ジブリファン必見の背景画集の中身を読み込む

2018年5月16日

  1. HOME >
  2. Books >
  3. 芸術 >

ジブリファン必見の背景画集の中身を読み込む

2018年5月16日

ドラねこ

こんちわ!おいさんだよ。

キミはキレイな背景画を観るのは好きかい?

まあ見るのは好きかな。誰でもそうだろ。

まいける
リク

あ、なんかすごくキレイな絵がいっぱいあるよ。

ポポポ!

ポコたん
ドラねこ

こうしてプロの絵を観るのは非常に勉強になるなあ。

なんでしゅか?

すごく緻密な絵が沢山描かれているでしゅ。

クロ
リク

うわー、すごーい!

なんだそれ?ジブリの設定画か?

まいける
ドラねこ

というよりアニメーション美術じゃ。

この本は長いことスタジオジブリのアニメーション美術を支えた男鹿和雄さんの背景画集じゃ。

今回は「男鹿和雄画集 (ジブリTHE ARTシリーズ)」を紹介していくのじゃ!

男鹿和雄画集 (ジブリTHE ARTシリーズ)

ずっと欲しかったので注文するのにワクワクした。

手に入れられなかったものが今目の前にある……うれしい限りであるw

今回紹介するのは「男鹿和雄画集 (ジブリTHE ARTシリーズ)」という本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

男鹿和雄画集 (ジブリthe artシリーズ) [ 男鹿和雄 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2018/5/16時点)

スタジオジブリの素晴らしいアニメーション美術をじっくりと勉強したいと思っていた。

 

今回はそんな画集がどのようなものか、じっくり見ていこう。

 

開封の儀

パッと開くとこの画集に収録されている絵がほとんど「となりのトトロ」が多いことがよくわかる。

初めてトトロを観たとき、背景の緻密さに子供ながら驚いたもんだけど、こうして画集でじっくり観てみるとやっぱりものすごい画力なんだと、改めて宮﨑駿の世界の凄さを実感した。

トトロの他にも「平成狸合戦ぽんぽこ」や「おもひでぽろぽろ」など先日失くなった高畑勲監督の作品も収録されていて、やはり日本の風景をアニメーションで描かせたら男鹿和雄氏は日本一うまいことが、この画集を手にとってみてよくわかる。

とてもこの画力にはかなうわけはないのだが、

先達の貴重な美術資料として今回この本をじっくり拝見させてもらった。

 

決して足元にも及ばないが、

少しでも自分のいたらない画力を向上させるためにもこの本を片手に、

これからも研鑽を積んでいきたいと思った。

 

日本の素晴らしいアニメーション美術の本を購入できてよかった。

ただ欲を言うともう少しカラーの背景画を載せてくれていたらもっと勉強になったのに。

トトロの映画の背景で男鹿和雄さんが描いたものは大体ここに載っているものだけだからこの分量なのか?

 

ジブリファンは背景美術を眺めながら、

トトロの世界にハマってもいいし、またアニメの背景を描きたい人はこれを資料にしても差し支えないと思う。

 

どちらにしても改めてスタジオジブリの底力を感じさせる一冊であった。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

イラストレーター。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログの管理人。漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

© 2020 ドラねこ