TRAVEL 静岡

日帰りOK!ふじのくに茶の都ミュージアムの日本庭園がヤバイ!

更新日:

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

キミは牧之原の茶の都ミュージアムに行ったことあるかい?

静岡空港の近くにあるんだよな。

まいける
リク

色んなお茶が展示されていておもしろかったね!

ポポポ!

ポコたん
ドラねこ

今回はそんな「ふじのくに茶の都ミュージアム」もいよいよ最後!

現代風のモダンな庭を見ていくぞ

中庭があるんだったなあ

まいける
ドラねこ

うむ、どんな庭が広がっているのかさっそく確かめていこう!

 

前回まではこちら

日帰りOK!ふじのくに茶の都ミュージアムで学ぶお茶の歴史

モダンな庭へ

展示フロアの一階を出て、庭に出てみた。

ここからは博物館の入場券を購入した人しか入れないモダンな庭を見ていこう。

一面には白洲が敷き詰められていかにも日本っぽい。

おお、茅葺きの屋根が非常に日本っぽい。

池に突き出ている感じは平安時代京都の貴族の庭を思わせるぞ。

 

中へ

チケットは買ってあるので普通に靴を脱いで中に上がることができる。

抹茶を飲みたい人は別途券売機でチケットを購入して奥の畳部屋に行くとお茶を点ててくれるという。

今回わしは食いすぎたので抹茶は今度に譲るとして、内部は書院造りの順和風な感じになっている。

こんな別荘があればなあ……さぞや雅な気分に浸って余生を過ごせることだろうw

順路を追っていくと「井」字型の別棟の下の池が見える。ちょっと怖いw

でもここから眺める風景はとても気持ち良いぞ!

爽やかな風が吹いてくる。あの奥で抹茶が飲めるという。

うわあ、なんかホントに雅だな。ここからの眺めは最高だ。

茅葺きでしかも下は池。なんか十二単と琵琶法師が似合いそうなロケーションだ。

コンクリートの打ちっぱなしの上に庭があるのかな?と思っていたら壁面の岩もなかなか風情があってお城の中に庭があるみたいだw

なんか江戸時代の河岸っぽい。

ここに船なんかつけて池を一周すると雅だぞw

 

歩いてみた

一旦外に出て今度は庭の中を歩いていこう。

作られてかなり新しいのかと思ったけど、意外なほど最近できた感じはなく、偕楽園とか日本の庭園そのままの趣を醸し出している。

こうした石橋を渡るのもたのしい。

ただ池を覗いてみても鯉一匹見当たらないのが残念である。

う~ん、これぞ日本庭園。まじで和服が出てきそうな雰囲気だ。

できたてに見えないしっかりとした風合いの木の橋を渡る。

裏には茶室の待合室のような場所が。

中の方を建物に向かって歩いて行く。

ここからの庭の眺めも素晴らしい。

石がちょうどよいところに配置されている。

こうしてみると櫓が高いなあw

脚の高さがよくわかる。

 

最後に

いやあ、なかなか堪能した。

やっぱりGWということもあってすごい人だ。でも一度は来てみる価値のある博物館であった。

色んなお茶も買えるし、お茶の歴史も勉強になるし、お茶と切っても切り離せない日本庭園も眺めることができて非常に素晴らしい。

 

新緑の季節漂うこの新茶シーズンにこそ来てみる価値のある博物館であると思った一日であった。

また来ようw

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク



LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

-TRAVEL, 静岡
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2018 All Rights Reserved.