Mac・iPadAir2 雑談・感想 その他

新型iPadAir2のiSightカメラを「十三夜の月」で試してみた!!

更新日:

ちわ、おいさんです。(*´∀`*)

みなさん良い月みてますか?

先日は171年ぶりの珍しい「後(のち)の十三夜」だったことをご存知ですか?

わしのところでは幸運にもこの月を見ることが出来たので、

今回は、171年ぶりの珍しい「後(のち)の十三夜」について

写真を上げてみようと思います

スポンサードリンク

綺麗なまん丸お月さんでした

TVでこの日は171年ぶりの珍しい「後(のち)の十三夜」が見られるということを知り、ワシ自身天文にはそれほど詳しくはないが、星を見たり月を見たりするのはわりかし好きなので、その夜さっそく見てみることにした。

ところで「後の十三夜」って何なの?

もうそこからしてよくわからない。

一体何が違うんだろう?(;´∀`)

せっかくなので新しく買ったiPadAir2で月を撮って見ることにした。

わしは以前、iPhoneで花火を撮ろうとして失敗したけど、今回は端末を最新の物に変えたからキレイに撮れるはずだ!

ふっふっふっ!

もう以前のわしとは違うのだよ!

今こそわしの真の実力を見せてやろう!!

それでは、わしの最新のiPadAir2のiSightカメラの実力をご覧いただこう!

実際に撮ってみて

外に出て月を見上げた。

空には多少雲が多めにかかっていたが綺麗な月が夜空に輝いている。

キレイだなぁ…思わず見惚れて普通のカメラアプリでシャッターを切る。

パチリ。

最新のiPadAir2だ。

さぞやキレイに月の写真が写っているはずだと思って見てみると、

…… アレ?(;´∀`)

拡大してもう一度。

パシャリ。

闇夜にカメラアプリのシャッター音が鳴り響く。

しかし、結果は……ご覧のとおり。

お、おっかしいなぁ?

こんなキレイに撮れないもんかなぁ?

色々いじくってみてもう一度挑戦。

パチリ。

今度はだいぶマシになった。

前回の花火の写真の時もそうだが、iPhoneやiPadで夜空を撮影すると、引いた時はピントがあっているのだけれど光学ズームにすると途端に画面のノイズがひどくなる。

うーん、わしはしっかりとアップでもピントが合った綺麗なお月様が撮りたいんだ。

もう一度色々再調整してシャッターを下ろす。

しかし、結果は同じどうやってみてもキレイに撮ることはできない。

遠く引いて撮ると結構しっかり写るのに、アップは全然ダメ。

 

カメラアプリCamera+」を使ってみる。

仕方ないのでアプリをカメラアプリの中でも定評があるCamera+」にして撮ってみる。

すると、今度はノーマルなカメラアプリよりはだいぶマシになった。

さすがは「Camera+」w(;´∀`)

今度はまた設定を変えて撮ってみる。

ノーマルのカメラアプリより月に色が出てかなり月らしく撮れている。

しかしいくらかマシになったとはいえ、イマイチプロっぽさが足らない。

もう少しアップで綺麗な月の色を出しつつ、月の表面がしっかりと写りこんでいてくれたら綺麗なのに(;´Д`)

そこでまた色々ホワイトバランスやシャッタースピードなどを弄りつつ、ズームにして撮ってみた。

しかし結果は上の写真が限界。

やはりiPadAir2ではうまく月を撮ることができない。

これはiPadAir2のカメラが悪いのか?それともアプリが悪いのか?

いやそうではなくわしの腕が悪いのか?

とにかくももう少しマシな夜景が撮れると思っていたのに、

思っていたほどの写真が撮れずにがっかりである。

ちぇっ……(;´Д`)

 

今回の結論としては、

やはりiOSデバイスのカメラでは夜景はうまく撮れないようである

でもまだ満月は「Star Walk」によると明日まで続くというので、もう少し良いカメラアプリを探して頑張ってみよう。

 

もしかしたらもっとマシな写真が撮れるかもしれない。(;´∀`) 

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-Mac・iPadAir2, 雑談・感想 その他
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.