映画 洋画 鑑賞ノート 雑談・感想 その他

サザンの「ロックンロール・スーパーマン」って良い曲だよね♪

更新日:

おすすめ映画情報2

ちわ~!ドラねこです。(=´▽`=)ノ

皆さん映画見てますか?

記念すべき第二回の映画情報は、わしが借りて来て観た「スーパマン・リターンズ」について語ってみたよ(*´∀`*)

スポンサードリンク

スーパーマン リターンズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーマン リターンズ [ ブランドン・ラウス ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)

ヒーローものを見るのが好きである。

アニメとか特撮系のヒーローにはあまり興味のないわしは、それでも結構アメリカのヒーローものは好んで見ていたりする。

「スパイダーマン」「バットマン」「X-MEN」

色々見てきたが「スーパーマン」だけは見たことがなかった。

わしみたいに「スーパーマン」を知らない世代もいると思うのでここでちょっとその紹介を少しだけ

スーパーマン(Superman)は、アメリカDCコミック刊行の複数のコミックに登場する架空のヒーロー。

また、彼を主役としたコミック、アニメ、映画、ドラマ作品。1938年に原作ジェリー・シーゲルおよび作画ジョー・シャスターにより、アクション・コミックス誌第1号で初登場した。スーパーマンアメリカン・コミックス初のスーパーヒーローである。

高度な文明を誇りながらも崩壊の危機に瀕していたクリプトン星の執行官ジョー・エルは、自分の息子カル=エルを救う為、カプセルに乗せ未開 の惑星「地球」へと放出した。直後、クリプトン("秘密の星"の意)は崩壊し、赤ん坊は惑星の遺児となった。 カプセルはアメリカ合衆国カンザス州スモールヴィル(“小さな村”の意)に飛来、そこで暮らしていたケント夫妻に拾われ、カル=エルはクラーク・ジョセフ・ケントと 名付けられた。成長した彼は自分の能力を世の為に役立てる事を誓い、スモールヴィルから大都会メトロポリスへ移住する。大学卒業後、デイリー・プラネット 新聞社に入社し、スーパーマンとケントとしての二重生活を送る事と成った。2012年に退社しフリージャーナリストになる。

              スーパーマン - Wikipedia

スーパーマン」といえば、赤いマントに青いタイツを履いたおっさん「スッパマン」を思い浮かべてしまう。

なのでそれまでの古い映画のスーパーマンシリーズもなんとなく見たい感じはしなかった。

しかし今回紹介するの「スーパーマン リターンズ」である。

スーパーマン リターンズ』(Superman Returns)は、ブライアン・シンガー監督・製作による2006年アメリカ合衆国スーパーヒーロー映画である。

DCコミックのキャラクターであるスーパーマンを原作としており、『スーパーマン』(1978年)及び『スーパーマンII』(1980年)の続編となる内容であり、『スーパーマンIII』(1983年)及び『スーパーマンIV』(1987年)での出来事は無視されている。

物語はスーパーマンが地球を去ってから5年後から始まる。

          スーパーマン リターンズ - Wikipedia

何年か前、新しいスーパーマンが再び現れるということで、当時しきりにニュースになっていた。

そのニュースを知ったわしは、ヒーローものを見るのが好きなだけあって劇場まで見に行きたかったのだが、色々事情があり結局その時は見に行かず終わってしまった。

心のなかでは何故あの時見に行かなかったんだと、ずっと引っかかっていた。

そんな折に、今回またスーパーマンの新作「マン・オブ・スティール」が7年ぶりに公開になるという。

 

「リターンズ」から続編を予定していたスーパーマンだが、色々あって結局7年もかかって新たな続編が出ることになったらしい。

これは是非見たい!ということでその前に、前作を見て予習をしておこうと慌ててDVDを借りることにした。

 

早速見てみた。感想としては、

いや~、よかった!よかったよぉ!

……劇場に見に行かなくてw(*´∀`)

※理由は聞かないでください。

 

さて、あんまり悪口を書くのも嫌だが少しだけ感想を言うと、このスーパーマン、なんか現代の目線で見ると色々ムリがあった。

とにかくスーパーマンはすごいんだぞ!というようなシーンがいっぱいあるにはあるのだが、・・・・・・うーん、あんまりピンとこない。

なんていうか色々、ご都合主義がちょいちょい垣間見えるのだ。

飛行機を素手で止めたり、大きな地球儀を持ち上げたり大陸を持ち上げてるしw

 

さすがに「おいおい…それはないだろっ!!」とツッコミたくなるようなど展開満載に思わず笑ってしまったw

総じてアクションは控えめな映画となっている。

正直行ってそれなりに楽しめたのだが、期待はずれであった。

「スパイダーマン2」や「ダークナイト」のようなおもしろさはなかった。

そういえば、新しいスーパーマンではスーパーマン役の俳優も変わっちゃったみたいである。

 

ええっ!!!「リターンズ」俳優さんカッコ良かったのに!(;´Д`)

 

ちぇっ、主役が新しく変わっちゃうなんて一体どうなってるんだろう?

これだったらわしの好きなサザンの「ロックンロール・スーパーマン」でも聞いていたほうが良さそうだ♪

でも、ちょっと見てみたいなぁ……うーん、どうしようかなぁ…

でも、劇場に行く勇気はないなぁ(-_-;)

誰か見に行った人、こっそり教えて下さい(;´Д`)

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-映画, 洋画, 鑑賞ノート, 雑談・感想 その他
-,

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.