ランニング 健康

【決定版】絶対に失敗しないひざ痛改善マニュアル2

更新日:

※2017/9/23 リライトしました。

 

ちわ~!ドラねこです(=´▽`=)ノ

皆さん元気に走ってますか?

 

前回もひざ痛についての記事を描きましたが、ホントに最近は夜になると寒くなってひざの関節が痛みませんか?

そこで今回は「ひざ痛によく効くストレッチ」について語ってみましょう!

スポンサードリンク

ひざ痛に効くストレッチ


  

寒くなるとひざが痛くなる。

わしの場合、もう何年も前に痛めたひざが今でも痛い。

冬の時期はお年寄りなどさぞツライだろう。

 

そんな慢性的なひざ痛を抱えている皆さんに、

誰でもできる簡単なひざ痛を緩和する方法をご紹介しよう!

前回紹介したテニスボールの矯正法と合わせてやると効果があること間違いない!

 

ひざ痛を治す運動療法

それではまず、ひざ痛の痛みを和らげる運動からご紹介しよう。

 

酒井慎太郎氏の「ひざ痛は99%完治する」によると、

ひざ痛というものは重に大腿四頭筋といわれるふとももを構成している大きな筋肉が硬くなることによってひざが上下に引っ張られ、ひざの内部に痛みが発生する原因になっているという。

なので主に大腿四頭筋ハムストリングスの2つの筋肉を鍛えることで、ひざ痛を改善しようということである。

 

そこで簡単なのがこの運動。やり方は簡単。

 

片足上げ

  1. まず、椅子の背もたれに背中をつけて座った状態から、
  2. 片方のひざを持ち上げて伸ばし、もう一方の足は床を踏ん張る。
  3. そのまま10秒キープする。
  4. それを毎日朝昼晩に左右の足で5〜10回繰り返す

これがやってみると結構ツライw

文章で読んでみると簡単そうに見えるが、

実際はやってみるとかなりツライ人もいるのではないだろうか?

 

この運動、実はひざ痛だけではなく腰痛にも効果がある体操として日本腰痛学会(そんなのあるんだw(;´∀`)が推奨している運動法なのである。

これで大腿四頭筋とハムストリングスを鍛えることで痛みが軽くなり、腰痛やひざ痛の症状が改善するのだという。

確かにこの方法をやってみると、痛みは少なくなったような気がする

 

それともう一つ。重要なのはストレッチ。

鍛えるだけではなくてストレッチもひざ痛改善に大切な運動療法なのだ。

 

ストレッチ


 

  • 脚を伸ばしてうつ伏せになる。
  • 片足を曲げ、つま先付近をつかみ、痛みのない範囲でお尻に引き寄せる。
  • この状態で10秒間保つ。これを5~10回繰り返し行う。反対側の足も行う。

※横向きに寝たり、立った状態で行ってもよい

これを朝昼晩・風呂あがりと4回くらいやっていただければいい。

実に簡単である♫

実際やってみると、このストレッチの痛みが引いていくのがよくわかる。

 

どれくらいで効く?

大体一ヶ月ほどで効果が現れるというこの運動は少し時間がかかるだろうが、徐々に効果は出てくるので途中で諦めずに毎日繰り返すと効果が出て来るはずである。

 

そして大切なのは「ひざ痛は治らない」という思い込みを捨てるということ。

ご年配の方でひざ痛は治らないという思いを抱いている人は多いだろう。確かに年を取るとその傾向はあるかもしれない。

しかし、今回紹介した運動法ストレッチ法を試しながら、諦めずに取り組めば、きっと今よりひざ痛が改善されて良い結果が出るだろう。

絶対に「もう一生治らない」などと諦めてはいけない!

 

ひざ痛は治らない不治の病ではないのだ。

 


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク


-ランニング, 健康
-,

Copyright© 吾輩はトラである , 2017 All Rights Reserved.