その美しさに柴咲コウもウットリ!桜が満開の龍潭寺

2018年3月31日

  1. HOME >
  2. Travels >
  3. 静岡 >

その美しさに柴咲コウもウットリ!桜が満開の龍潭寺

2018年3月31日

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

キミは神社仏閣は好きかい!

今回も奥浜名湖か。

まいける
ドラねこ

うむ、前回は奥浜名湖の「湖北五山」から少し外れて実相寺まで足を伸ばしたけど、今回は元に戻ってその五山のウチの一つ、去年「井伊直虎」で注目を浴びた龍潭寺を尋ねるよ。

……って言ってもまあここに来るのはこれでわし二回目だけどねw

うわぁ!お花がいっぱいでキレイ!

リク
まいける

今の時期なら桜が満開だからキレイだろうな。

それではそんな龍潭寺の様子を最後までご覧ください!

ドラねこ

 

前回まではこちら

桜が満開の龍潭寺がスゴイ!

井伊谷宮から歩いてくると、すでに桜がちらほら見え始めた。

うわ、この和風建築と頭上から垣間見える桜が絵になるなぁ

あれ?前来たときにこんなのってあったっけ?龍潭寺本堂修復記念だって。

この日は本当に桜が満開で見るなら正にこの日でドンピシャリだった。

前来たときはここまでキレイじゃなかったから、

いちいち足を止めてあたりを見渡して写真を撮ってしまう。

お地蔵様の上の桜もキレイだ。

あ、あそこにピンク以外の花が咲いてる!

うわっ!ここから見るとものすごく綺麗だ。

この花はなんて名前なんだろう?ものすごく鮮やかできれいな黄色だ。

ここから見ても素敵な絵である。今回一番のベストショットかな?

なんか本当に雅な雰囲気だ。

桜があるだけど神社仏閣が引き立つよな。

季節は本当に春である。

 

龍潭寺

では続いて本堂へ。

ここからの眺めなどはガイドブックやパンフレットなどに乗っているアングルである。

反対の山門にも桜が。

あ、柴咲コウのポスターが外されている。

さぁ、いよいよ中へいくぞ!

桜を撮っているご夫婦がいる。みんな好きなんだなぁw(^^)

今回はしっかり御朱印帳を持ってきていたの売店(?)で300円を払い、御朱印帳を渡す。帰りに渡してくれるという。

 

本堂

このお釈迦さまの像も一年ぶりだ。

ドラねこ

こんちわー、一年間お守りいただいてアザーッス!

友達かっ!

まいける

本堂もやっぱり豪華だなぁ。

今回もお参りさせていただいたことに感謝してお参りしよう。

庭も相変わらずの枯山水である。美しい。

ここでボーっと座禅を30分くらい組みたいけど、先に進もう。

渡り廊下をわたって……

かわいいひょうたんに出会う。

あ、前回来たときにはなかった井伊の赤備えが飾られている!

うわぁかっこいい!これを来て徳川家最強の赤母衣部隊をやっていたんだなぁ。

この先に小堀遠州の有名な枯山水がある。

 

小堀遠州作・枯山水

枯山水である。

あそこにある大きな石が菩薩さまを表し、左右の大きな岩は仁王様であるらしい。

真ん中の平らな岩で座禅を組むのだそうな。

今日は平日なので人も少ないのでゆっくりこの庭を見ることができた。

前来たときは人がわんさかやってきていたからなぁ。

庭の写真はこれがベストだろう。

 

さて、今回はここでまだ終わらない。

もう一つ、五山のウチの方広寺を訪れよう。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

イラストレーター。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログの管理人。漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

© 2020 ドラねこ