小説 読書ノート

初めてのカズオ・イシグロで読みたい短編集はこれだ!

更新日:

ちわ、おいさんだよ。

キミはこの秋、読書してるかい?

 

いやぁ、びっくりしたね。

先日、日本生まれのイギリスで活躍している作家カズオ・イシグロが選ばれましたね。

去年あたり「わたしを離さないで」がドラマ化したから、日本でもそれなりの認知度を得ていたといえるでしょうけど、これでまたカズオ・イシグロ氏に注目されるのでしょうね。

 

たぶんメディアなんかではカズオ・イシグロの代表作として「日の名残り」とか去年日本でもドラマ化した「わたしを離さないで」などを取り上げて宣伝しているんだろうけど、このドラねこ読書ノートではそんなベタな作品を取り上げずにもうちょっとマイナーな作品を取り上げてみよう。

そこで、カズオ・イシグロってスゴそうだけど、何を読んだらいいかわからないというキミに短編集「夜想曲集」なんか読んでみるのはどうだい?

 

というわけで、今回ドラねこ読書ノート・第134回目は「夜想曲集」をご紹介するよ!

夜想曲集

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 [ カズオ・イシグロ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/10/6時点)

音楽をモチーフに5つの物語が進んでいく。

一言でこの小説について語ると、つまりはそういうことだ。

 

それにしてもなぜわしがこの作品をわざわざ選んだか?

それはカズオ・イシグロの小説を読むにはこの短編集が一番入りやすいと思ったから。

そう、この本は短編集である。

 

例えばデビュー作の「日の名残り」は読むには、いささか知性というか教養がいる。

というのもこの本は第二次世界大戦後の数年間が舞台で、失脚した主人に仕えていた執事スティーブンスが車で旅をする、という物語なのだが、作中では大戦当時のイギリスとドイツの様子や政治状況についてある程度の知識を持っていないと話の内容がイマイチわからず、物語の中に入り込むことができない。

「わたしを離さないで」などは、ちょっと作品全体が淡く、薄ぼんやりしているというか、かなり主人公たちの生まれの秘密が特殊で、中盤くらいまで意図的に隠されているので、あまり本を読み慣れていない方は意味がわからなくて途中で投げ出してしまうかもしれない。

 

そこで今回、わしは誰でも読める万人受けする作品としてこの「夜想曲集」を選んでみた。

 

何より短編だというのがとっつきやすいし、短いからと言ってカズオ・イシグロ氏の持ち味であるムダのない美しい文体が損なわれているわけではない。

 

カズオ・イシグロってどんな小説を書く人なの?という人にも受け入れやすい本として、わしは本書をおすすめする。

 

異端のイシグロ作品?

ただちょっと言っておきたいのは、この本はカズオ・イシグロ氏が書く作品のイメージからは少し離れているかもしれない、という点だ。

 

というのも、カズオ・イシグロといえば、透明な文章を書く人というか、自信も公言しているように非常にレイモンド・チャンドラーの文体に感銘を受けた人なので、その一文一文がチャンドラーのようにムダがなく、ハードボイルドとまでは言わないがしっかりとムダを削ぎ落として文章が刈り込まれている。

それ故に美しい文体に仕上がっているのだが、読む人によっては無味乾燥でなんともとっつきにくい「冷淡で・カッコつてけている」という感想をお持ちになる読者もいるようだ。

 

まぁ、こうした感想は、

日本を代表する作家・村上春樹に対する感想では共通のようだが……

 

その点、この「夜想曲集」は、そんなカズオ・イシグロのイメージに反して、コミカルというか、けっこうユーモラスな視点で様々な登場人物が色んな音楽に関する物語を紡ぎだしていくので非常に読みやすい。

自信も若い頃ミュージシャンを目指し、音楽で生きていくことを夢見ていた青年だったのだが、挫折して小説家になる決意をしたという特殊な経歴の持ち主だけに、そうした音楽に対する思いも人一倍強いようで、この短編には5つの物語一つ一つにそうした作者の音楽に対する熱い思いが感じ取れるような気がする。

 

ただカズオ・イシグロにコレ以外にも様々な作品があるのだが、

今回一冊を選ぶとしたらわしはこの「夜想曲集」を選んでみた。

 

秋の夜長にはピッタリの一冊である。

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-小説, 読書ノート
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.