ノリタケの森で高級食器に衝撃を受けたのじゃ!

2019年4月7日

  1. HOME >
  2. Travel >
  3. 愛知 >

ノリタケの森で高級食器に衝撃を受けたのじゃ!

2019年4月7日

ドラねこ

こんちわ!おいさんだよ。

キミは一人旅は好きかい?

今回も名古屋旅のその3か。

まいける
リク

水族館のあとはドコへ行くの?

ポポポ?

ポコたん
クロ

名古屋港水族館のイルカはすごかったでしゅ!

まあ、デカい割には魚は少なかったけどな。

家族連れにはそこそこ楽しめる場所だろうな。

まいける
ドラねこ

次にやってきたのは地下鉄で一時間ほどの場所。

亀島駅から降りてここから「トヨタテクノミュージアム産業技術記念館」を目指したのだが、その前に「ノリタケの森」に行くことにしたのじゃ。

ノリタケ……日本陶器だな。

まいける
ドラねこ

わしは知らんかったけど、温水便座で有名なTOTOもノリタケのグループ企業らしいぞ。

へえ、そりゃちょっとおもしろそうだなw

まいける
ドラねこ

というわけで今回はそんなノリタケの森を訪ねた様子をお送りするのじゃ。

最後までご覧ください!

 

前回まではこちら

イルカショーを堪能!はじめての名古屋港水族館へ行ってみたのじゃ!

ドラねこ こんちわ!おいさんだよ。 キミはイルカは好きかい? ...

続きを見る

名古屋港から亀島駅へ

名古屋港水族館を堪能してから、またしても名城線で今度は栄を目指す。

栄から乗り換え名古屋駅にたどり着く。そこから地下鉄東山線で亀山駅へ。

そこから徒歩5分。ようやくノリタケの森にたどり着いた。

ここが「ノリタケの森」か。

ノリタケは世界最大級の高級陶磁器・砥石メーカーだそうだ。

……そんなすごいもんが愛知県にあるなんてしらんかった。

へえ、けっこう広めの公園みたいになってるんだな。

来る前から薄々感じていたけど、ここは女連れと一緒に来るデートスポットだろう。

うわあ、なんかヨーロピアンのレンガ造りの建物が並んでいるぞ。

ここらへんだけオシャレ感が別格である。

なんか高級オフィス街にあるモダンな公園みたい。

秋だから針葉樹もキレイに色づいている。

少しイタリアンなテイストのあるカフェのテラス席を横目に先に進んでいこう。

う〜ん、赤レンガがちょっと横浜っぽいねえ。

この抜けるような青空がきれいだなあ。なんか良い日に来れてよかったな。

高いイチョウの木がものすごく青空に生えている。

噴水が中央においてあったりいちいちおしゃれであるw

あ、ひこうき雲だ。

なんかツイてるような気がするなあ。

あっちにもこっちにもひこうき雲が。

なにかに見守られている気がして嬉しくなる。

さて、足を置くに進めると、その先には何やらまたこことは違った場所がありそうな予感。

レストランやギャラリーがあるのか。

ここは職人さんたちが実際に働いている場所らしい。

入場料を取るそうなのであえて入らず、お土産売り場を覗こう。

 

高級感漂う売店

中に入るとなんとまあキレイな陶磁器がずらりと並べられている。

うわあ、キレイだなあw

こちらはガラスの花瓶のようだ。

あっちは漆器か。

なんかお値段が庶民には0が一つ多いような花瓶が並んでいるぞ。

うわあ、キレイだけど値札が恐ろしいw

これなんかも金持ちっぽい。

だれがこんな人形を飾るんだろう?

なんか天野喜孝の絵みたいな陶器のフィギュアがずらりと並んでいるぞ。

モダンでおしゃれ。

それでいてハイソサエテーだわあ、ノリタケ。

こっちの青磁よりも青い陶器の器もかっこいい。

これで一揃えしたらかなりおしゃれだよね。

イヤリングみたいなものも売られているけど、なんかターコイズのアクセサリーのように見える。

青磁のオーナメントだって。

子供を乗せたカバか……繁栄を連想させる…

それとは対象的な金持ちっぽいカップ。

もう見ているだけで楽しい。でも買えないこのジレンマが伝わるだろうか?

こっちはシンプルな図柄のティーカップ。

シンプルなんだけど上品でお金持ちの家にありそうだぞw

ああ、こんなティーセット食事が出来たらどんなに良いか……

こっちも花柄で可愛らしいね。趣味じゃないけど。

こっちもなかなかおしゃれどすな。

これなんか爽やかなブルーがなかなかの上品さを醸し出している。

こっちなんか露骨に金持ちっぽいぞw

こういうのが好きなやつもおるのかな。

なんかもうため息がでるようなお皿ばかりだな。

……でもどれもこれも高すぎてまったく買えない。

悲しい。

ここらへんの漆器だったら買えるかもしれないけど……

ああ・・・ここに食器を買いに来ているマダムたちは富裕層マダムなんかなあ……?

こっちのポップな図柄は比較的買いやすそうだぞう。

でもみんな結構買ってるな。

名古屋はTOYOTAのお膝元だからお金持ちが多いのか?

 

公園を散策再開

あまりの値段の高さにしょんぼりしてギャラリーをあとにする。

あ~あ…あんな高いものなんか買えねえって。

仕方ないのでクリスマスムード漂う園内を撮影することにした。

こんなふうに来園した観光客を楽しませるためなのか、こうしたオブジェが置いてあってみんなが写真を撮っていく。

お、クリスマスツリーだ。

ここに夜来るカップルなんかはきっと楽しいんだろうな。

少しばかり歩くと変な煙突に遭遇。

なんだこれ?

奇妙な煙突がにょきにょき生えてるけどこれもなにかしらのオブジェなんだろうか?

 

なんのためのものなのかさっぽりわからなかったが、首を捻りつつ次のTOYOTA産業博物館を尋ねることにした。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

イラストレーター。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログの管理人。漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

-愛知
-, ,

Copyright© 吾輩はトラである , 2019 All Rights Reserved.