自宅でカンタン♪焼きイモ器で焼きイモを作ってみた!

2018年12月2日

  1. HOME >
  2. Gadgets >

自宅でカンタン♪焼きイモ器で焼きイモを作ってみた!

2018年12月2日

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ。

キミは焼きイモは好きかい?

この間やったばっかだろ?

まいける
ギミック満載!新築の家と焼き芋を楽しむのじゃ!

続きを見る

リク

お外で焼きイモ美味しかったぁ!

ポポポー!

ポコたん
クロ

焚き火には焼きイモでしゅ!

焚き火でする焼きイモは別格だったよなあ。

まいける
ドラねこ

ふふふ……甘いな、まいけるよ。

焼きイモは何も外でやったり、焼きイモ屋で買うだけのものではないぞ!

はあ?

焼きイモったら外で焚き火でもしなきゃできねーだろう!

まいける
ドラねこ

それがそうでもないのじゃ!

今回わしが買った焼き芋器は自宅のストーブなどでカンタンに焼き芋ができるのじゃ!

それが今回紹介する「ホーロー 石焼いも器」!以下に早速レビューしていこう!

 

前回まではこちら

アイリスオーヤマの格安LEDシーリングライト買ってみた!(*´ω`*)

レビュー!
アイリスオーヤマとドウシシャの格安LEDシーリングライト2つ比べてみた。

続きを見る

自宅でカンタンに焼ける焼きイモセット!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【日本製】 ホーロー 石 焼いも器 24cm HA-IY24N IH...
価格:3340円(税込、送料無料) (2018/12/2時点)

楽天で購入

焼きイモの漫画を描いていたら、久しぶりに本気で焼きイモが食べたくなった。

 

焼きイモ機を探すもプロの焼きイモ屋が使うような機械は10万を超える高級な機械であることが判明。

 

いや、さすがにイモでそんなに出せないでしょ?

と他に探してみると電気でできるコンパクトなものも存在するという。

[amazonjs asin="B0758B1W72" locale="JP" title="ドウシシャ 焼き芋メーカー ホットプレート 温度調節機能 付き 平面プレート 付き SOLUNA WFS-100"]

 

しかしこれだと焼き上がりもイマイチで味もあんまりよくないらしい。

せっかくなら自宅でも本当に美味しい焼きイモが食べたい!

そこで見つけてきたのがこのホーロー製焼きイモ器。

 

値段も手頃だし、さっそく買って使ってみよう!

 

開封の儀

さっそくブツが届いたので検証していこう。

中を開けると出てきたのはこのような石焼きイモ器。見た目なんともシブい……

ガスコンロでもIHでも使えるって書いてあるから自宅でカンタンに作れるらしいが、見た目は安物のペラペラの中華鍋w

横からみるとこのように黒いシンプルなホーロー製なのがよくわかろう。

中にはこのように、河原で落ちてるような石がたくさん入っていた。

石が入っているのは知ってたけど、もう少し大きいものが入っていると思っていたけど、以外に小さかった。

ちゃんと注意書きに書いてあるので焼く前に洗って使うことにしよう。

フタの表側。ピカピカつるつるしていてかっこいい。

裏面はやはりシンプルですごくカンタンな作りだw

こちらは石をいれて使う下皿。なんかすき焼きの鍋みたいw

まあ使えないことはないけど、案外鍋にも流用できるよねw

 

ではさっそくこれらを使っておいしい石焼きイモを作ってみよう!

 

下ごしらえ 石をあらう

袋に入っている石を台所で勢いよく水を出して洗おう。

シャカシャカシャカシャカ……とりあえず石についた汚れを落としていく。

で、なるべく石が乾いていたほうが美味しく焼けるのでストーブで石を乾かしてからイモを焼こう。

そうでないと石焼きイモでなく蒸し焼きイモになってしまう。

 

使うイモは遠州名物「うなぎいも」

で、使うイモはこちら。「うなぎいも」

「うなぎいも」とは中田島砂丘周辺で売られている、浜名湖で取れたうなぎの骨や川を乾燥させた肥料で作ったイモのことで、浜松人なら今知らないものはいない美味しいイモである!

 

わしは今回始めてこれを食すのだが、せっかくならうまいと評判のイモを使おう。

イモをゴロゴロと並べ、石とイモの水気がなくなるようにしばらくフタを外して焼いていく。

 

美味しく焼くポイント

焼く際にはイモも乾燥している方が美味しく焼けるという。なのでこうして少し乾かしてからフタをするといいだろう。

 

1時間後

取扱説明書には片面15分。

ひっくり返して15分と全部で30分でできると書いてあったけど、

初めての石焼きイモはストーブ側の火力の調整ができず、結局1時間ほどで焼き終わった。

フタを開けるとこんな感じ。

イモに火が通り始めるとあたりになんとも言えない焼きイモの美味しそうなあま~い匂いが漂ってくる。

なんかうまく焼き色をつけることができなかったけど、外側は乾燥しているのでなんとなく出来ている感じ。

 

「うなぎいも」実食!

では「うなぎいも」を実食してみよう!

ポキっと良い音とともに甘い香りが鼻に漂ってきた。

 

見た目の焼き色はとても美味しそう。

黄色……というよりオレンジ色の焼き色におもわずかぶりついてみる。

 

ホフホフッ……あ、熱い!

でも、うまいっ!

 

うなぎいもの、

このなんとも言えない甘さが口いっぱいに広がって、

久しぶりに食べた焼きイモの旨さに感動した夜だった。

 

これならわざわざ仕事場に石焼き芋屋さんが来るのを待つ必要もないし、スーパーの店先で売っている高い焼き芋を買う必要もない。自分が好きなときに好きなように思いっきり石焼き芋を食べることができる!

 

自宅で手軽にできる焼きイモ器はとても買いな一品であると感じた。

焼きイモ好きの人には買って損はない一品である!

 


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

イラストレーター。よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)
このブログの管理人。漫画・イラストを描いている。
人呼んで乱視の猛虎!

follow us in feedly

© 2020 ドラねこ