おすすめスポット 静岡

しずおかガーデンsaienにみるTogenkyoのがっかりっぷり!

更新日:

2014年・浜名湖花博に行ってきたよ!5

ちわ!おいさんです。(=´▽`=)ノ

みんな、お花好きですか?

わしは前回、浜名湖花博に行ってきました!第5弾 

花博の様子をお話したいと思います!

今回は「風立ちぬ湖畔の道」を出たとこから物語は始まります。


スポンサードリンク



風立ちぬ湖畔の道から

湖畔の道を出てまた再び「庭園エリア」に戻ってきた。

後はもう見るものもなくなってきたのでひたすらこの道を

真っ直ぐ南下していこう。

ここらへんは本当にオランダ南仏を思わせる景観になっている。

綺麗なところだ。

奥には大きな岩も置いてあるし。

なんかもう少し花が咲いていたらよかったのになぁ。

しばらく歩いていたら謎の庭園があった。

瓶がひとつ置いてあり、

中には藻が生えている。

そして横を見ると可愛らしい休憩所が。

ほんとにこの花博にはこうした休憩所が多い。

テーブルの上にはライムグリーンの観葉植物となにやら標本が。

ただこれだけ。

他に目立った花もないので次の庭園を見に行く。

庭園エリアも残り少なくなって来た。

ここを抜ければあとはマーガレットの小道というのと、

しずおかガーデン・彩園(saien)」というのが見られるらしい。

一体どんなとこなのか?

とりあえず目の前の庭園を見に行こう。

これまた小さな塔が建っているなぁ……(;´∀`)

隣にはなんだかシンプルなダンジョンがw

入ってみるとなんてことない花瓶が一つだけあるのみ。

なんなんだよ!(# ゚Д゚)

まったく、なんでこんなもんわざわざ作ったんだ?

前来た時もあったような気がするけど、

これが意味するところが全くわからん。

中にはまた和風な感じの水盆がちょこんと置いてある。

この脈絡のないかんじ、わびさびだなぁwww(*´∀`*)

さて、ここからは「しずおかガーデン・彩園(saien)」というのを

歩いていこう。

お、横に生えてる花がキレイだw

しずおかガーデン・彩園(saien)

一体何があるのかと思ってとことこ歩いていたら、

ここらへんは昔の花博で世界中の庭園があったところなんだな。

これもたしかどこかの国の庭園を新しく花を植え替えて装飾している。

そういえば、当時植えられた貴重な花はほとんど勝手に掘り返して

盗まれてしまったんだそうな。

まぁ珍しい世界中の草花が集まったんだから、

そうなることはしょうがないにいしても、けしからん話である!

おかげでココらへんに植わっているのは日本中どこでも見られる

花ばかりになってしまった。

なんでそんなことするんだよ。(´;ω;`)

こういうのも当時の残骸である。

たしかここらからアジアエリアになるんだよな。

さて次に来たのはこの建物。

出ました!

さて、この外観は見てわかりますね。

そう、中国

うわぁ、これも当時のままだ。(;´∀`)

せっかくわざわざたてたんだから、撤去はしないんだねw

中に入ると大きな池に立派な休憩所が。

ああー、これも当時のままだ。懐かしいw

ここから見る景色はさながら古代中国ですなw

そしてこの石の門もすごいですねぇ。

でもなんでこんな川の目の前にいきなり建ってんだ?

門からは展望台が見える。

うわぁ、すごい。これが展望台のベストショットかな?

そして入り口左手には少し高くなっているところには亭が。

中学生が占拠していて近づけないw

ああ、小さな滝もあってもみじがキレイですねぇ(*´∀`*)

って、もみじ?!Σ(゚д゚lll)ガーン!

なんか不思議な空間だったなぁ(;´∀`)

気をとり直して次行こう。

これはインドネシアかフィリピンの庭園じゃなかったっけ?

まぁ、いまでは外観だけですねw

そしてここは?あれ?ここも中国?

じゃなくて韓国だ!

うわぁ、陰陽の太極図が韓国の残り香なんですねw

そして隣にはいきなり家康くんがw

もう、コンセプトがめちゃめちゃですなwww

こうして、しずおかガーデンは終わったのでしたw

なんだかなぁ……(;´∀`)

スポンサーリンク

特別展示・Togenkyo

さて、そろそろこの花博も終盤戦。

思い出の名残が無残に転がっているのを横目で見つつ、

次の展示へどんどん行ってみよう。

ほんとこうしたよくわからんもん多いなぁ、今回。

これもコメントに困るようなデザインだw

これももうちょっとなんとかならんかったんか?

中に入ると一応石畳の庭が。よく見ると奥に花がちらほら見れる。

しかしうーん、ちょっとさびしいなぁ。前はこんなんじゃなかったよ。

そして次にやってきたのはTogenkyo 。

果たして、桃源郷と名乗る庭園はどういったものなのか?!

わくわくしながらこの川に浮かぶ石畳を歩く。なんだろう?この見た目、茶室みたいな家は。

中には一体どんな景色が広がっているのか!o(´∀`)oワクワク!

中身↑

え?!

これだけ!?Σ(゚д゚lll)ガーン!

室内は小さなちゃぶ台鉄瓶が置いてあるだけだった。

これが桃源郷の正体であるっ!

ああ、かなりがっかりしながら外に出る。

こころなしか隣の滝が目にやさしい。

これが日本人が目指す心の桃源郷というやつなのか・・・

よくわからん。

がっつり名前負けしている展示じゃねーか!

[2CS] キリン アルカリイオンの水 (2L×6本)×2箱

[2CS] キリン アルカリイオンの水 (2L×6本)×2箱

 

ふれあい花壇

しばらく歩いていると、愛・地球博のモリゾーとキッコロが現れた。

へー、あいちフェアなんかやるんだ。(;´∀`)

それをなんでこの場でわざわざ宣伝するんだよw

ここらへんはこうした小さな花の展示がたくさん押し寄せている

エリアである。

小さな展示ではあるが、けっこう綺麗な花が咲き乱れていて

こうしたものが実は一番良いのかもしれない。

ここ以外はかなりこけおどしで自爆している感があるけど、

こういうのが本来の花博なんだろうな。

ほんとここらへんは綺麗な色とりどりの花がいっぱい。

見ているだけで楽しくなるw(*´∀`*)

これだよ!これを全部にやればいいじゃねーか!

あ、あんな所に白石でできた富士山がある。

その周りを綺麗な花が囲っていて、鮮やかだなぁ。

いいですね。春って感じで。

これだけでも見に来た甲斐があるw

てゆーか、ここらへんがこの会場内で一番花が多いんじゃね?

それくらい小さなエリアにこれでもかと花が詰め込まれている様子を眺めているのは楽しいw

ああ、いいなぁ。

こんな花壇が俺んちにもあったらいいのにwww

手入れするの難しそうだけどw

こうした何気ない花の展示が一番いいですね。

本当に周りが豊かになる。

ここまで花に囲まれた状態で生活することは普段ないからなぁ。

この花の青さがとても気に入った。

こうしたお気に入りの花に出会えただけでも、

今回ここに来れたのはよかったのかな?

昔手伝った広場に行き、当時とそのままの噴水を見つけた。

ああ、あったあった。この噴水は当時のままだw

あの頃の思い出が、不意に蘇ってきた。

 

やっぱり、来てよかったのかもしれないw(*´∀`*)

さて、そろそろ腹もぐるぐーになってきたことだし、のだねフードコートに行ってみよ♪

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-おすすめスポット, 静岡
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.