【ドラねこキャンプ9】どちらも眺めは最高?!山梨の絶景フルーツ公園にほったらかし温泉!

2022年8月14日

  1. HOME >
  2. Travels >
  3. 山梨 >

【ドラねこキャンプ9】どちらも眺めは最高?!山梨の絶景フルーツ公園にほったらかし温泉!

2022年8月14日

ドラねこ

こんちわ、おいさんだよ!

君はキャンプは好きかい?

今回はどこだ?

まいける
ドラねこ

今回もゆるキャンの聖地を巡礼していくぞ!

訪れる場所はほったらかし温泉じゃ!

ほったらかし温泉?

まいける
ドラねこ

そうじゃ!

変わった名前だが絶景の露天風呂が有名な温泉として知る人ぞ知る名湯なのじゃ!

でもその前にちょっと寄り道をしていくぞ!

この記事は2021年4月にドラねこが開運のために静岡・長野に11泊12日で行った吉方旅行の検証記事です。

実際に開運するかどうかは用法用量をお守りの上、「西谷流開運術!3泊4日の吉方旅行で開運しよう!」もお読みいただいてご自身でご検証ください。それでは最後までお楽しみください。

さらば四尾連湖!

ドラねこキャンプ・6日目。

朝目が覚めると山の間から朝日がもう昇り始めていた。

昨夜は隣のサイトから大学生みたいなノリで遅くまで騒いでいたキャンパーたちのせいでなかなか寝付けなかったが、なんとか夜寝ることができた。

まだ誰も起き出していない四尾連湖の湖畔を一人歩いてみることにしよう。

スゲー。

朝は空気が澄んでいるせいか、湖がキレイだなあ。

まいける
クロ

あるいているとなんだかメがスキッとしてくるでしゅ。

ここは本当に静かで美しい場所なんだな。

歩いているとそんな気持ちにさせていただける。

ドラねこ

やっぱりここに来てよかったのじゃ。

朝飯をささっと食べてぼ~っとしていると、なんだかここを離れるのが惜しく感じてしまう。

しばらくウジウジしていたら隣のサイトに泊まっていたらしきソロキャンパーさんが持て余した薪をもらってくれないかと、吾輩に貴重な薪をくれた。

ドラねこ

おお、ラッキーなのじゃ。

こんなことってあるんだな。

まいける

湖の水はどこまでも澄んでいて、一見ここには魚がいないような気持ちになる。

山梨県と静岡県の境にあるここ四尾連湖は春と夏のちょうど中間のような気候で寝苦しさや寒さを感じずに一夜を過ごすことができた。

では、そろそろ次の場所へいくことにしよう。

今回はけっこう行くところが多くあるのだから、少し忙しくなりそうだ。

確かにたった一日しかここに居られないというのは、惜しい気がするな。

まいける
ドラねこ

また今度、機会があればここに来るのじゃ。

荷物を車に積み、受付に行って管理人にお礼を行って、次の目的地へ行くことにした。

ドラねこ

さあ、今日は甲州市を目指して山梨の奥へ挑んでいくぞ!

武田神社

車を走らせること一時間。

武田神社にやってきた。

おい、武田神社ってなんだよ?

まいける
ドラねこ

武田神社は甲斐の虎「武田信玄」公を祀った神社なのじゃ。

だれでしゅか?

クロ
ドラねこ

戦国時代の偉大な武将じゃ。

ここはかつて武田信玄の居城として使われていた躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)に築かれた社である。

神橋を超えた先には一の鳥居が参拝客を受け入れてくれる。

ドラねこ

これが武田神社の全体図じゃ。

意外と小さいんだな。

まいける
ドラねこ

信玄はあまり大きな城に住みたがらなかった武将で、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方。仇は敵なり」の人じゃから、ここが攻め手が寄せてくるようでは武田家も終わりと、あえて城などを築かずに見通しのよい館にしたのじゃ。

へえ。

豪胆なヤツだなあ。

まいける

そんな信玄の居城が一体どんな場所なのか?

ずっと気になっていて今回チャンスに恵まれたので来てみることにしたのだった。

短い参道を歩いていざ二の鳥居へ。

右手の手水舎で手を洗おうと見てみると、なんと手水の形が武田菱になっている!

・・・?

なんか変わった形してんな。

まいける
ドラねこ

これは武田家の家紋、武田菱じゃ。

こんなオシャレな形にデザインされているとは・・・

拝殿の横には酒好きの信玄を象徴するような「風林火山」の大きな盃が奉納されている。

さっそく拝殿を参拝することにしよう!

なんか、今年回った社の中でもかなり質素だよな。

まいける
ドラねこ

華美な社殿を嫌う感じが信玄のパーソナルを象徴しているような風格じゃな。

拝殿も小さければ他の社も意外と小さい。

武田信玄の神社なんだから参拝に来てみるとその小ささ・簡素さに驚いてしまう。

ちょっと拍子抜けしてしまう境内の造りに隣は何があるのだろうか、見てみるとあまり整備されていない草茫々のむき出しの石垣がただ鎮座しているだけだった。

ドラねこ

兵(つわもの)どもが夢の跡・・・ってやつじゃな。

……無情だな。

まいける

さて、社務所で御朱印を受け取って、今回はまだ行くところがあるのでそこを目指すことにしよう。

フルーツ公園

さて、武田神社から車でさらに一時間半ほど走ってきた場所は、「ゆるキャン」でも出てきたフルーツ公園にやってきた。

山梨県笛吹川フルーツ公園

山梨は、桃屋ぶどうなどの生産量日本一。

山々から湧き出る水や、肥沃な大地からおいしい農産物、ワインなどが生み出される地域。

ここフルーツ公園は、そんな山梨の産物や風土を五感で楽しめるテーマパーク。

くだもの広場の花壇には花菖蒲など季節の花が咲き誇っている。

クロ

キレイでしゅ。

この円盤はなんなんだ?

まいける
ドラねこ

このフルーツ公園はくだもの工房・わんぱくドーム・くだもの館(地下)。

そしてくだもの広場が組み合わさったここ笛吹のくだものテーマパークじゃ。

ちなみに入場無料じゃ!

ここらへんは花畑で涼し気なミストが水代わりにあちこちから吹き上がっていた。

突き出たコンクリートの広場からはアルプスの山々と笛吹の町並みが眼下に望める。

下にはインフォメーションセンターとステージ広場が広がっていた。

けっこう広いところなんだな。

まいける
クロ

ムダにひろいでしゅ。

こんなに広くしてどうするんだろうな。

ドラねこ

さて、ではくだもの広場内部の「葡萄屋kofu パークcafe」で何か食べることにしよう!

ドラねこ

せっかくフルーツのテーマパークに来たんだから、山梨を代表する果物を食べないとな!

わーい!

リク
クロ

やったあ!

ポポポ!

ポコたん
ドラねこ

ここは「ゆるキャン」にも出てきたカフェで、くだもの王国山梨だからこそ味わえる旬の果物をまるごと使ったフルーツパフェやサンデーなどスイーツを楽しめるのじゃ!

ほーう。

まいける

前列のお客さんを待っている間に見た看板の隅っこにも、こうして小さな葡萄が飾ってあったりして、果物愛を感じずにはいられないw

カフェの窓口の近くには「ゆるキャン」のパネルや、この辺りをピックアップしたゆるキャンのがぢブックなどが飾られてあった。

さて、ではわしもさっそくここで美味しそうなスイーツを頼んでみることにしよう!

ドラマではこんなふうにベンチの一角でアイスを食べていたけど・・・

まったくおんなじベンチがあそこにあるから、一番左のテーブルに腰掛けて食べることにしよう。

ちなみにこの苺ミルクサンデーは580円。

ドラねこ

むしゃむしゃ・・・

なるほど、たしかにこの味は新鮮な苺の味がして、単なるストロベリー味のアイスとは一味違うようじゃ。

このパフェもなかなか悪くないぜ。

まいける
クロ

このモモもおいしいでしゅ。

甘ーーーい!

おいしいね!ポコたん!

リク
ポコたん

ポポポ!

ふっー・・・

腹も膨れたことなのでくだもの館を見ていくことにしよう。

しばらく歩くと何やら地下になんとも言えない古代の遺跡を模したような天井がお出迎えしてくれた。

中を見ると主にぶどうがどのように世界中に伝わって行ったのかをわかりやすく伝えてくれている。

パネルには世界中の果物がどこが原産地なのかわかりやすく表示してくれている。

ドラねこ

こうしてみると世界中に色んな果物があることがよくわかるのう。

ほんとたくさんの果物を輸入してんだな。

まいける
クロ

おいしそうでしゅ。

ポポポ〜・・・

ポコたん

ほったらかし温泉

さて、続いてやってきたのはここ「ほったらかし温泉」

「ほったらかし温泉」はなでしこたち「野クルー」の連中もやってきたここ山梨を代表する絶景が堪能できる温泉だ。

なんか随分印象的な看板だな。

まいける
ドラねこ

野性味あふれる温泉って感じじゃな。

これなら相当期待できそうじゃ。一体どんなところかさっそく行ってみよう!

ほったらかし温泉には「あっちの湯」と「こっちの湯」の両方があって、それぞれ別途料金がかかる。

なでしこたちは「こっちの湯」を選んだみたいだけど、わしはあえて景色の良さそうな「あっちの湯」を選んでみよう。

こっちの湯はTVやアニメで散々みたからな。

まいける

ちなみにどっちか入るのに迷うという人は、サイコロを降ることであっちとこっちのどちらかを選ぶことができる。

ちなみにあっちとこっちの入浴料は800円だって。

ドラねこ

お金がないから、今回はやっぱりどっちか一つにしておくのじゃ。

別に両方入ったっていいだろ。

ケチケチすんなよ!

まいける

では、さっそくあっちの湯へ入ることにする。

随分粗末な感じのする建物内をいそいそと抜けて浴場へ向かう。

(画像引用 : ほったらかし温泉

ちなみにあっちの湯の風景はこんなかんじ。

ドラねこ

浴場にはおっさんがたくさんいて写真を撮れなかったのじゃ。

まあ、しゃーねえわな。

まいける

ちなみに「こっちの湯」の風景はこんなかんじ。

小さな浴槽だが、目の前には富士山の姿を拝みながら風呂に入ることができるようだ。

で、風呂から上がったらもちろん美味しい食べ物を食べることができる。

中でも名物は温玉あげ。

現実のほったらかし温泉にももちろん存在していて、

なでしこたちはここで美味しい温玉あげを堪能したようだ。

クロ

あちしたちも食べたいでしゅ!

ポポポ!

ポコたん
ドラねこ

今日はもう散々お金を使ったからパスじゃ。

ポポポー!

ポコたん

パインウッド

さて、そろそろいい感じの時間になってきたので本日のキャンプ場にチェックインすることにしよう。

ドラねこ

本日のお宿は「ゆるキャン」にも出てきた「パインウッド」じゃ。

なんか印象的なキャンプ場だな。

・・・っていうか、

まいける
クロ

中はゴミだらけでしゅ。

ゴミと言うかアメリカンスタイルのアンティークと呼ぶべきだろうな。

ドラねこ

このキャンプ場はこのように入口からずっとどっかからもらってきた粗大ゴミが山のように積まれている。

ドラマ版ではこのようになかなかアメリケンなサイトが一瞬だけ映るのだが・・・

サイトの道なりとかはけっこうオシャレなガーデン風の作りになっていて、

山の斜面を段々と切り開いているらしく、けっこうな広さがたくさん隣接している。

で、このサイトの特徴といえば、やはりその「眺め」だろう。

クロ

うわーーっ!

すごいひろいでしゅ!

眼下の景色が素晴らしいじゃろう!

ドラねこ
リク

わぁーーー!

すごい眺めだな。

これを夜独り占めできるということは・・・

まいける

夜になるとここから下の夜景を楽しめるということである。

しばらく歩いてサイトを散策してみよう。

あちことに置いてあるアメリケンな表札や看板やらの合間から笛吹市の市街地が一望できる。

なんかすごい日本感のなさが、アリゾナとかアメリカな風景みたいに錯覚してしまう。

しばらくボーッと見ていたら、下のサイトにいるおっさんたちが豪快にBBQをし始めたw

ドラねこ

豪快なアメリカンスタイルじゃ。

懐かしいなあ〜

まいける

遠くに見える風景もどことなく異国情緒溢れる風景である。

さて、暗くなってきたのでそろそろ火を炊いて夜の支度をしよう。

この時間になるともう目の前の夜景がすごいことになってくる。

わしのiPhone7ではここまでが限界なのだが、実際にはもっとすごい夜景が眼下に広がっていた。

この日はレトルトのカレーをさっと食べるだけでおけることにして、この夜景をおかずに静かな夜を楽しんだのであった。

だけどよ、寝ようとしたら隣のオヤジたちがスピーカーでガンガン演りだしてうるさかったぞ。

まいける
ドラねこ

でも、すかざず管理人さんが注意してくれて適切に対応してくれたのじゃ。

安心して眠れるでしゅ。

クロ

さて、この日の走行距離は122km.

ここに来て一気に100kmを超えだしてきたが、まだまだ吉方キャンプの旅は続くのでこれから先も幸運に出会うことを期待して今日は寝ることにしよう。


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

漫画ブロガー。 よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)。このブログの管理人をしている。 人呼んで乱視の猛虎! もし記事を気に入っていただけたらサイトをブックマークもしくは、Twitterフォローよろ!Please Like & Subscribe!

follow us in feedly