おすすめ家電 便利ツール 買ってよかった・おすすめ家電

このアイテムがステキ!2015年買って良かったもの10個まとめてみた

更新日:

あ~あ、どっか遊びに行きてぇなぁ(;´Д`)

こう毎日暇だとイヤんなちゃうよ。

 

こんちわ、みんなはこの頃暇してますか?おいさんです。

2015年に買ってよかったものについて今までずらずらと書いてきた記事をまとめつつ、その後の使用感についても語ってみましょう(*´∀`*)

スポンサードリンク

1. THERMOSのタンブラーを超えたオシャレデザイン

2014年はステンレスタンブラーが大流行した年だと言われたが、今年はそのタンブラーが様々なメーカーから色んなデザインのタンブラーが発表された年だった。

 

「保温ステンレスタンブラー レリーフ375 レッド」もその一つである。

このタンブラーを近所の雑貨屋さんで一目惚れして以来ずっと欲しくて憧れていたものを、仕事がうまくいったご褒美に自分に買って上げたのだ。

使って見た感じはTHERMOSのタンブラーよりも薄くて軽くて飲みやすいのだが、薄い分冬は特に暖かい飲み物は冷めやすいかもしれない。

だが夏に冷たいものを飲む分には全く問題ない。

 

なので今年の夏はこれが大活躍の一年であった。

2. 極細シャワーで水量を50%節水!

次に今年の夏大活躍した商品はこの「三栄水栓 シャワーヘッド 節水 ストップ レイニー」だろう。

このシャワーヘッドは節水タイプのシャワーヘッドで年間で約25400円の水道代(+ガス代)の節約になるという。

 

そしてはAmazonで長いことベストセラーに輝いている商品である!

ただ弱点を一つ挙げるとすると、ウチは温水の湯量が弱いので、冬に使うと細いシャワーがお湯を冷ましてしまって寒いという点が難点である。

しかしこれはシャワーヘッドの欠陥というより、ウチのガスの問題なので、普通にお湯を沸かしても湯量がたっぷりと出るお宅で使う分にはなんら問題はないだろう。

 

「カクダイ 大口径シャワーホース1.6M 3672C」とともに買うのがおすすめ!(*´∀`*)

 

3. 常時保温するポットより断然安上がり!

この夏、電気ポットが壊れたので良い機会だから電気代が安いと評判の電気ケトルに買い換えようとあれこれ模索して買ったのがこの「TIGER 蒸気レス 電気ケトル わく子」さんであるw

転倒防止機能がついているので、小さなお子さんがいる家庭でもロックボタンを押しておけば倒れてもお湯が溢れる心配がないというところが同じような製品のティファールとは違う点だ。

そしてこの電気ケトルを使い出してからウチの電気代が目に見えて減りだしたのには驚いた。

 

今まで電気ポットをつけっぱなしにしていたおかげでどれだけ無駄な電気を使っていたのかと改めて電気ケトルの利点に気付かされた買い物であった。

ただこちらのケトルはロックボタンがお湯を出す口のあたりに点いているのがいささか面倒な点なのでマイナス。

同じような商品に像印のケトルがあるがこちらはポットの持ち手にスイッチが点いているので興味がある方はこちらを買った方が良いかもしれない。

 

4. ずっと欲しかった憧れのステンレスポット

電気ケトルと並んで今年ウチで使い出したエコな商品といえばこの「THERMOS ステンレスポット 1.5L」だ。

 

仕事柄よく部屋でお茶を飲むのでこうしたステンレスポットが近くにあると作業に集中できるから非常に便利だ。

電気ケトルではTIGERや象印など日本のメーカーがやはりかゆいところに手が届くような機能が沢山ついていて優秀だが、ステンレスポットにおいてはTHERMOSの方に軍配が上がるだろう。

何故ならTIGERや象印は一見見た目もオシャレでフタもワンタッチで取り外し安いのだが、それだけに保温力がTHERMOSに比べて弱く、すぐにとまでは言わないが冷めてしまうからだ。

 

その点この「THERMOS ステンレスポット 1.5L」は冷めにくく、熱いお茶を入れても長い時間温かさを保ってくれるのはさすがだ。

だが難点を言うと、保温力が高いためにフタが固く回しづらいのが玉に瑕である。まあこの回しづらさがあるから高い保温力を保っているのだろうがw

それでも別のモノが欲しいというのなら日本製のステンレスポットを使用してみるのもいいかもしれない。

 

5. Adobe Creative Cloudが60%オフで手に入った奇跡

今年は幸運に恵まれた年だった。

 

たまたま読んでいたつるたまさんのブログに書かれていたAmazonで60%オフのクーポンが手に入るという記事を読まなくてはこれを手に入れることは出来なかっただろう。

過去にamazonでCS3-CS6の書籍を購入したことがある人が対象という条件がついていたのだが、Photoshopなどの書籍を買ったことのあるわしは恐る恐るAmazonの商品欄から「Adobe Creative Cloud ダウンロードカード」をポチってクーポンコードを入れてみるとなんと60%オフの28842円で買うことが出来た。恐るべし、Amazon。恐るべし、つるたまさん。

 

持つべきものははてなブロガーであるということを痛感させられた一品だったw(*´∀`*)

 

【番外編】

ここでちょっと番外編。

今年はなぜかブルックリンジャーなる奇妙なガラス瓶が流行った一年であった。

わしはこういうのが大好きなので、よく行くミスドでお目当てのブルックリンジャーを見かけたので即購入!

なんてことないガラス瓶でよく見たら大したことないんだけど、これにストローを指して飲み物を入れたり、サラダを入れて持ち歩くというのがおもしろいw

今年は調子にのってこれとは別にガラス面が緑になっている二つのジャーを手に入れてホクホクなわしなのでしたw

 

6. 憧れのウォシュレット!温水洗浄便座DL-RJ40-CP

去年に引き続き長年の夢を叶えた一年であった。

去年は悲願とも言えるドラム式洗濯機を購入してウホウホだったわしも、今年はこの「ビューティー・トワレ瞬間式DL-RJ40-CP」を手に入れて脱・けつネチャ状態を達成したのであった。

 

ウンコをしてそのまま紙でケツをふくとケツの肛門周辺がネチャっとするがこれさえあればそんな不愉快な状態からおさらばだ!

おまけに痔を予防できるし一石二鳥なニクイやつ!

これを使い出したらもうウォシュレット抜きでは暮らせません。

ただこのウォシュレット、瞬間式なので電気代がかからないのはいいが便座のお湯を温める時にブーンという音がウルサイ点が難点と言えるだろう。

ただ小さなリモコンが外蓋を赤外線で検知して開けてくれるのは便利である(*´∀`*)

 

7. ベッドの脇に置いて間接照明にすると便利なLEDランタン

キャンプをしないくせにキャンプ道具に憧れるわしである。

そんな中でも今年わしの注目を最も引いたのはこの「Coleman(コールマン) CPX6パーソナルLEDランタン」である。

とにかく部屋に何か間接照明を置きたかったわしは、近くのショッピングモールで見かけたこのランタンに一目惚れして散々悩んだ末に充電パックと共に購入することを決めたのだった。

勝手にみて意外と思ったのは一度充電をすれば長い時間使うことができる点である。

これならいざというときの災害時にもこれを持っていけば役立つし、一家に一台あっても損はない災害時のお役立ちグッズであるだろう。

 

8. ゴールドカバーが気に入っていますw

去年は失敗してしまった。

はじめてiPadのカバーを買ったということもあって去年はiPad違いのAIR用のカバーを買って大失敗したわしであった。

しかし今年はみんなの忠告どおりに信頼できるメーカー製の「MS factory iPadカバー」を買って大満足!

色もゴールドと少し派手なものを選んでみたんだけど、来てみたらそんなに下品な色合いのゴールドじゃなくてiPadAir2のゴールドと驚くほど馴染んだ洗練された商品であった。

それにしても来た直後に一部傷がついていたのは、運送屋のトラブルかしら?(;´Д`)

 

9. 日本一の静音加湿器・ダイニチ ハイブリッド式で潤いを!

誰もが加湿器を買い求める季節。

しかしその頃になって加湿器を買い求めてももう遅いのだ!

 

理由は簡単。物の値段は需要によって上下するから加湿器が必要になってくる前の時季に購入しておくのが賢い買い物をする上でベストなのだ。

わしが買った「RXシリーズ プレミアムブラウン HD-RX313-T」も今Amazonでは徐々に値段も高騰し始めていて、わしが買った時から3〜5000円は高騰している。

この「HD-RX313-T」はハイブリッド式という二つの加湿方法で部屋の湿度を賢く計りながら加湿してくれるので非常に便利♪

 

日本一の静音設計で最小で15dBという運転音だから寝室にピッタリの加湿器 なのが購入した際の最大のポイント。

ただ静音設計といっても加湿し始めは部屋を大きく加湿するので多少運転音はウルサイが、寝る前の一時間前くらいにかけておけば枕の近くに置いておいても運転音が聞こえないくらいに静かに加湿してくれる。

 

この冬イチオシの商品である(*´∀`*)

 

10. サイバーテックな高性能体重計!

ひと目見た時からこれは欲しいと思っていた

それが「タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-902-RD」である。

あまりにもカッコいいので、そのまま壁にかけておきたいほどのデザイン性である。

 

この体重計は強化ガラスを採用したデザインの美しさの他にも、Bluetooth搭載で「タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット」と連動してスマホで体重を管理できるところが最大の魅力である。

わしが持っているiPadAir2とも簡単に連動できたので、iPad使いにも便利なヘルスメーターである。

他にもデュアルセンサーが体脂肪率・内臓脂肪レベル・筋肉量・基礎代謝量・体内年齢・BMIなどを計ってくれるので、それらを参考にランニングや水泳で身体を鍛えていけば毎日体重計に乗るだけで気軽にレコーディングダイエットができるのだ。

 

という感じで、いかがだっただろうか?

駆け足にざっと今年買ったものを紹介させてもらったが、もしこの中でアナタの興味を引くものが一つでもあればわしとしても幸いです(^^)

今年の年末にはボーナスで買ってみてはどうだろうか?

 

役に立つものばかりである(*´∀`*)

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-おすすめ家電, 便利ツール, 買ってよかった・おすすめ家電
-,

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.