GADGET おすすめ家電

驚きの低価格!ネットユーザーはテレビを捨てて「スマートTV」を買うべし!

投稿日:

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

君は4Kテレビは手に入れたか?

4Kテレビぃ?

あっ!お家に大きなテレビがあるよ!

リク
ポコたん

ポポポ!

ホントでしゅ!

これ一体どうしたんでしゅか?

クロ
ドラねこ

ふふふのふ。

買ったのじゃ。

また無駄遣いを・・・・・・

まいける
ドラねこ

無駄遣いではない!このTVは実に優秀なソニーの4KTVなのじゃ!

でも4Kなら高いんだろう?

一体いくらしたんだ?20万か?40万か?バカでかい買い物だぜ?

まいける
ドラねこ

ふふふ・・・それがそうでもないのじゃ。

4Kテレビといっても今回紹介するテレビはテレビというより超大画面のスマホw

一家に一大大きなスマホがあると思えばいいのじゃ。

そんなスマートTVの驚きの値段は後で後述するとして、今回はそんな「SONY BRAVIA X9000F KJ-49X9000F 49.0インチ」をご紹介するのじゃ!

驚きの画質でしたw

家のTVが地上波デジタルで買い替えたのからもうすぐ10年になる。

 

わしは普段はTVを見ない。

朝起きて下に行くとオカンがTVをつけていて朝のニュースを見かけるくらいで、ほとんど自分の中でオワコン化している。

 

家のTVは地上波デジタルに切り替わる最後の年にうちの兄が買ったもので、画質的には全く問題はない。

だが、TVをもう見ないわしにとってネットが見れないTVというのは結構ツラいw

せっかく話題の4Kテレビが中国勢の台頭でかなり安くなっているこの時期、せっかくだから買い替えてみるのもいいだろうと思っていた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー SONY KJ-49X9000F 液晶テレビ BRAVIA(ブラビア) ...
価格:156470円(税込、送料無料) (2019/1/27時点)

楽天で購入

そこでポチポチと年末から情報を集めて年末年始の商戦を機に新しいTVを買い替えようと狙っていたところ、ようやくこのTVを手に入れた。

 

それがソニーの「X9000F KJ-49X9000F 49.0インチ

価格は実勢価格は15万ほどだったのだが、価格ドットコムでは13万くらい。

それが某家電量販店では値切って12万3000円で買うことができた!

 

マジかよ!

一応4Kだよ!れっきとしたBRAVIAだよ!?

今やiPhoneXRが17万とかで売られている時代だよ?

 

それがこんな大画面で4Kが見られるTVがたかだか15万以下で買えるなんてw

しかもそれが実質12万円だという。

 

そこまでしないと今やTVが売れない時代とは……日本の経済の沈下具合が透けてみえる。

 

最近は家電量販店もアマゾンに負けじと価格調査をしていて、値切ればあっさりネット通販並みに安くしてくれるので、一昔前みたいに「アマゾン最強!」という認識はもう薄れつつある。

 

それでは実際どんなものかしっかりとレビューしてみよう。

 

開封の儀

まずこのTVの強調しておきたいところはAndroidTV搭載のネットに特化したTVであるという点である。

もう今では地上波のTVをほとんど見ないという人が多い中、このTVはどちらかと言うとネットユーザー向けの機能が満載。

チャンネルを見てみればそれは一目瞭然。

ポイント

チャンネル上部には「Hulu」「Netflix」「abemaTV」や「YouTube」のボタンが地上波・BS・CSの以上にデカデカと配置されている。

コレを見るだけで今の地上波のTVがもうユーザーだけでなくメーカーにもオワコン化されつつある媒体であることが透けてみえるようなチャンネル配置なのである。

 

その分ネットユーザーには様々なコンテンツを4K画質でしかも大画面でみたいという欲求をしっかりと叶えてくれるような作りになっている。

サブスクリプション全盛の時代だからこそメーカーもこのようなユーザーの要望に答えるようなスマートTVを主力に売り出してきているのだろう。

 

使い方も簡単で設置してから電源を入れてしばらくするとPCのように立ち上がる。

Android搭載なので少し動作が遅いような気がするが、立ち上がったらまずはルーターの暗証番号を入力してネットに繋ぎ、普段遣いのGoogleのアカウントでログインすれば、もうすぐに使用可能なお手軽さである。

 

ここらへんは驚くほど簡単であったw

実際にTVを見てみるとこんな感じ。

画像エンジンやバックライトの使い方などは他メーカーを頭一つ抜けてでいる印象がある。

以前のソニーのTVが色が濃い印象だったのに比べ、こちらは色味は抑えられているものの、ノイズを抑えて暗部をくっきりキレイに描写しているし、細かな繊維の質感などもしっかりと描写している。地デジも人肌クッキリ、立体感も申し分ない。

 

49インチの4Kテレビが12万円で買える!しかもメーカーは国産のソニー!

これほどまでにお買い得なスマートTVは「KJ-49X9000F」を置いて他にないだろう。

 

ただしこのスマートTVの注意点が一つだけ、

注意

4Kチューナーは非搭載なので4K放送をこのTVで観たいという方は別途購入する必要があるという点を強調しておきたい。

 

これから4K放送が試験期間を終えて始まるっていうのに未搭載?と思う方もいるかもしれないが、ぶっちゃけどれだけの人が下らない地上波を4Kでみたいというのだろう?

4K放送が始まるといっても、どこまで普及するか現時点では謎だし、次は8Kが来るとか完全に視聴者を置いてけぼりにしていきそうな放送業界の都合に合わせる必要はまったくない。

 

なのでそんなもん見たくないけど、

ネットは観たいという方はこのTVは買いであるといえよう。

 

スマートフォンのようにアプリを追加可能

前述したようにこの「KJ-49X9000F」はAndroid搭載のスマートTVである。

なので必要なアプリをガンガン拡張してスマートフォンのように自分だけのTVに拡張可能なのである。

ただし注意点が、

注意

この「KJ-49X9000F」にはアプリが「ソニーセレクト」と「Googleストア」の二種類ある。

リモコンのボタンにはないアマゾンの「プライム・ビデオ」を見ようと「ソニーセレクト」側でアプリを探してみるも見当たらない。

インストールしてないのかと調べてみると「プライム・ビデオ」は工場出荷時からインストール済みだという。

しかしどこを探しても「プライム・ビデオ」のアプリは見つからない。

おかしいな?と思って色々悩んだ挙げ句、リモコンの「ホーム」ボタンを押したら「Googleストア」が画面下に表示され、そこから無事「プライム・ビデオ」を見つけ出し、動画を視聴することができた。

このようにこのTVはアプリが入っている場所が二種類あるという、やや複雑な状態になっている。

ここらへんが少しユーザー目線で言えば使いづらい点ではあるが、欲しいアプリが見つからず、めんどうではある。

しかしその場合は慌てずリモコンの「ホーム」ボタンを押して「Googleストア」からアプリを探してみよう。

実際わしはこの方法で無事「Spotify」をインストールすることができたw

なぜこのような複雑な作りになっているのかよくわからないが、

多分ソニーもGoogleもアプリで利益を得たいが為にお互い譲らず、アプリのプラットフォームを統一させなかったのだろう。

 

ココらへんを統一してMacのiOSのようにすべてのアプリを同じプラットフォームで操作できればユーザビリティがまた一つ上りそうなのだが、初めからそういうもんだと思えば気にならずに使用することもできよう。

 

プライム・ビデオもしっかり見れる!

色々複雑な部分はあるものの「プライム・ビデオ」はしっかりと視聴可能。

4Kでの動画視聴なら「Netflix」や「プライム・ビデオ」もこの「KJ-49X9000F」なら大画面で楽しむことができる。

しかし、そんな画質の優れた動画を視聴していたら家のルーター通信速度が著しく落ちてしまい、PCやスマホなど他のデバイスの使用感を圧迫するのではないだろうか?

ちなみにうちは2年前にルーターをバッファロー製の「WSR-2533DHP-CG」に買い替えた。

WSR-2533DHP」はアンテナ数も4本と多く、5GHz帯と2.4GHz帯の強力な電波を通信速度1733Mbpsと800Mbpsとかなり強い電波を飛ばすことができるルーターである。

最高速度1733Mbps!バッファロー製無線LANがメッチャ速すぎた件!

こんな方におすすめ 「ネットの回線を不安定」 「そろそろウチの無線LANが遅くなってきた」 「でもたくさんあるメーカーの中でどの無線LANを選べばいいかわからない」   この記事はそんな無線 ...

続きを見る

なので下の階でガンガンにYouTubeやプライム・ビデオなどを見ていても、二階ではまったく問題なくスマホや5KiMacでネットを使うことが出来る。

もちろん、上と下同時にそれぞれサブスクの4K画質で動画を視聴することも可能だ。

少し心配な方は合わせてアンテナの本数の多い無線ルーターかトライバンド使用のルーターを買うことをおすすめする。

そうすれば通信速度を圧迫することなく、

下の階ではお母さんがスマートTVで海外ドラマを見て、

お父さんは自室のPCで動画を視聴し、姉は自室でスマホで音楽を聞きながら勉強し、弟はタブレットでアニメを見るなんてことも家族が別々に色んなデバイスを使ってそれぞれが好きなコンテンツを楽しむことができるだろう。

 

まとめ

というわけでいかがだっただろう。

ココがおすすめ

今回紹介した「KJ-49X9000F」は

  • リモコンに搭載されたアプリから「Hulu」などの動画視聴が簡単。
  • 4K画質も12万円と驚きの低価格ながらも素晴らしい画質。
  • Googleアシストなどの音声認識がリモコン内蔵なのでコンテンツの検索も便利。
  • 番組表の録画予約よりもYouTubeの検索結果が優先されるので地上波よりも完全にネット配信メイン

など、もうTVを見ないという人にも嬉しい機能が満載である。

 

テレビを見ない。

だけどスマホやタブレットの小さな画面にかじりついてYouTubeや映画を見るのはイヤ。

なるべくなら大画面で映画や動画を高画質かつ低価格で楽しみたい!という方にはおすすめの巨大スマホだろうw

 

そう、しいて言うならばドでかいスマホが家にあると思えば、今やオワコン化しつつあるTVをまた楽しく使えるのではないだろうか?

つまらない地上波なんかオマケ程度に見れば良い。

 

なので買って損はない素晴らしいTVデバイスであるとわしは思うのだった。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

-GADGET, おすすめ家電
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2019 All Rights Reserved.