おすすめ家電 買ってよかった・おすすめ家電

手の疲れを「手軽」に癒やす。ハンドリフレがすごい!

更新日:

「家事のし過ぎで手が腱鞘炎になってツライ」

「PCや手書き仕事のしすぎでいつまでたっても手の痛みが引かない」

「なんとかお金をかけずに痛む手をマッサージする方法はないか」

 

この記事は、

そんな慢性的な手の痛みを抱えた人に向けて書いた、マッサージ家電の記事です。

 

ドラねこ

ちわ!おいさんだよ。

キミは慢性的な手の痛み。例えば腱鞘炎などを抱えているかい?

まいける

オレは手とかは健康だけど、お前は痛いんか?

ドラねこ

永井先生のセルフケアを実践しているから今ではあんまり痛くないんだけど、

絵を描きすぎたり、仕事をしすぎたりすると冬場は痛みが出るときがあるね。

まいける

なかなか治らないんだな。

ドラねこ

そうなんだよ。

腱鞘炎って意外と難しくて患って10年以上経つんだけど、わしみたいにセルフケアやチタンブレスレットを使ってみても、未だに完治までいかないんだよ。

これは体質的なものもあるんだろうけど、今回はそんなわしみたいに手の痛みを抱えている人におすすめの「ハンドリフレ」をレビューしてみるよ。


スポンサードリンク



ずっとほしかったハンドリフレがすごい!

ずっとほしかった。

このマッサージ機を前からずっとほしかった。

先日、そんな手をマッサージする家電リブレ「ハンドリフレ ip630」を、ようやく手に入れた。

さっそくそんなハンドリフレを開封してみよう。

 

開封の儀

箱を開けるとこのように白い袋に包まれた本体が現れた。

取り出してみると、白いプラスチックの本体に金色の塗装がしてあるオシャレな形のマッサージ機が。

ボタンはこの4種類。

左端の赤いボタンは内部のエアを抜くためのボタンだという。

右の電源ボタンを2秒以上長押しするとマッサージ始まる。

その他にも電源ボタンをもう一度押すと「中→強→弱」とそれぞれマッサージの強さを三段階に調整できるという。

右端のエアプレッシャーボタンは押すことによって弱・中・強それぞれ強さを変えながらリズミカルに手をもみほぐしてくれる。

 

実際につかってみて

で、実際にこのマッサージ機を使ってみると、わずか5分でこんな感じになってしまったw

マッサージする時間は「タイマー切り替えボタン」で5分→10分→15分と変更できるので、もうちょっと長めにマッサージしたい場合には自分で時間を調整して適度なマッサージ受けることができる。

 

なので、手が穴ぼこだらけになってしまったけどマッサージの時間は5分ほどと短めにすれば、マッサージによるもみ返しやマッサージ機に依存してしまうことは避けられそうである。

わしは機械のマッサージ機を使う際にはこのもみ返しの部分に一番気を使っているので、このハンドリフレのタイマー機能はちょっとした時間に手をリフレッシュしたい!という人にはうってつけだろう。

 

このハンドリフレを手に入れたことで、この冬はもう手の痛みを気にせずに仕事をバリバリこなすことができそうだ!

 

これからはハンドリフレで手をいたわりながら、仕事に精進したいと思う。

 

保存保存


びっくりするほど売れてますw
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

スポンサーリンク



-おすすめ家電, 買ってよかった・おすすめ家電
-

Copyright© 吾輩はトラである , 2018 All Rights Reserved.