GADGET ツール・フッション

自炊にもぴったりな裁断機。コンパクトに収納できるカール事務器の裁断機はここがすごい!

更新日:

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

キミは最高に使い勝手の良い裁断機を知ってるかね?

お前んトコはやたら雑誌や漫画がごちゃごちゃしてるからな。

しかも本棚も小さいし。それで裁断機でどうするんだ?

まいける
リク

おいさんの本棚はたくさんのご本が並べられてるよね。

ポポポ!

ポコたん
クロ

そこでいつも漫画をごぞごそ取り出しては読んでるでしゅ。

たしかにな。

本が溢れてて邪魔でしょうがねえんだよ。

まいける
ドラねこ

当たり前じゃ。仕事なんだからしょうがないだろう。

しかしそのわしも、この頃小さな本棚にむかし買った雑誌とか漫画とかがやたら散乱していてほとほと困っていたのじゃ。

そこでわしは決心した。思い切って自炊をしてみることにしたぞ!

ほーう。

まいける
リク

ご飯を作るの?

なんで本棚を整理するのにご飯を炊かなくちゃいけないんでしゅか?

クロ
ドラねこ

ちがうちがう!

「自炊」とは自分の持っている本をスキャナーで電子書籍にすることじゃ。

そこでまずこんな裁断機を用意してみたのじゃ。

ふーん、それで切るわけね。

まいける
ドラねこ

そう!

今回はそんな自炊に便利な「カール事務器 裁断機 ペーパーカッター スリム A4対応 50枚裁断 DC-F5100を紹介するのじゃ!

 

前回まではこちら

LAKOLEのマグカップがオシャレだった件

ドラねこ こんちわ、おいさんだよ。 君はお気に入りのマグカップはあるか? まあ、そりゃ誰でもあるだろう。 まいける リク うわあ!このマグカップかわいいよ! ポポポ! ポコたん クロ ホントでしゅ! ...

はじめての裁断機入門

iPadを手に入れてから、ずっと自炊がしたくて仕方なかった。

 

ネットでそのためのスキャナーと裁断機を探していたのだが、カール事務器の「ディスクカッター」が優秀であるということは前から知っていた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カール事務器 裁断機 ペーパーカッター スリム A4対応 50枚裁断 DC-F5100
価格:12822円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)

しかし最近はそんな「ディスクカッター」シリーズにコンパクトに畳める軽量サイズの「ペーパーカッター スリム DC-F5100」が出ていることを知り、今回はそちらを買ってみることにした。

 

 

さて、では実際にどんなものか開封して使ってみよう!

 

開封の儀

箱を開けると小さくたたまれた裁断機が姿をあらわす。

よく見ると替刃が後ろについていて、切れなくなったらコレを使えということらしい。

こういうものもついているというところがなかなか安心である。

 

正面

改めて正面から見ていこう。

折りたたんだ紙乗せ部分を開いてみると、このように紙のサイズが書かれている。

この部分に乗せて裁断していけば画用紙などを裁断する際にも間違うこともなく使うことができる。

裁断機はナニも自炊するものだけが使うわけではない。いろんな人がこの「ペーパーカッター スリム」を使うからこうした設計は安心である。

刃はこんな丸みを帯びたカッター状。

裁断機って言ったらナタみたいな刃がついていると思いきや、この裁断機は「ディスクカッター」なので丸いというわけだ。

 

マグネット付き

こちらは紙が動かないためのマグネット。けっこうがっちりくっつく。

固定レバー。

切る時はこのレバーをおろしてがっちりと固定させてから切る。

レバーを下ろすとこんなふうにしっかりと上下で紙などを挟んで横ずれを防止してくれる。

でも気になったんだけど、この緑色の部分はなんなんだろう?

 

実際に切ってみた

そこで実際に雑誌を切ってみることにした。

まずは雑誌の真ん中にある止められたホッチキス部分を剥がしていこう。

このようにカッターを使ってもいいし、ペンチ等があるとすごく楽である。

表替えしてグイッと抜いていこう。

するとこのようにキレイに抜ける。そして今度はこの雑誌を裁断機に挟んでいく。

なるほど。挟んでみてよくわかった。

ポイント

この蛍光色の緑の部分は雑誌を抑えるのに使うようだ。

真ん中がゆるく出っ張っているので裁断しても上下に動くことがない。

雑誌が上下のカッターの動きにブレないようにこの形状になっているようである。

しかも蛍光グリーンなので目立つしわかりやすい。

これは便利だ。このためにこのカバーが取り付けられてるんだね。よく考えられている。

実際にこのようにスパッと切れた。

あとはこれを何度か繰り返せば雑誌なら1分ほどできることができる。

 

このあと30冊くらいいろんな雑誌を切りまくったが、

ズレることなくしっかり固定して切りたい部分をしっかり切ることができた。

 

ブレずにしっかり切れる裁断機。これはおすすめである!

そしてこの「DC-F5100」の最大の魅力は、このように畳んでしまうと隅にコンパクトに置いて置くこともできる。

 

裁断機というとどうしても大型なものになってしまい、

使っていないときは家のスペースをとって邪魔になりがちだが、

この「DC-F5100」は省スペースでコンパクトに収納できるから便利なのである!

 

これなら自炊ビギナーでも難なく使える!

 

注意ポイント

難点を上げるとするならば、ディスクカッターなのでナタのような裁断機で厚みのある本は一気に切ることができないという点だ。

例えば漫画などを自炊する際に背表紙を一気に切り落としてスキャンするという芸当はこの裁断機では無理である。

 

しかし家に溜まった雑誌やいつ読み返すかわからない雑誌・漫画なども、「DC-F5100」ならスペースを気にせずどんどん自炊していけるだろう。

 

気がついてみたら家中の本がなくなっていた

……なんてことにキミの本棚はなっているかもしれないwww

 

もちろん普通に事務用品としても活用することができるから、オフィスに置いて活用しても非常に便利だろう。

 

 

間違いなく買って損はない、

裁断機ビギナーにおすすめの初心者入門モデルである!

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

おいさん

いつか日の目を浴びて世間で大活躍することを夢見るグラフィックデザイナー。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログでは管理人兼、漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

-GADGET, ツール・フッション
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2019 All Rights Reserved.