洋楽 音楽

【傑作】BECK「Colors」が最高な件について

更新日:

「待ちに待ったBECKの新譜がやってきた!」

「これはBECKの新作の中で最高傑作や!」

「しかも新譜と共に日本にやってくるよ!」

 

この記事は、そんなBECK大好きな人間に送る、BECKの新譜「Colors」について語る記事だよ。

 

ドラねこ

こんちわ!おいさんです。キミは洋楽は好きかい?

わしはBECKが大好きだい!

このブログでも度々取り上げるBECKが10月に来日ということで、その前に先日発売されたBECKの新譜「Colors」を手に入れました。

 

そこで今回はそんなBECKの新譜について思いっきり語ってみるよ(*´ω`*)

BECK「Colors」が傑作すぎて

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 BECK ベック / Colors 【CD】
価格:2689円(税込、送料無料) (2017/10/18時点)

とうとうやってくれたという感じだった。

10月に急遽新作アルバム発売&来日と聞いて「え?!(;´∀`)」となったわしだったが、さっそくAmazonで予約して、アルバムが届くのを「まだかまだか」と待ちわびていたのだ。

そして先日、ようやくわしの手元にアルバムがやってきた。

最近はめっきりCDなんて買わなくなってしまったわしだけど、自分が「これぞ!」と決めたお気に入りのアーティストはすべてCDを揃えたいと思っているので、今回のBECKも絶対に手に入れようと購入したのだ。

それではさっそく開封の儀をしてみよう。

 

開封の儀

どーん!

おお!紙ジャケだ。

これはひょっとしてBECKのCDで初めての紙ジャケじゃないか?

裏はこんなかんじ。

今回買ったのは日本語訳付きのものだったがそれでもお値段リーズナブルで2600円ほどで購入できた。

いつぞやのコールドプレイの「ゴースト・ストーリーズ」を5000円で購入したのに比べれば遥かに良心的である。

 

じっくり拝聴してみて

結論を言うと今作のアルバムは「買い」である。

前作「Morning Phase」はグラミー賞を獲得したにも関わらず、個人的には「シー・チェンジ」の焼き直しみたいな内容に、少し肩透かしを食らった感じだっただけに、今作は一聴してすくに気にいってしまた。

本人もグラミー受賞で、それまで書き溜めていた曲の大半は捨てたというだけあって、今作の力の入れ具合はそうとうなものである。

正直わしはEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)系は好きじゃない。

だがこのBECKの曲を聞いて、今のこのEDM全盛の時代に、BECKの才能はもってこいなんだなという印象を受けた。

今回のアルバムにはEDM系という言葉がピッタリで、圧倒的にダンスナンバーが多い。

わしはBECKの過去のアルバムの中でも「Midnight Vultures」などのダンスアルバムが大好きだから、今作も「Midnight Vultures」に続く素晴らしいダンスアルバムが出来たと思い、「これぞBECKの本領発揮だな」というかんじで非常に好感を持って受け止めた。

「Wow」などの珍妙(失礼)なアレンジなんかも本当にツボで、

聞いているとこのちょっとニューエイジかかった電波系ソングがなんともBECKらしくってクセになりそうである。こうしたものは「オディレイ」の中の「The New Pollution」を彷彿とさせて、非常にBECKらしいBECKワールドを展開している。たまらないw

「ドゥンドゥンドゥンドゥンドゥン、ドゥンドドゥドゥン(パラララララ♪)」

それにしても今作のBECKのアレンジはうまい。

EDMってなんとなくドゥンドゥンしていてすべておんなじような曲に聞こえるけど、この「Colors」に収められている曲はどれもすべての曲に「BECKらしさ」がにじみ出ている。

 

もともとBECKの作風スタイルは環境音や様々な楽器などを現代アート風にミックスして、ベースにはファンクや民族音楽などのような普遍的な音楽を現代風にアレンジする、というような方針を取ってきた。

今作はそんな過去の民族音楽風の曲調は姿を消したが、見事なダンスナンバーが数多く揃っていて、聞いていてまったく飽きることはない。

 

おまけに曲数が10曲というのもちょうどいい。

というのもこういったEDM系は曲調がどれも同じだからあんまりおんなじような曲が続くと飽きてしまう。

 

そうしたところをうまくかいくぐって見事なバランスで編み出されている本作は、これまでのアップテンポなアルバムの最高傑作ではないだろうか?

 

最近、嫌なことが続いていたのでこうした曲を聞いているとアップテンポな曲が、沈みがちな心を非常に励ましてくれる。

 

「EDMなんか興味ねぇ」という方には、

ぜひこのBECKワールド前回の「Colors」を試してもらいたい。

 

朝から気分が上がること間違いない(*´ω`*)

 

保存保存

保存保存保存保存保存保存

保存保存


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-洋楽, 音楽
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.