失敗しないフードプロセッサー選びはパナソニック一択な理由

2017年12月13日

  1. HOME >
  2. モノ・Gadget >
  3. おすすめ家電 >

失敗しないフードプロセッサー選びはパナソニック一択な理由

2017年12月13日

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

キミはこの冬、もう鍋が食べたかい?

今年はまだ食べてねぇな。

オレはシンプルにポン酢と大根おろしで食べる常夜鍋が好きなんだけど、大根おろしっていちいち削るのめんどくせぇんだよな。

まいける
ポコたん

ポポポ!

うわーい!ボクお鍋大好きぃ!

リク
ドラねこ

そんなお前に朗報だ!

実はその大根おろしがカンタンにできるフードプロセッサーがあるんだよ!

フードプロセッサー?

まいける
ポコたん

ポポポ!

フードプロセッサーってなぁに?

リク
ドラねこ

そこで今回はわしが買った一押しフードプロセッサーについて語ってみよう!

 

前回まではこちら

手の疲れを「手軽」に癒やす。ハンドリフレがすごい!

こんな方におすすめ 家事のし過ぎで手が腱鞘炎になってツライ ...

パナソニックのフードプロセッサーが良いんですw

実を言うと、フードプロセッサーは持っていた。

 

おかんが買ってきたそのフードプロセッサーはメーカーは「山善」だった。

しかしそれが、買って一年も絶たずに壊れてしまったのだ。

そうなると鍋の時期には家の中で大根おろしをする係が必然的に力が余っているわしがする羽目になる。

 

それがうっとおしかったので、

今回新しいフードプロセッサーを買うことにした。それがこちら

 

ネットで調べてみると、フードプロセッサー自体は今や目新しいものではなく、どのメーカーもそれほど性能に大差はなかった。

おまけに技術的には進化はしていないようで、Amazonなどでは長らくパナソニックの「フードプロセッサー MK-K48P-W」がベストセラーに輝いていた。

 

多くのレビューもついていることだし、他に手頃なお値段で手に入るものもなさそうだから、「MK-K48P-W」を買うことにした。

この「パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W」、何がすごいって発売されたのは2007年なんだという。だから今年で10年になるんだって。

発売されて10年も経つのに未だにAmazonでベストセラーを保っているというのは、ある意味完成された商品なのだろう、迷わず購入を決意した。

 

開封の儀

さっそく中を開けてみよう。

するとこのように細々とした付属品が顔をだした。

まずはブレード。これで大根おろしや山芋をすりおろしたりする。

続いてブラシ。

中に付着した汚れやカスなどを掻き出すのに使う。

反対側はヘラでこちらは擦った中身を取り出すのに使う。

説明書。

中を開いてみると、しっかりと取り付け方や…

このフードプロセッサーで何ができるのかの案内と、

作り方などのレシピが載っている。

で、肝心のこちらが本体。

これに重たいガラス製の容器とフタを乗せる。

 

さっそく使ってみた

電源をセットして中身を開け、ブレードを底まで装着する。

続いて細く切った大根を入れていこう。

こんな感じで材料をセットする。

で、使い方はカンタン。

フタを閉めて本体横の出っ張りをフタごと押し込めば……

ウイーンと豪快な音と共に大根が削られていく。

こんな感じで削られた大根はそのまま下にたまっていってくれるのだ。

あとはヘラで底にたまった大根おろしを掻き出すだけ。

じゃ~ん!

これで手軽にカンタン大根おろしが出来たのだった!

 

これだけでは寂しいので、次回はこの他にも新たな家電を使って鍋をしてみようと思う。

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

イラストレーター。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログの管理人。漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

-おすすめ家電
-,

Copyright© 吾輩はトラである , 2019 All Rights Reserved.