便利ツール 買ってよかった・おすすめ家電

iPhone7にピッタリのランニング用アームバンドとは!

投稿日:

最近、新型iPhoneを買ったおいさんです。

といっても買ったのは一世代前のiPhone7ですが^^;

 

わしはランニングをしているので、

Nike+というアプリを使ってランニングの記録を取りたかった。

前はiPodの中に内蔵されているNike+で記録をしていたのだが、そのiPodが壊れ、iPhoneも契約を切られて以来。ずっと使えずにいた。

そんな折にスマホを新しくしたので、iPhone7を手に入れたので念願のNike+を使ってランニングの記録を取りたい。

だが、それにしてもiPhone7をそのままズボンのポケットに入れて走るわけにもいかないので、今回ランニング用のアームバンドを買ってみた。

 

そこで今回はそんなアームバンドについてレビューしてみるよ(*´ω`*)

初アームバンドに満足

iPhone4を持っていたころからなんとなく憧れていたアームバンド。

今回新しくiPhone7を購入したことによって、始めてアームバンドを購入してみた。

購入したのは「CRONA ランニング アームバンド」

防水性に優れ、裏面に鍵やカードを収納できるということでこちらを選んでみた。

それではさっそく品物を開けてみよう。

 

開封の儀

見た目はオシャレな箱である。

聞いたことのないメーカーだけど、なんとなく見た目は信頼できそうだ。

中から取り出すとこんな感じでコンパクトにたたまれてアームバンドが入っている。

横に広げて触って見た感じ、表面はサラサラしている素材でできているので、これなら確かに汗に濡れても平気そう。

横に広げて見た感じ。

MagicMouseと比べるとその大きさがどれくらいかほぼ分かるだろう。

 

裏面

裏面もつるつるで汗を防ぐような作りになっているので、長年使っていると臭くなることもなさそうである。

スマホを入れる部分は、このようにマジックテープで中に入れられるようになっていて、灰色の切り口部分にはカードを収納することができる。

 

実際にiPhone7を入れてみた

iPhone7を入れてみるとこんな感じ。

アーム調整の穴の真ん中に裏面と同じく斜めになった灰色の切り口が見えるが、ここにカギを収納するようだ。

以前、わしが一人暮らしをしていた頃は、家のカギは失くさないようにわざわざファイテンのチョーカーにつけてランニングしていたことがあったが、この収納スペースは便利である。

 

腕につけてみた

腕につけるとこんな感じ。

わしの腕はそんなに細くないけどアーム調整用の穴が2つあるので、腕が太い人でも楽々止めることができる。

ただこのバンドの中にスマホを入れてしまうと、ホームボタンが指紋認証されなくなるので、開くのにいちいち暗証番号をいれるようになってしまうのがいささか面倒である。

スマホ画面のタッチパネルには反応するので、画面をスワイプしてアプリをいじることは可能だ。

だが面倒な人はSiriなどの音声認識アプリを使ったほうが楽かもしれない。

 

実際につけて走ってみた

で、実際につけて走ってみると、便利そうなこのアームバンドにも一つ欠点があることがわかる。

それは音楽を聞くためにイヤホンとスマホをつなぐ時、アームバンドの下に開いている薄い切り込み部分にイヤホンジャックを通すのが面倒であるという点だ。

穴が小さいというか、

薄いのでiPhone7独特のあのEarPodsのライトニングケーブルの端子が非常に入りづらい!

ここさえもっとスルッと入ってくれるようになると便利なんだけど、いかんせん薄いから入れても何度も押し戻ってくる。

この手間が早く走りに行きたいわしにとってイラッとくる一瞬なのである。

 

だがそれ以外は、普通に使っていても特に問題ないので安心してランニングに集中することはできる。

袋の部分下に空いているイヤホンジャックの穴は下だけなので、上はしっかり防水で雨が降った時にも守ってくれるだろう。なので土砂降りの雨の中で走らなければ普通に使えるアームバンドといえる。

 

というわけで、

このアームバンドを使ってこの秋は、スポーツの秋として頑張ってみたいと思う。

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-便利ツール, 買ってよかった・おすすめ家電
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.