DESIGN

Lancersで「認定ランサー」に選ばれるために必要なこと

更新日:

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

君は認定されたことはあるか?

はぁ?「認定」ってなんだよ。

まいける
リク

ホメられることぉ?

ポポポ!

ポコたん
ドラねこ

違う違う、わしは認定ランサーになったのじゃ!

なんだよ認定ランサーって?

まいける
ドラねこ

わしが登録しているフリーランスの強い味方、

クラウドソーシングの「Lancers」でわしは認定ランサーに選ばれているのじゃ!

それがなんかいいことあるのか?

まいける
ドラねこ

そこで今回はそんな素敵な称号である認定ランサーについて語ってみたいと思うのじゃ!

 

認定ランサーとは?

認定ランサーとは、クラウドソーシングの「Lancers」において、

ある一定の基準を満たすことによって選ばれる選ばれし者……じゃなかった、クリエイターランクのことである。

 

認定ランサーに選ばれると、

仕事の受注がこれまでよりもたくさん受けられるようになり、更なる収入UPが期待できるのだ!

 

……といってもわしはまだその恩恵に預かっている感じがしないのだが、公式にはこれに選ばれることによって一定の信用を得たので、今まで以上にコンペなどでも当選しやすくなり、直接依頼なども増えるという。

 

つまり「Lancers」でフリーランスをやっている側からすると、

この「認証ランサー」に選ばれるというのは一つのステータスでもあるわけである。

 

認定ランサーに選ばれる5つのコツ

認定ランサーに選ばれるには5つの条件がある。ここではその条件コツを紹介していこう。

 

1. 応答が速い

ランサーズにはコンペなどで選ばれるとクライアントからメッセージくる。

その返信率が24時間以内で80%ないと認定ランサーに選ばれない。

ようするに以下にクライアントからの要望に答えるかということに評価されているのである。

 

ポイント

ロゴデザインの場合、Lancersにおいて修正依頼をお願いされるとそれは採用確実となるので、とにかくコンペ終了後すぐにメッセージでクライアントに返事をすることが重要。

 

わしの場合、当選の通知が登録したメールに届くように設定してあるので、

何度もこまめにメールチェックすることによって、クライアントからのメッセージを見逃さないようにしています。

 

こうしたレスポンスの早さがクライアントとの信頼醸成につながるんだね。

 

2. 高い対応力と責任感

クライアントから仕事を頂いてもそれを達成出来なければ意味がない。

 

例えばわしみたいにロゴや名刺のデザインを主に請け負っている者がコンペで採用されたとしても、それをしっかり完成させなければ評価されないのである。

ただ請け負った仕事があまりにも提示された値段では割に合わないという場合のみ、クライアントと値段の交渉をして納品を拒否することも有効だろう。

しかしまだLancersに登録したばかりで実績がない状態でこのようなことを続けていると、クライアントからの依頼はなくなると思っていい。

 

ポイント

ここらへんが新米ランサーが直面する葛藤ポイントなのだが、

最初の20件くらいは低すぎるくらいの金額でも黙ってやってみることをおすすめする。

ただし調子に乗ってアレもコレもと頼んでくる地雷クライアントには注意しよう。

 

当たり前だが、

ロゴなどで採用通知がきたらその仕事を最後まで手を抜かずに完成させてしっかりと納品すること。

お客さんをいかに破格の値段で喜ばせるかが大事なのである。

なので最初の頃は値段が安いからと不平不満を言わずに、金額でなく喜ばれることが報酬だと思って仕事に取り組もう。

 

何事もお試し期間というものがある。

使われる者もしかりである。

 

3. 獲得報酬額が高い

そして獲得した報酬額が上位20%以内でないと認定ランサー認可が得られない。

 

高額の報酬を多数こなした実績がないとどうやら認定されないように思えるが実はそうではない。

というのも、わしが認定される前はここが一番のネックだろうと思っていた。

きっと50〜100件くらいの案件を達成してないと選ばれはしないのだろうと。

 

しかし、当時わしはまだ9件ほどしか受けていないにもかかわらず、それでもナゼかこの基準をクリアすることができた。

こうしたことから推察するに、実はlancersで報酬を受けている上位20%というのは案外少ないのではないだろうか?

 

その証拠にlancersだけではフリーランスとして食っていけないと嘆く人が続出している。

はっきり言ってそれは認定ランサーになっても同じである。

 

ポイント

ロゴデザインなら最低でも10件ほど仕事をこなしてクライアントから評価をいただいていれば、なんなくこの基準はクリアできると思う。

 

なのでこのボーダーラインはそんなに高いハードルではない。

 

4. クライアントからの評価が高い

そしてランサーズには評価という項目がある。

ここがクライアントからの評価で4.8以上を貰わないと認定ランサーに選ばれない。

 

わしの場合は運良くお仕事をさせていただいたクライアントの方たちがとても気持ちよく仕事ができる人たちばかりだったので、クライアントから高い評価をいただいて今回この条件もクリアすることができた。

 

ポイント

基本は、

  • どんな小さなことでも手を抜かない。
  • 失礼のない態度で仕事のコミュニケーションを取る。

 

この二つをこなしていればそんなに悪い評価をもらうことはないだろう。

ただクライアントによってはクラウドソーシングに慣れてなくて、こちら側が全く容量を得ない注文を出される時があります。

わしが経験したことでは採用確定して納品してないのに金額が支払われ、三ヶ月後にデータを納品してくれと言ってきた人もいました。

50代以上のおじさんだったけど、やっぱり少しこうしたシステムを使い慣れていなかったんだろうねw

 

なのでなるべく我慢して相手が何を望んでいるのか聞き役に徹し、粘り強く仕事をこなしていこう!

 

ポイント

クライアントから高い評価をもらうためには、この聞き役に徹するという「ヒアリング」がもっとも重要だと思います。

 

最初にしっかりとしたヒアリングを行うことが後々のトラブルを防止するためにも有効なのである。

 

5. 認証済で安心

そしてランサーはみな、本人確認や電話番号確認、機密保持確認を登録しなくてはいけない。

 

これはどこの誰かもわからないような人に仕事をしてもらうより、ある程度顔が見える(といってもランサーズからだけ)相手に仕事を依頼した方が安心、というクライアント側への配慮でもあるわけである。

よく言われることだけど、この本人確認をしっかりと登録しといたほうがコンペで選ばれる確率が高くなると言われている。

 

まあ、確かに依頼する側からすれば、どこの馬の骨ともわからないやつに仕事を頼みたくはないだろうねw

 

ポイント

これは説明するまでもないが、自分にやましい経歴がないのでしたら普通に登録すればいいと思う。

ただし、こうした情報だけでなくアピール文もしっかりとしたものを書いておくと安心して仕事を任せられるようになるのではないだろうか?

 

クライアントとしては、身元のはっきりしたランサーに発注する方が安全だからね。

 

最後に

実際にわしのプロフィールから確認してみよう。

するとわしの名前の横に受注数と評価の隣に「認定」のマークが!

www.lancers.jp

ここまで来るのに苦節4年半。

ようやく「認定ランサー」になることができ、これから多くの仕事をこなしていけるスタート地点にようやく立つことができる。

 

フリーランスとして生きていくには単純に収入が安定してくれることは大事だけど、

今まで以上にクライアントを喜ばせる仕事がこれからもたくさんできたらいいな。

 

そんな感じで認定ランサーについて色々語ってみたけど、

これからフリーランスとしてクラウドソーシングで仕事を受けたいと思っている人は是非こちらの記事を参考にしてみてください。

 

あなたも時間と場所に捕らわれない働き方で良い人生を生きていいなあと思います。

 

仕事の依頼はこちら


Doraneko | イラスト・マンガ・ロゴ制作など丁寧な仕事では他に負けない乱視の猛虎です! | クラウドソーシング「ランサーズ」

いつでもお気軽にお声掛けください(*´ω`*)

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク



LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

-DESIGN
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2018 All Rights Reserved.