【神奈川・吉方旅行5】「こいつ、動くぞ?!」横浜ガンダムと龍鳳酒家のカニあんかけチャーハンの衝撃!!

2022年2月18日

  1. HOME >
  2. Travels >
  3. 神奈川 >

【神奈川・吉方旅行5】「こいつ、動くぞ?!」横浜ガンダムと龍鳳酒家のカニあんかけチャーハンの衝撃!!

2022年2月18日

ドラねこ

こんちわ!おいさんだよ。

君は横浜は好きかい?

今回も横浜だな。

赤レンガから山下公園を散策したけど、次はどこに行くんだ?

まいける
ドラねこ

次は山下公園の目と鼻の先にあるガンダムを見に行くぞ!

ハァ?!

ガンダムぅ?

まいける
ドラねこ

そうじゃ!

今回はまずはガンダムを見て、その後宿に向かうことにするぞ!

それでは最後まで御覧ください!

この記事は2021年2月にドラねこが開運のために神奈川に3泊4日で行った吉方旅行の検証記事です。

実際に開運するかどうかは用法用量をお守りの上、「西谷流開運術!3泊4日の吉方旅行で開運しよう!」もお読みいただいてご自身でご検証ください。それでは最後までお楽しみください。

前回まではこちら

横浜ガンダム現る!!

山下公園から世界の広場を抜け、山下ふ頭の入口まで歩いてきた。

ここには実はアレがある。

そう横浜に立つ、いや、動くガンダム。「ガンダムファクトリー」である。

こちらが「ガンダムファクトリーYOKOHAMA」

「GUNDAM-DOCKTOWER」まで登ると3300円かかるのだというが、今回は普通に入場してガンダムを観たいので1650円(!)を払って入場することに。

ドラねこ

うう・・・入場料が意外と高い!

1000円くらいだと思ってた。

貧乏旅にはなかなかツラい!

だな。

まいける

1650円もの高い入場料を払って動くガンダムを見るだけなんだから、もう少し安くてもいいだろうに、と思っていたら入り口のゲートでガンダムの小さなプラモをお土産にもらった。

そしてゲートを通ると、目の前にはあの「ガンダム」が立っていた!

ドラねこ

実は吾輩、1/1スケールの実物ガンダムを見るのはこれが初めてだったのじゃ。

実寸台ガンダムが乗っている台には「GUNDAM-DOCK」と書かれている。

隣には「PartsContainer」と書かれている物置がw

物置って言うなw

まいける

この足元から見る姿は圧巻である。

クロ

すごい!

おっきいでしゅ!

わーーー!

リク
巨大なガンダムを初めて見るの図。
ドラねこ

おお!これが噂に聞こえた動くガンダムか!

え?

コイツ、動くの?

まいける

そう、このガンダム。

実は今までお台場などにあったガンダムと違って、今回始めて動くことが可能なガンダムなのだ!

ドラねこ

どんなふうに動くのかのう。

一日に何回かこのガンダムが動くショーが行われるらしいけど、あと10分くらいではじまるようじゃな。

これを動かすショーがあるのか。

まいける

しばらく待っていたら「起動実験」のアナウンスと共に、どこからかガンダムのおなじみのBGMが聞こえてきた!

ドラねこ

うおおおおっ!

見ろ!動くぞ!

あっ!目の色が変わった!

まいける
ドラねこ

首が左右に動いているぞ!

すごいでしゅ!

ホントにうごいているでしゅ!

クロ

壮大なBGMと共にガンダムの前方に位置していたメンテナンスデッキが動いていく。

ドラねこ

うおおお!

いよいよじゃあ!

こいつホントに動くのかよ?

まいける

脚部と両肩からスモークが吹き出し、なにやら今にも動き出しそうな雰囲気になっていく。

ドラねこ

おおお!見ろ!

手が!手が動いているぞお!

おお、ホントだ。

でも手だけじゃなあ・・・って?!

まいける

するといよいよ「ガンダムの起動実験を開始します!」のアナウンスとともにガンダムの両足が、ゆっくりとではあるが着実に歩みだしていく。

ドラねこ

動いた!動いたぞ!

ゲッ、マジかよ?!

まいける

このガンダム起動ショーは色々なトラブルを乗り越え、なんとかガンダムが初めてこの大地に足を踏み出した様子が手に汗握るアナウンスと共に表現されていたw

ドラねこ

おおう、すごい!

ガンダムのマニピュレーターが天を指差しているぞ!

これ作んのに相当金と時間かかったんじゃねえか?

まいける

このコクピットのリアルさもすごい。

今回始めて1/1スケールのガンダムを観たが、こんなに迫力のあるものだとは思わなかった。横浜に来て良い思い出ができた想いであったw

ちなみにこのガンダムが動くショーは2つあって、休憩の後にもう一つの方のショーも見て、ガンダムカフェに行くことにしたのだった。

来てよかったw

ドラねこ

さて、ここには「ガンダムベース」と「ガンダムカフェ」なるものもあるというから、ちょこっと冷やかして見ることにしようw

ドラねこ

・・・なんか、どれも食えるもんが高いなあ。

お金もないし、やめとくか。

ポポポ!

ポコたん
まいける

やめんのかい。

・・・たぬきが泣いているぞ。

ガンダムベース

一方、ガンダムベースの中に入ると、ガラスケースに陳列されたガンダムがわしらを出迎えてくれる。

ドラねこ

うーむ、これは全部ファーストガンダムじゃ。

少し小さいけどプラモの展示をしてんだな。

まいける

こちらは更に小さい、わしの少年時代でいえばSDガンダム風のプラモなども展示されていて、

ドラねこ

ガンダムベース横浜ではここでしか買えないガンプラが目白押しじゃ!

こうやってファンを囲い込む戦略だなw

なかなかやるぜw

まいける

こっちは1/100スケールのプラモが展示されていて、

ドラねこ

おお!

これはエピオンじゃ!

ガンダムWに出てきた奴だっけ?

まいける
ドラねこ

これはガンダムベース限定のバージョンみたいじゃな。

・・・懐かしい。昔よくこれを作ったものじゃ。

遊んでいるとすぐにヒートショーテルの部分がダルンダルンになるんだけどなw

バルバトスとかハロとか新しいものやマスコットキャラクターも充実した品揃えのようだ。

PGやRGなど迫力のあるデカイ箱物を販売している。

ドラねこ

たくさん品揃えが豊富じゃなあ。

・・・せっかく来たんだからわしもなんか買っていこうかな?

これからもまだ観光するんだろ?

ガンプラなんか買ったら荷物になって邪魔になるぞ!

まいける
クロ

そうでしゅ!

おんなじものが、もうおウチにいっぱいあるでしゅ!

ドラねこ

・・・ちぇ、

せっかくやってきたのに・・・

仕方なく家族へのおみやげとして、ガンダムクッキーを買うだけにしてこのガンダムベースを後にした。

ガンダムラボ

コチラはガンダムラボ。

ガンダムがどのように動いているのか仕組みを解説している展示や、VRによるコクピット登場体験などができる施設だ。

ドラねこ

ここではガンダムのコクピットに登場したような感覚になれるアトラクションが設置されているのじゃ

でもさっきからガキがずっと画面を占領しているけどな。

まいける
ドラねこ

ううむ・・・早く変わってくれないかのう?

あ、後ろで見てたらようやくデッキに上がってコクピットに到達したようじゃ。

実際にガンダムのコクピットに登るとこんなかんじになるんだな。

まいける

しばらくするとコクピットから敵のモビルスーツに遭遇して戦闘する様子がCGで描かれていた。

ドラねこ

おおう!

これはなかなか大迫力の眺めじゃ!

実際にガンダムに乗った感じが味わえんだな。

すげー。

まいける

本日のお宿

さて、ガンダムファクトリーの興奮冷めやらぬ合間に山下公園から歩いて本日の宿にやってきた。

今回泊まるのがこちら関内にある「スーパーホテル関内」

値段の安さもさることながら横浜中華街のすぐ脇なので今回はこちらに泊まることにした。

このホテル、ありがたいことに中華街や指定の店で使える2000円のお食事クーポン券を特典としてつけてくれた。これはあとで夕食時に使うことにしようw

ベッドは一人で泊まるのに何故か上下二段のワイドタイプで清潔感がある。

ドラねこ

TVは前日泊まった町田のレンブラントホテルに比べて小さいが、まあ居心地が良いから良しとしよう。

結構新しいホテルだよな。

まいける
ドラねこ

ただこのホテル一つ不満を言うと、前日のレンブラントホテルにはTVにスマホのYouTubeの画面を共有する機能があるのに、ここのTVにはそういったものがない点じゃ。

あったら満点だったのになあ・・・

仕方ねーだろ、文句言うなよ。

まいける

バスタブやトイレは少し狭いユニットバスタイプ。

ここらへんはやはり前日のレンブラントホテルに軍配が上がる使用だった。

ドラねこ

ま、寝るだけだから狭くてもいいんだけどねw

横浜中華街

しばらくホテルでのんびりしていたら、時間になったので外に出ることにする。

ドラねこ

そろそろ腹も減ったのでいよいよ中華街に出かけることにするのじゃ!

北の玄武門から善隣門を通って中華街大通りを抜けて行くことにしよう。

それにしても夜の中華街って初めて来たけどきらびやかだな。

そのド派手なネオンや看板の輝きに比べて人通りは少なく、少し活気がないような感じがする。

あれはなんでしゅか?

クロ
ドラねこ

あれは中国の旧正月の春節を祝う龍じゃ。

むこうの獅子舞みたいなもんだろ?たしか。

まいける

龍鳳酒家 渡り蟹のあんかけチャーハン

中華街大通りを脇に外れた小脇の通りにある「龍鳳酒家」が本日の晩ごはんの場所である。

ドラねこ

ここがクーポン券を使える指定の店じゃ。

なんか寂れた店だな。

大丈夫なのかよ?

まいける
ドラねこ

お!見ろ!

渡り蟹のあんかけチャーハン!

これが1000円で食べれるみたいじゃぞ!

今夜はこれにしよう!

へー!こんなすごいのがクーポン券を使えばタダになるのか?

まいける

席に通され、メニューを渡されるも注文する品は決まっている。

ドラねこ

たぬきよ!

今回は渡り蟹のあんかけチャーハン一択なのじゃ!

ポポポ!

ポコたん

表の看板で見た渡り蟹のあんかけチャーハンを頼むのだ!

そして、しばらくするとそのチャーハンはやってきた!

ドラねこ

おおう!すごい!

カニの甲羅がついているぞ!

ポポポ!ポポポ!

ポコたん
クロ

すごくおっきいでしゅ!

これ結構すごいボリュームだぞ!

まいける
ドラねこ

この白い糸みたいなのが全部この渡り蟹の身なのじゃ!

贅沢に全部あんかけとしてのっかってるのう!

これで1000円とかマジでいいのかよ?!

まいける
ドラねこ

ふー・・・

うまかったー!

あんかけの下のチャーハンもボリュームがすごかったなw

まいける

ありがたいことにこのお店は頼んでいないのに、食事の後には杏仁豆腐が出るみたいである。

ドラねこ

うおおーう、

これはうまい杏仁豆腐じゃ。

へー、サービスで出してくれるんだなw

まいける

ちなみに2000円のクーポン券の内1000円をここで使ったので、お代はタダであった。

これで無料かよ。

すげーな。

まいける

腹も膨れたので中華街大通りを南に歩いていくと何やらモダンな建物が旧に現れた。

あれはなんだ?

まいける
ドラねこ

あれはチャイナタウン80。

横浜中華街のインフォメーションセンターじゃ!

山下町公園(小公園)

南門シルクロードを西に歩き、横浜媽祖廟を通り過ぎて右に折れて太平道を歩いていくと、何やら小さな公園の裏手にたどり着いた。

よく見ると何やら提灯みたいな明るい物が見えたのでそちらに歩いていくと、ねぷた祭りのようなカラフルな燈花であることがわかった。

ドラねこ

これは・・・どうやら春節を祝うためのモニュメントじゃな。

これが全部正月の飾りかよ!

中国はド派手だな。

まいける

近くにある媽祖廟よりもこちらの小さい公園の方が明るく派手やかなぼんぼりがたくさん飾られている。

ドラねこ

この派手さ。

すべてが極彩色じゃ。

めちゃくちゃおしゃれでしゅ。

クロ
ドラねこ

この色使い・・・

まさしく中国じゃ。

・・・たしかに。

まいける

公園の隅っこにはこのようなねぷたが・・・

ドラねこ

これは・・・桃か?

桃だな。

まいける
ドラねこ

こっちはまた極彩色あふれる仏陀だな。

日本じゃまずお目にかかれない色だなw

まいける

この顔もすごい中華風である。

ドラねこ

この下の彩雲もきれいじゃな。

めっちゃカラフルじゃん。

まいける
ドラねこ

西遊記の三蔵法師じゃな。

じゃあこっちは孫悟空か。

まいける

関帝廟も回ってみるもここは先程の公園ほどにド派手になってはいない。

ドラねこ

あ、北京ダックだ。

なんかこうした風景も中国そのものだな。

まいける
ドラねこ

おお!わしじゃ!わしがいるぞ!

ちげーよ、あれはトラだよ。

まいける

初めての中華街にしては少し閑散としていたけど、異国情緒あふれる町並みは歩いていてワクワクした。

まだ一日滞在する予定なのでまた明日今度は昼間に訪ねることにする。

それじゃあ、今夜はもう宿に帰って寝ることにしよう。

宿に帰って本日の移動距離を確認する。

今日の移動距離は179km。

100km=1000ptで計算すると今日は179kmだからおよそ180pt。

前日の町田が167ptで今晩からこのホテルに二晩お世話になる予定なので、

167+(180×2日)×3倍吉=1581ptになる計算である!

おー!

けっこうな吉方ポイントを稼いだけど、これでかなり強運に恵まれるのかしら?

明日からは一体どのようなおもしろい旅が続くのか?

ホントに効果あんのか?

まいける
ドラねこ

これだけポイントを貯めれば吾輩にきっと幸運がやってくること間違いないのじゃ!

それではさらなる幸運を期待して今夜はもう寝ることにしよう!


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

漫画ブロガー。 よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)。このブログの管理人をしている。 人呼んで乱視の猛虎! もし記事を気に入っていただけたらサイトをブックマークもしくは、Twitterフォローよろ!Please Like & Subscribe!

follow us in feedly