ジブリファン必見の背景画集、何がすごいのか?検証してみた

2018年6月16日

  1. HOME >
  2. Books >
  3. 芸術 >

ジブリファン必見の背景画集、何がすごいのか?検証してみた

2018年6月16日

ドラねこ

こんちわ!おいさんだよ。

キミはキレイな背景画は好きかい?

なんだまた見てんのか?

まいける
リク

このあいだの画集?

ポ〜・・・

ポコたん
ドラねこ

ううむ、ううむ。

やっぱり男鹿和雄の絵はすごいなり。

あれ?それって前のとは違うやつか?

まいける
ドラねこ

そうなのじゃ。

今回はスタジオジブリを支えた男鹿和雄さんの背景画集2巻目じゃ。

この画集は前回の画集に比べてかなりボリュームアップして巻末にはインタビューなども載っている貴重な画集になっている!

そこで今回は「男鹿和雄画集II (ジブリTHE ARTシリーズ)」を紹介するのじゃ!

 

前回まではこちら

男鹿和雄画集2

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

男鹿和雄画集 2
価格:3024円(税込、送料別) (2018/6/15時点)

とんでもないものを見た。開封一番そんな気にさせられる。

そんな圧倒的な絵の数々が本書には収められている。本書はなにを隠そう前回に紹介した男鹿和雄氏の画集の2冊目である。

イラストレーターのさいとうなおき氏も絶賛するうまい背景をどうしても描きたい背景グラフィッカーを目指す人が、一度は必ず手に取るべき本。それが本書である。

 

前回も言うたがわしは背景がうまくなりたい一心で絵を描いている。

それもほぼ毎日。

最近は漫画を定期的に描き始めたから仕事と前ほどのペースで描けないが、それでもやはり描かくたんびに目を通してその画力の凄さに圧倒される。

 

こんな第一級品の資料を片手に背景の勉強できるのだから本当にありがたいw

 

本書は前回のパート1に比べて変更点としてはカラー原稿が多く見られる。

「平成狸合戦ぽんぽこ」など若干かぶっている作品もあるが、そのどれもが素晴らしく、緻密で繊細。

 

絵を志さない人が眺めてみても楽しめる大変素晴らしいものに仕上がっているがよく分かる。

 

もののけ姫が多い

掲載作品としては圧倒的に「もののけ姫」が多い。

 

アシタカの冒頭シーンやシシ神の住まう深い森など、幻想的でどこか懐かしい失われた日本の自然をそこに垣間見させる。

 

その水々しい表現から

鳥や動物たちの鳴き声、木々のざわめきなどがおもわず聞こえてきそうなほど、

繊細で豊かなタッチは細部まで「神」を宿らせている。

 

あとは「耳をすませば」や「千と千尋の神隠し」なども若干ではあるが載っている。

 

本書を読んですぐに絵がうまくなるということはないが(ありえない)

貴重な資料として毎日眺めながら少しでもそのエッセンスを取り込めれば幸いである。

そう考えればこの値段は決して高くはないだろう。

 

ああ、ここまで絵が描けたならどれだけ良いことか……

憧れと陶酔感で胸をいっぱいにしながら今日も背景を描く。

 

 

日本が世界にほこる巨匠の技を、少しでも継承できたならこの上ない喜びである。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

漫画ブロガー。 よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)。このブログの管理人をしている。 人呼んで乱視の猛虎! もし記事を気に入っていただけたらサイトをブックマークもしくは、Twitterフォローよろ!Please Like & Subscribe!

follow us in feedly