【千葉/伊豆・吉方旅行7】絶景にウットリ。伊豆熱川・高磯の湯と海色の大浴場。

2021年11月30日

  1. HOME >
  2. Travels >
  3. 静岡 >

【千葉/伊豆・吉方旅行7】絶景にウットリ。伊豆熱川・高磯の湯と海色の大浴場。

2021年11月30日

ドラねこ

ちわ!おいさんじゃ!キミは千葉は好きかい?

今回から千葉/伊豆・吉方旅行の【伊豆編】第1弾じゃ!

ようやくここから伊豆に行くんだな。

まいける

ドラねこ

そうじゃ。

ここまでの長い長い千葉での旅を終えて、わしは以前旅した熱海からさらに足を伸ばし、伊豆熱川を目指すことにしたのじゃ!

「あたがわ」ってどこにあるんでしゅか?

クロ

リク

ここから遠いの?

まあ、けっこう遠いよな。

前々回訪れた熱海よりもさらに南下するんだもんな。

まいける

ドラねこ

そうじゃ。

それでは!今回はそんな伊豆熱川を紹介していくぞ!

 

※この記事は2019年5月にドラねこが開運のために千葉と伊豆に4泊5日で行った吉方旅行の検証記事です。

実際に開運するかどうかは「西谷流開運術!3泊4日の吉方旅行で開運しよう!」もお読みの上でご自身でご検証ください。

 

前回まではこちら

御宿の月の沙漠で奇跡が起こったよ、という話(*´ω`*)

吉方旅行!
【千葉/伊豆・吉方旅行6】月の沙漠とサイフの奇跡!

続きを見る

温泉湧き出る伊豆熱川へ

さて、御宿の電車内で朗報を聞いた後、心が軽やかになりながら「スーパービュー踊り子」に乗って伊豆の奥地を目指す。

ドラねこ

東京から伊豆下田まで直通の電車があるなんて便利じゃ。

おお、あんだな。こんな列車が。

まいける
ドラねこ

でも一日一本。

しかも正午にしか出ないのじゃ。

しかも窓も広くて新幹線なんかよりもずっと快適。

浜松小田原の乗車券+スーパービュー踊り子号の指定席の券を買って車内に乗り込む。お値段はおよそ8000円ほど。

こんな快適な電車で伊豆の下田まで行けるってんだから驚きである。

車窓を眺めていると横浜のビルの風景がどんどん後ろに流れていく・・・

 っていうかもう横浜過ぎてんだw

あっという間に熱海を過ぎ、伊豆の熱川にやってきた。

ここは伊豆の「熱川バナナワニ園」が有名な観光名所である。

ドラねこ

わし、バナナは好きだけど、ワニはきらーい。

だからパス!

・・・おいおい。

まいける

なんともレトロな駅舎に見送られつつ、出口に向かう。

すると、階段を降りたところで警察署から電話がかかってきた。

どうやら列車の中で電話したおばあちゃんがわしのサイフをちゃんと警察に届けてくれたらしい。

 

その中身の確認のために警察がわざわざ電話をしてきてくれ、しっかりと本人確認ができたので着払いでサイフを送ってくれるらしい。

あとはそれを受け取ったら、同封されている書類に判子を押して返送すれば受け渡しは終了とのこと。

 

さすが警察。

こういうところは手慣れているw

電話口から深々と礼を言ってスマホを切る。

よかった。

これで心配事は解消した。

あとはゆっくりとこの伊豆熱川を観光すればいい。

外には熱海駅にもあった足湯が観光客を迎えてくれる。

 隣にはお湯をかけるタイプの恵比寿様が。

これにお湯をかけて願いをかけるらしい。よくあるアレである。

おサイフが返ってきたことを感謝の念を超めて、この恵比寿様にたくさんお湯をかけておいたw

ドラねこ

たあーっぷり、召し上がれ♡

現金なヤツだな!

まいける

ここらへんは至るところに温泉の煙が吹き出している煙突がいっぱいある温泉街といった雰囲気。

 この日は平日だってこともあるのか、通りのおみやげ物屋も閉まっていてなんとも活気がない。

 

 ・・・しまった。

来る日を間違えたか?これからどこいこう?

仕方ないので、ここ熱川の有名な共同浴場に行ってみることにしよう。

 

それにしてもこの日は暑い。

まるで真夏日のように日差しが照りつける。

 

高磯の湯

「高磯の湯」は熱川温泉の有名な共同浴場だ。

夏場はここは大きなプールになり、大勢の観光客が涼みに来るらしい。

目の前の大波を見ながら海水浴気分でプールを楽しめるみたいだw

それにしてもフェンス越しの海岸がこんなに素晴らしいとはw

この大海原を眼下に見下ろしながら温泉に入れるなんて、さっきまでいた御宿とは全然違う楽しみ方ができそうだ。 

高磯の湯の入湯料は600円。

熱海の外湯に比べて意外と安いのが特徴である。

 残念ながら高磯の湯は2021年8月31日で一旦営業を休止するとのこと。

コロナの関係かな?

まいける
ドラねこ

まったくもって残念じゃ!

こっちが男湯であっちが女湯。

もちろんわしは殿方の方に入ってお風呂を楽しむことにしよう。

こちらが高磯の湯の絶景の画である。

柵の向こうの遠くに見える海がすごいw

ドラねこ

おお!すごい!!

これを昨日の段階で望んでいたんだよなw

まいける
うひゃあ!伊豆の海の絶景を堪能するの図

 ここを一人で占領できるとは、まったくもって贅沢じゃ。

ホントだな。

まいける

ただこの温泉周りに日差しを遮るものがなく、ずっと入っていると陽の光の暑さでだいぶしんどくなってくるところが玉にキズである。

 しかし、この打ち寄せる波の凄さは圧巻の一言。

 ぜひここに来てみて体験してほしいのだが、残念ながら一時営業休止というのだから残念でならない。

はあ・・・暑い。

ずっと入っていると暑くて仕方ないので日陰に身を潜めて暑さをやり過ごす。 

それにしてもここは日差しが直に差し込むから暑いよねえ〜

この温泉の半分は屋根があるとよかったなあ。

 

流れる温泉 熱川ほっとぱぁーく

さて、いい気持ちだったのでまた道を沿岸部まで戻ってきた。

ここ「熱川ほっとぱぁーく」と呼ばれる「あそべる広場」には足湯があるという。

 せっかく来たんだからどんなもんか見てみよう。

とやってきたらさっそく足つぼマッサージの看板と何故か鯛を持った恵比寿像が。

脇には温泉が湧き出していた。

ここから温泉を汲んで飲泉してもいいらしい。

 一応足湯ができるらしいのでここに座って入ってみるも、温度がかなり暑いし、座っているアスファルトもかなり日差しで温められているので、2分でギブアップ。

仕方ないのでここらへんを散策することにして、少し時間をつぶす。

 

道灌の湯

道灌の湯という石碑を見つけた。

 ここ熱川の温泉の中でも最初に太田道灌によって見つけられたものらしい。

太田道灌って誰だよ?

まいける
ドラねこ

江戸城を築城した人物じゃ。

今見てみると、小さいながらもお湯もキレイで何より暑そうw

かつて太田道灌が狩りの際に猿が傷を癒やしていたのを見つけて発見したとされる「奇跡の湯」として知られる。

 そしてこの石像が太田道灌らしい。

となりの柄杓でお湯をかけることができるらしい。

そしてこちらがリアルな道灌さんの像。隣には手負いのお猿さんも一緒にいる。

ドラねこ

仲良しじゃな。

なかよしでしゅ

クロ

道灌像から坂道を登っていくとにゃんこが気持ちよさげに日向ぼっこしていた。

クロ

きもちよさそうでしゅ。

にゃんこだな。

お前たちの仲間だな。

まいける
ドラねこ

わしはにゃんこではない!

ホテルカターラ

しばらく歩くと次の目的地・ホテルカターラにやってきた。

ここにも日帰り浴場があるというので入ってみよう。

中に一歩入るとかなりリゾート風の高級な内装でびっくりするのだが、ここがホントに日帰り浴場なんて入れるのか?

ホテルにピアノまで備え付けられていて・・・

 なにやらトロピカルな花もわんさか飾られている。

場所間違えたんじゃねーの?

まいける
ドラねこ

…いや、そんなはずはない。

なんか高そーなところだぞ?大丈夫か?

まいける

 風呂は全部で1階・2階・3階と3種類も別れているみたいだけど、全部入ると3,500円くらいになるので、今回は真ん中の大浴場・野天風呂を目指そう。

 というわけで2階の「大浴場MANA」にたどり着く。

中に入るとまたまたビックリw

洗面台が異常に高級感がある。 

うおっ、なんだこりゃ?!

まいける

 どう考えてもわしには場違いな風呂に戸惑いながらも服を脱いで一応浴室に入ることにしよう。

ドラねこ

わし以外、客は誰もいねえ・・・

な、なんか入り口からして変なネオンが見えるんだが・・・

 入ってみてびっくりw

大浴場は小さな浴場が少し続いていて見ると奥には何やらやはり緑のネオンが輝いている。

 奥は長い浴槽があるんだけど、小さいのと比べて特に泉質等で違いはない。

そしてネオンの下には南国トロピカルを彷彿させる鮮やかな花が置いてある。

すげー、風呂だな。

まいける
ドラねこ

豪勢じゃ。

 で小さい浴槽の隣には外へと続く扉があり、そこをくぐるとこれまた小さな露天風呂が。

ここから伊豆の海が見通せる。

いやぁ・・・気持ちいいなあ!

ここは少し日陰もあるのでそこまで暑くないぞ。

ただ立ち上がらないと海が見えないというのが少し気になるところだが、まあ、海が見えるだけ良いとするか。

ドラねこ

いやー、気持ちよかったw

確かにいい風呂ではあったな。

・・・無駄に高級でw

まいける

さて、ぼやぼやしていると日が暮れてしまうので次の日帰り浴場を目指そう。

次はこの古臭い温泉街特有の雰囲気のある階段を登った先にある熱川プリンスホテルだ。

忙しいな。

まいける

熱川プリンスホテル

で、やってきたのがここ。

入ろうとすると外国人のボーイさんに呼び止められた。

ドラねこ

わしこんな扱いを受けたの初めてだよ。

おお、東南アジア系のお兄ちゃんが仕事しているもんな。

まいける

日帰り温泉に入りたいという旨を伝えるとなんとか通してもらえる。

・・・なんとなく格式張った高級ホテルな雰囲気がある場所である。

 入湯料は1000円と意外と安いw

でも払ったらとっとと入れる訳でなく、このように女将に大浴場まで案内してもらうというイタレリツクセリぶりw

階段の途中で見れるステンドグラスがまたキレイだ。

 大浴場の前ののぼりや灯籠もなんとなく雰囲気があって驚くw

風呂の中はこんなかんじ。

入った時はお客が他にも入っていたので写真は公式HPから引用して紹介することにしよう。

画像参考 : 熱川プリンスホテル 大浴場

こんなかんじの素敵な大浴場が5つほど楽しめる。

ドラねこ

その他にも檜風呂とかお茶風呂とかいろいろあって楽しめるぞ!

まあ、1000円でこの風呂の種類と景色を楽しめるんだったらお得だよなw

まいける

さて、気持ちよかったのでまた道を遠回りして駅のほうへ向かうことにしよう。

それにしてもよい風呂があるのに日帰りの観光客は少ないなあ・・・

 やっぱりわしみたいなヒマ人は少ないのかな?

 

お湯かけ弁財天

まだ宿のチェックインの時間には早いのだが、もう見るところがなくなった。

というわけで「お湯かけ弁財天」というところにやって来た。

なんでも尊像にお湯をかけて願い事をするとその願いが叶うと伝えられていいて、櫓の下にある宝池で銭を洗うと金運がアップという言い伝えもある。

ドラねこ

金運アップ?!

おいしゃんがものすごく「はんのう」してるでしゅ

クロ
まいける

また悪いクセが出たな。

ありったけのお湯をぶっかけて自分の繁栄を願掛けした。

 

銭洗いの池

その近くには大きな櫓(やぐら)がある。

その下でお金を洗うと金運が上がるのだとか。

ここが実際に櫓の下。

あっつあつのお湯がボゴボゴと溢れ出している。ものスゴイ光景だ。

ここに手を突っ込んだら大変なことになりそうだ。

ドラねこ

たぬきよ。ちょっと手を突っ込んでみるのじゃ。

ポポポッ!!

ポコたん
クロ

めっちゃいやがってるでしゅ。

このラーメンを湯切りするようなザルにポケットの小銭を入れてサイフに入れておくことにした。

ドラねこ

ふふふ……

これで金運アップじゃ。

なんかしんせんなエイゾウでしゅ。

クロ
まいける

おお、たしかにあんま見たことないな。

鎌倉とか行くと、銭洗いの池とかあるんだけどな。

温泉はなかなかないのじゃ。

ドラねこ

大きな櫓を下から覗いてみる。

なかなかあんまり見ることのない珍しい景色だ。

 

本日のお宿

さて、時間もいい時刻なので本日のお宿・伊東園ホテル熱川にやってきた。

ここは6000円くらいで本日の晩メシもバイキングがついてくるというので、喜んでここを選ぶことにしたw

 でも、さすがに安い料金だったために部屋はオーシャンビューではなく山側の道路に面した部屋。

 

 一人で泊まんのにベッドが無駄に2つあるというのが寂しいのだが、しかたない。

しかも扉が薄くて廊下を歩いている年輩夫婦の会話などが丸聞こえw

文句言うなよ。安い料金で泊まってるんだから。

まいける
クロ

しかたないでしゅ。やすいんだから。

ポポポ〜・・・

ポコたん
ドラねこ

ううむ……文句を言ってもしかたない。ガマンするか。

 

晩メシまでの間、少しだけゆっくりとすることにしよう。


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

このブログの管理人。 よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)。漫画・イラストを描いている。 人呼んで乱視の猛虎! もし記事を気に入っていただけたらサイトをブックマークもしくは、Twitterフォローよろ!

follow us in feedly