを呼ぶのが笑えますねw

 

わしはこのPVが本当に好きで、何回見ても飽きない素晴らしい出来だと思っている。

こんなおもしろいPVを作ってしまうレッチリの懐の深さが大好きですw

By the Way

By the Way

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • Alternative
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

レッチリファンの中でも最も人気の高いバラード曲はやはりこの「アンダー・ザ・ブリッジ」である。。

 

以前紹介した町山智浩氏の「本当はこんな歌」に、この曲の真の意味が書かれていましたね。

 

やはりこの曲で真っ先に挙げるのは冒頭から聞こえるジョン・フルシアンテのギターリフではないだろうか?

この曲は間違いなくジョンの美しくも悲しいギターが核になっていると言っても過言ではない。素晴らしく美しいリフに、聞くもの全て引き込まれてしまうようである。

 

それにしてもなんでアンソニーは最後あんなに走っているんでしょうかね?(*´∀`*)

 

Under the Bridge

Under the Bridge

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • Alternative
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

少し映像が粗いのはご容赦下さい。

こんな画質のもんしかなかったもんですから。…ってゆーかこれが公式のなんだけどねw

世間一般のレッチリファンが選ぶバラードの一番は「アンダー・ザ・ブリッジ」 であることは間違いないだろう。

 

しかし何を隠そう(別に隠してないか)

レッチリのバラードの中で、わしはこの「ソウル・トゥ・スクイーズ」が一番好きなんです。

 

何というか、そのアンソニーの内気な歌い方でしょうか?

あの弱々しい感じがとても好きで何回も聞き返してしまうんですね。

美しくも変わった素敵な曲ですw

 

Soul to Squeeze

Soul to Squeeze

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • Alternative
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

これもシンプルであんまりロックンロールな感じじゃない曲だね。

そんなにガンガンしていなくて取り立ててガーンと盛り上がるところもないんだけど、それでも曲の構成としておもしろいw

 

アルバムではあんまり聞かないんだけど、せっかくPVが素敵だったから載せてみましたw

あの光るペン(のようなもの?)の演出が何となく綺麗で好きだったりします。

おんなじ光るペンをつかった演出のPVがColdplayにもありましたねw(*´∀`*)

Fortune Faded

Fortune Faded

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • Alternative
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

最後のシメはやはりこれでしょう。

なんていうんですかね?これは一種の現代アート

もうメンバーが色んなことをしてくれている。普通に見ているだけで楽しいw

 

これを撮ったPV監督曰く

「僕らは小道具だけ用意して、どうやってこのPVを作っていくか彼らに具体的に指示したわけでもないのに、彼らは勝手にその小道具を使って演技しだしたんだ。そんなこと普通の素人にはできないよ。そこがすごい!」

みたいなことをライナーノーツにコメントとして載ってました。う~む、そうなのかw

 

あれは監督の演技指導の賜ではなくて、各メンバーそれぞれのアドリブだったらしい。

あんなおもしろい動きが撮影の瞬間にできるなんて、レッチリ恐るべしw

 

最後に 

いかがだったでしょう?

この特集で少しでもレッチリの魅力が伝わりましたか?

 

各いうレッチリも、今はわしが大好きなメンバーのギタリストであるジョン・フルシアンテが抜けてしまい、今は新しいギタリストが入って新生レッチリとなって活動しています。

でもわしとしてはジョンが好きなので、

ああ…帰って来てくんねぇかなぁ…ジョン(つд⊂)エーン

しかし!それでもわしはこれからも大好きなレッチリを応援していくのだ!

 

ガンバレ!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ!(*゚∀゚)/