APPLE GADGET おすすめ家電

【快適すぎる!】ワイヤレスイヤホン「AirPods」を買ってみた!

更新日:

ドラねこ

ちわ、おいさんだよ(*´ω`*)

キミはランニングはするかい?

俺はたまにするよ。っていってもウォーキングだけど。

まいける
ドラねこ

オマエの場合、どちらかって言うと散歩に近いじゃないかな?

でもそんな人でも大丈夫。ウォーキングやランニングを快適にするアイテムを今回は紹介しよう!

ウォーキングを快適にするアイテム?

何だそれ?

まいける
ドラねこ

それが何を隠そうアップルのワイヤレスイヤホン「AirPods」なのじゃ!

これが快適すぎる!!

そんなにすごいんか?

ただのワイヤレスイヤホンだろ?

まいける
ドラねこ

「AirPods」はワイヤレスイヤホンではない!快適すぎるワイヤレスイヤホンなのじゃ!

詳しいことは後述するとして、今回はそんなアップル純正の「Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き」について語ってみるのじゃ!

 

前回まではこちら

iPhone7にピッタリのランニング用アームバンドとは!

ドラねこ 最近、新型iPhoneを買ったおいさんだよ。 キミはアームバンドって何を使っている? アームバンドってなにに使うの? リク ドラねこ アームバンドとはランニングの時にiPhoneを止めて使う ...

AirPods、iPhone7と相性バツグン!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MMEF2J/A アップル AirPods【楽天あんしん延長保証 加入可能商品】...
価格:19800円(税込、送料別) (2017/10/21時点)

わしは最近、iPhone7を買った。

iPhoneX発売前にiPhone7を手にいれて思うこと

(※この記事は2017/12/12に更新しました) こんな方におすすめ 「新しいiPhone8・iPhoneXがほしい!」 「最新のiPhoneが出た今、iPhone7を買うのってどうなの?」 &nb ...

そこで久しぶりにランニング中に音楽を聞いているとiPhone7に最初から付いているEarPodsが非常に使いづらい。

 

特にあのアームバンドを使っているとイヤホンジャックも入りにくく、長いコードも走っていると絡みついてきてうっとおしくて邪魔なのである。

先日Bluetooth対応スピーカーを買ったんだから、せっかくだから今回はBluetooth対応のイヤホンを買ってみようと色々選んで探して見たところ、結論としてはやっぱりアップル純正の「AirPods」が良さそうだと思ったので、アップルからAirPodsを購入してみることにしたよ!

 

iPhone7を手に入れたおかげでNIKE+が使えるようになった。

NIKE+はご存知のとおり走った距離を、万歩計よろしく記録しながら音楽を聞きつつワークアウトするアプリである。

音楽を聞くならそろそろ従来の有線のついているイヤホンではなく、Bluetoothを使ってワイヤレスを使ってみたい。そこで、わしはアップル純正の「AirPods」を買うことにした。

で、5日ほど待たされて例のブツはやってきた。

それでは例のごとくさっそく開封の儀を行っていこう!

 

開封の儀

ダンボールを開けるとAppleらしいシンプルなきれいな箱が収めれている。

中を開けるとこんなかんじ。これこそthe・Apple。

で中を開けると角を取られた小さな四角いケースが現れた。

持ってみると手によく馴染むのがよくわかる。

中を開けると、おお!こんなかんじで収められているのか!

持ってみると非常に軽い。

これならランニングでも使いやすそうだけど、途中でとれちゃったりはしないかな?

そしてiPhoneなどのデバイスとのペアリングはどうやるんだろう?

 

ペアリングは簡単!

恐る恐る箱からイヤホンを取り外し、耳に装着しながらiPhone開くと、「AirPods」から音が起動音のような音が聞こえた。

「ん?」と思ってiPhoneの「設定」から「Bluetooth」を開いてみると即座にこのような画面が現れた。

充電機能もある専用ケースに入った状態で蓋を開くと、iPhoneがAirPodsを認識し、画面をタップしたらペアリングができたw

 

しかも、この操作は初めの1回だけ。どうやらこれでペアリングは終了らしい。

たったこれだけでペアリングができてしまったようだ。

ポイント

イヤホンに内蔵されているApple W1チップがセンサーで装着を確認してペアリングをあっさり行う。

これなら面倒な設定もいらなくて非常に楽で素晴らしい作りだ!

バッテリーはイヤホンだけでなくケース自体にも搭載されているので、この中に収納すると15分で3時間は聞けるという。

イヤホン自体の電池は5時間ほど聞いていると切れてしまうが、ケースのバッテリーで大体24時間ほどもつんだそうだ。

 

実際に付けてみた

で、これが実際にわしが装着したときの様子。

耳に大変心地よくフィットして、動いても外れにくく、実際にこれを装着したままランニングしてみたがまったく落ちる様子はなかった。

 

音質的には聴き比べてみるとEarPodsと同じくらいというのが残念だが、それでもこのフィット感。

そしてイヤホンをタップすると停止や再生、Siriを呼び出せるなど設定で変更できるようである。

音切れなどはたまにランニング中に走る速度を急に早めると途切れることがあったが、普通に軽くジョグしている程度では切れることもなさそうである。

注意ポイント

難点を言えば、やはりこの耳からニョキッと出ている白い棒の部分がかっこ悪い。

これは「耳からうどん」と揶揄される状態だそうだ。なるほど、そう見えるw

ここにコードが付いていればそれなりに見栄えもするのだけど、

やはりここだけが伸びて下にたれているといささか馬鹿みたいに見えるからここらへんはマイナスである。

あとイヤホンをダブルタップするとSiriを呼び出して「音量を大きくして」などと語りかけるのも恥ずかしいw

でもそれ以外では、これ一つあればランニング中でも図書館などでも静かに音楽を聞けて、おまけに外の音もそこまでシャットアウトすることもないので安心して周りに注意を払いながら音楽を楽しむ事はできる。

 

ノイズリダクション機能がほとんどついてないので周りの音を遮断する事はできないが、電車などを待っているときなどは逆に使えそうだw

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

-APPLE, GADGET, おすすめ家電
-,

Copyright© 吾輩はトラである , 2018 All Rights Reserved.