ドキ!丸ごと!松本だらけの水大会1

2017年9月11日

  1. HOME >
  2. Travels >
  3. 長野 >

ドキ!丸ごと!松本だらけの水大会1

2017年9月11日

ドラねこ

ちわ!おいさんだよ。

キミは水の都を旅したことあるかい?

今回は水に関係したとこなのか?

まいける
リク

水がいっぱいってことは温泉とかもあるのかな?

ポポポ!

ポコたん
ドラねこ

うむ、温泉もあるけどどちらかというと城があるな。

城!?

水関係ねーじゃん!

まいける
ドラねこ

いやいや、そんなことはないよ。

なぜなら今回訪ねる土地が信州・松本だからじゃ!

一体どんな旅になったのか?詳細は下記をご覧いただこう!

 

「一人旅・前半戦」4日目

万治の石仏と信玄の秘湯・毒沢鉱泉を堪能したおいさんは、新たな新天地を求めてその日は松本の手前、村井駅の漫画喫茶で泊まることにしたのだった。

 

前回まではこちら

万治の石仏に始めて出会ったよ、という話(*´ω`*)

一人旅!
日帰りでもオーライ!万治の石仏と信玄の秘湯!

続きを見る

長野観光8 激突!松本探訪!

この日は本当に楽しかった。

 

今思い返すとその日は長野の旅でも最高の一日だったかもしれない。

朝早く起きて漫画喫茶を出ると(グズグズしていると延長料金取られるので)再び村井駅に向かって電車に飛び乗り、8時ごろには松本駅に着いてしまった。

 

松本駅

 

松本駅(まつもとえき)は、長野県松本市深志一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・アルピコ交通である。

JR東日本とアルピコ交通の共同使用駅で、JR東日本が駅を管轄している。JR東日本の篠ノ井線大糸線、アルピコ交通の上高地線が乗り入れている。JRの駅としての所属線は篠ノ井線であり、大糸線と上高地線は当駅を起点としている。

松本駅 - Wikipedia

 

ドラねこ

うわぁ…でっかいなぁ!(=´▽`=)ノ

その駅の大きさとやたら多い人の数に圧倒される。この街はすごく栄えていた。

松本ってよく知らなかったけど、こんなに都会なのか…

今日は松本を探検しようと思っていた。

それにしてもこの背中の大荷物ではわしの肩はつぶれてしまう。

なのでこのクソ重い荷物をコインロッカーに預けたいが、よく見てみたらコインロッカーは500円も取られる。格安貧乏旅行で500円取られるのはかなり痛い(;´Д`)

 

ここは我慢して荷物を預けず、カメラを首にぶら下げ重量を分散しつつ市内を散策することに決める。

外に出てみると、ここ松本はやっぱり大きな町並みだ。

(ひぇ~、デケェ。長野なんか温泉しかない田舎だと思ってたのに…負けた(;´∀`)

なにやら複雑な思いを胸に松本城に向かう、田舎者のワタシ。

 

水の町・松本

こんな風に歩いていると道々にやたら湧き水が出ている場所がある。

駅でもらった地図を見てみると町中に湧き水スポットがたくさんあるみたいだ。

これには最初驚いた。

なんせ松本は見た目、町並みは完全に都会なのに、街中のあちこちには綺麗な湧水があふれている。

普通、都会って言ったら汚い空気。汚くてゴミゴミした街並み。マズい水。ってイメージがあるはずなのにここにはそれがない

松本。不思議なところだ…(*´∀`*)

普通の都会でありがちな汚らしいモノがほとんどない街があるんなんて。

よーし、後で湧き水の飲み比べをしてみよう♪(=´▽`=)ノ

なんだかこの街を探検するのが楽しみになってきたw

道行く場所のいたるところにある湧き水を汲みつつ、まずは旧開智学校に向かった。

ナゼ松本城に向かいながらも小学校なんぞに向かうのかというと、その方が道順的に好都合だからw

それに小学校といってもこの旧開智学校は普通の小学校ではない。

明治9年(1876年)に建設された小学校校舎で、国の重要文化財。左右対称の校舎は、八角形の望楼を載せた擬洋風建築。               

(パンフレットより)

そんな有名なトコなら見ずにはおけまいと一応行ってみる(ヒマだなぁ…)

旧開智学校の手前には現開智学校が有り、子供たちが元気よく運動している。

あぁ……俺にもそんな時代があったなぁと思いつつ、進んでいくと旧校舎が見えた。

おお!あれか!!あれが開智学校か!ヽ(=´▽`=)ノ

 

旧開智学校

なるほど趣きのある建物である。

明治時代の西洋風建築物が、なかなかのオーラを醸し出している。真正面から見た門の図。カッコイイ!

ふ~ん、こんな歴史のある建物が近くにあるなんていいなぁ。近くには松本城もあるし(; ・`ω・´)

 

この松本に住んでいる人たちが羨ましい。こんな学校に登校できたらさぞ勉強が捗るだろうなぁ…w

脇を見ると別の西洋風建物がもう一つあった。これは図書館か何かかな?

これは当時の図書館かなにかなんだろう。写真をパシャパシャ撮って続いては松本城へ。

 

松本城内の公園

ドコが入り口なのかよくわからずその周りをグルグル回るわし。

松本城の周囲はその日、桜が満開だった。目の前にはそんな桜を狙うカメラマンがw

いつもより少し遅れ目の開花だったらしいが、この日はちょうど満開であったらしくラッキーだった。

道路にいきなり大きな木が目に入る。アレはなんだろう?

そう思ってあたりを見回すと神社がひとつポツンと建っていた。

社の前には水が湧き出し、ここでも湧き水が飲めるようだ。

手を洗い、喉を潤して境内に踏み込み参拝する。ぱんぱん!

良い旅が続けられますようにw(^_^;)

 

さぁ、参拝を済ましたら次は松本城の城内へ。

いざ、出陣じゃ!

 

松本城

城内はいたるところでサクラが満開である。

キレイだなぁ……

高遠城ではまだサクラは五分咲きだったけど、ここは本当に満開なんだ。

城内にはこんな遺跡の跡がwこれはなんなんだろう?

その先を進むと門が見えた。本来ならここから入ってくるのか。

 

わしは裏口から来てしまったみたいだw

この門の上は見はり櫓になっていて登れるらしいので行ってみる。

城内の見はり櫓には太鼓と大きな松本城のミニチュアが置いてあった。

素晴らしい桜並木のなか、城がある中心へと向かう。

城の周りには多くの人。桜目当ての観光客が押し寄せていた。

ここが松本城のベストショット。

それにしてもここ松本は外国人が多かった。特に中国人は一際目立つ。

後から聞いた話だが、ここや上高地は今では中国人に人気のスポットらしい。

知らんかった(;´∀`)

 

松本城本丸

門の券売所で入場料を払い中へと進む。

おお!これが松本城!

すごい、わしは今本物を目の前で観ている!!

見渡すかぎりの青空をバックにお城の写真をもう一つ。いざ、本丸へ。出陣じゃ!

すごいなぁ〜デカイなぁ〜(=´▽`=)ノ

下から見た松本城の風景。これだけも圧巻なお城だ。

せっかくだから城内ものぞいてみよう。

 

松本城天守閣

おおすごい。中は意外としっかり当時の木造だぞ。

名古屋城は鉄骨、小田原城は博物館、大阪城はデパートになってるのに…ここだけ大きな城が昔のまま残ってるとは余は感激じゃ!( ;∀;)

窓の外には満開のサクラが拝める。ここは最高の花見スポットだ。

城内の急斜面な階段を登ると、横には鎧・刀剣・着物・雑貨など様々な展示物がある。

幕末の頃の拳銃ですね。ここには色んなものが置いてあるなぁ…

窓からの光。なんとなく絵になるw

ここから見ると堀の水がすげぇ緑。でも向こう岸の花見客は楽しそう(;´∀`)

多くの人に揉まれながらやっと城内の最上階近くに到着。ここからはあとすこし。息を切らせながら天守閣に登る。

 素晴らしい景色が見たい!天守閣から松本の城下町を望む。しばらくぼおーっとしているといつの間にか周りは中国人だらけになっていた。

気づいたらさっきまでいた一緒に登ってきた日本人の姿は一人もいない。 下に降りようにも中国人観光客が邪魔をしてハシゴを降りれない

仕方なく中国人の中に紛れて階下に降りていく。しかしやたら中国語がうるさい。

それにしてもやはり観光客が多い。入った時より人がぞくぞくと増えている。

やっぱり桜目当てにやってきたのかな?

 

 

さーて、今日はもう一件、浅間温泉にでも行くか。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

イラストレーター。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログの管理人。漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

© 2020 ドラねこ