【総集編】静岡・山梨・長野キャンプ旅をふりかえって・・・

  1. HOME >
  2. まとめ記事 >

【総集編】静岡・山梨・長野キャンプ旅をふりかえって・・・

ドラねこ

ちわわ、ちわ~!おいさんだよ。

今回は・・・

キャンプの総集編だな。

まいける
ドラねこ

そうじゃ。

今回の旅は史上初のキャンプ旅。

しかも長旅なだけに色々大変だったのじゃ。

大変だったなんてもんじゃねえだろ!

めちゃくちゃしんどかったぞ!

始めてキャンプをするってえのに10日も旅させやがって。

まいける
ドラねこ

正確には11泊12日じゃ。

静岡・山梨・長野と3県にまたがっていわゆる「ゆるキャン」の聖地を訪れる旅がほとんどだったけど、どっか印象深いところはあるか?

あちしはシビレコがおもしろかったでしゅ。

クロ
ドラねこ

あそこは静かで空気も澄んでいて本当に別世界みたいだったからな。

それじゃ、初のキャンプ吉方旅行を振り返ってみることにするぞ!

吉方旅行のルール

  • その時期の自分にとっての吉方位に出かける。
  • 前日どこに滞在していても、必ず「自宅」から吉方位を割り出す。
  • 滞在期間は3泊4日以上(滞在期間が長いほど、効果アップ!)
  • 移動距離は100km以上(移動距離も遠いほど、効果アップ!)
  • 1泊目は必ず「22時30分」まで泊まるホテルや旅館の部屋に入る。
  • 旅行中は毎日「お風呂」か「温泉」に入る

詳しくはこちら↓

関東編・総括!

2021年最後にして最大の旅はなんとキャンプ旅。

ゆるキャン・ヒロシキャンプなど巷で流行っているキャンプがどうしてもしたいがために、吾輩も始めてのキャンプに挑戦したのであった。

時期は4月後半。そして訪れた土地は「ゆるキャン」の聖地・富士宮。

ここでまず富士山浅間大社を訪ね、キャンプ場へ向かおうとしたのだが、そのあまりの水の綺麗さに息を飲んで長時間佇んでいたら、その湧玉池で起きた奇跡の内容はこのブログでもお伝えしたとおりであるw

ドラねこ

あそこで起きたことは実際に起きたことだしな。

池の中で泳ぐ蛇なんてなかなか見ないもんな。

まいける

アレこそが吉方旅行の奇跡だと信じて、幸先の良い吉方位キャンプの第一歩を踏み出した一日であった。

浅間大社から引き続き、訪れたのがずっと長いこと訪れたいと憧れていた奇石博物館。

その豊富な種類と驚きの石たちが、これでもかと展示されていて正直、石好きは生涯に一度はここを訪れたい、ぼーっと眺めていたら一日潰せそうな豊富な展示物がいっぱいあった博物館であった。

ドラねこ

人の顔より大きなアメジストがあるのにはびっくりしたな。

めちゃくちゃおおきくてキレイだったでしゅ!

クロ

その後訪れた初めてのキャンプ場は、夜が暮れると恐ろしく寒くなって、一発目から気温が氷点下を下るという強烈な一撃をおみまいをされた一日目なのであったw

2日目

一日目の野営を終えて始めて「白糸の滝」にやってきた二日目。

気温は4月後半で富士山の麓だってのに、そのあまりの太陽の日差しの強さに辟易していたのに、ここだけは別格に涼しく、水の透明度とともにとても過ごしやすいパワースポットであった。

ドラねこ

ただこの近くの駐車場がけっこう高くてびっくりしたのじゃ。

水はびっくりするほどキレイだったんだけどなw

まいける

次のキャンプ場へ向かうのに時間が余りまくってしまったので急遽「まかいの牧場」に向かい、ミルクジェラートを食した回。

YMCAのキャンプ場に到着した時は素晴らしい見晴らしに感動したものの、受付のお兄さんの横柄な態度と備え付けのお風呂に入れなかったのが唯一の気掛かりであった。

3日目

YMCAからすぐ近くのキャンプ場・朝霧ジャンボリーに泊まった回。

何にもやることがなくなって、ただただのんびりした一日であったのだが、ここらへんは以外にも野生の雉がたくさん生息している場所で結構な数の雉を目撃することができた。

牛よりも見たんじゃねえの?

まいける

4日目

キャンプ4日目。次のキャンプ場への時間つぶしに入った富士花鳥園の回。

その圧倒的な花の量とフクロウの数に呆然とするも非常に面白い施設で、けっこう時間をつぶすことができた。

富士花鳥園からすぐの場所にある富士山のキャンプ場といえば、ここと名のしれた「ふもとっぱキャンプ場」

ご存知「ゆるキャン」の聖地として有名な「キャンパー憧れの地」に、素人キャンパーの吾輩も初参加したのだが、ぶっちゃけ夜は寒すぎるし風は強いしと改めてキャンプの恐ろしさを感じさせてくれたなんとも微妙なキャンプ場であった。

ドラねこ

広いのはいいんだけど、周りになにもないから風が恐ろしく吹きすさんできて、わしが持ってきたテントが吹き飛ばされそうになったのじゃ。

大自然の驚異を感じた一日だったな。

まいける

5日目

キャンプ5日目。

ここも「ゆるキャン」の聖地として登場したこの四尾連湖水明荘キャンプ場は、TVなどでも散々放映され、いまや脚光を浴びまくっているキャンパーたちがこぞって訪れる場所なのだが、それもそのはず行ってみて確かに静かで居心地のよく、良いサイトであることが感じ取れる素晴らしいキャンプ場であった。

トイレが汚いのが難点なのだが、湖畔のそばに新しいお店をオープンさせるくらいなら、設備投資の点でわしは湖畔対岸のサイトのトイレをもっとなんとかしてほしいと思ったのであった。

ドラねこ

ぼっとん便所で夜怖いんだよなあ。

オバケがでそうでしゅ・・・!

クロ

6日目

次の日もまたゆるキャンの聖地を訪ねてみようと、初の山梨県単独旅をしてフルーツ公園とほったらかし温泉に向かった吾輩。

フルーツ公園と言いながらも周りにはフルーツなど何もなく、仕方ないので中でパフェを食って展示物を見学したというなんともお粗末な展開を迎え、その後温泉に向かって富士山が見える絶景風呂を堪能してパインウッドオートキャンプ場に宿泊した一日であった。

ドラねこ

パインウッドは予想以上にワイルドだったのじゃ!

見晴らしは最高だったよな

まいける

7日目

見晴らし最高といえば譲れないのがこのキャンプ場。

といっても前半は諏訪大社と信玄の隠し湯を巡り、夕方近くにボッチ高原に向かって一泊した一日であった。

ここからの夕焼け・朝焼けは最高で、キャンプ場は狭いながらもトイレや水場もしっかりあって、他のキャンパーさんたちも仲良く夜を過ごしていたりして、一夜を過ごすには意外と快適で素晴らしいキャンプ場であった。

ドラねこキャンプ10

8日目

ここまでずっと「ゆるキャン」の聖地を巡礼してきたが、この日のキャンプ場は一日目以来の「ゆるキャン」とはまったく関係ないキャンプ場で、人も殆どいずにすごく静かな中、ゆっくりと自然を満喫できた素晴らしいキャンプ場であった。

ドラねこ

ただ夕方に起きた山火事騒ぎには本当に肝を冷やしたのじゃ。

よかったな、火事がキャンプ場でなくて上の方の山で起こって。

まいける

9日目

今回の旅で最後の「ゆるキャン」の聖地ということで、こまくさの湯と霊犬早太郎のお寺にやってきた。

途中、餅を食ったにも関わらず移動中の車の中でしっこを漏らしそうになったのは公然の秘密である。

しらんがな!

まいける

あわや大惨事の中をなんとかお寺に参り、その後温泉にゆっくり浸かって、その後「いなかの風」キャンプ場に辿りついた。

ここのキャンプ場はなんとなくネットを検索して知った場所にしては今回のキャンプの中で一番静かで過ごしやすい、素晴らしいキャンプ場で、まあ良い意味で期待を裏切られたキャンプ場であった。また行きたい。

10日目・11日目

2020年のいたるところのキャンプ雑誌で褒めちぎっていたまさに秘境と言えるキャンプ場「伊那谷キャンパーズヴィレッジ」で最後のキャンプを二泊にわたって行った回。

しかし、ぶっちゃけあんまり感心したキャンプ場ではなく個人的にはまた行きたいか?と言われればもう結構なキャンプ場。

最後の一日は雨に降られて大変な目にあったのだが、今思えばあれもいい思い出・・・なのかなあ?

という印象を持ったキャンプ場であった。

吉方キャンプを終えて

このキャンプ旅を終えて、すぐに二件ほどグラフィックデザインの仕事が入ってきたことは、以前も「ドラねこキャンプ1」で書いた。

自分でもびっくりした吉方旅行の効果に、改めて吉方のスゴさを実感した吾輩なのであったが、この他にも実は色々幸運な出来事があり、細かなことをいちいち挙げていってもしょうがないのだけど、着実に自分が幸運体質になりつつあるのを実感している毎日である。

具体的にはどんなだよ?

まいける
ドラねこ

具体的には去年このブログの記事がTVに取り上げられたことじゃ。

当ブログの人気記事である風水の記事がTVで紹介されたことがあるじゃろ?

ああ、アレか。

まいける

ドラねこさんTVに出る?!

ドラねこ

アレなんかは間違いなく吉方旅行の効果じゃ。

なぜならこの年に行った吉方旅行の方位には九紫火星がずっと回っていて、九紫の「スポットライトが当たる」「脚光を浴びる」という象意が現れたのじゃ。

それであんなことになったんでしゅか?!

クロ
ドラねこ

そうでなければイキナリこのブログがTVに紹介されるなんて奇跡が起こるわけない!

あの時、わしにマジで制作会社からメールが届いたからな!アレにはビビったわw

確かにアレは奇跡といえば奇跡だよな。

まいける
ドラねこ

あの時は「なにかのイタズラ」かと思って、ずっと疑っていたのじゃ。

すごいでしゅ!

クロ
ドラねこ

あの奇跡以降、吾輩の収入も少し増えたりしたからねw

マジかよ。

まいける
ドラねこ

このように吉方旅行には普段なら起こり得ない「ありえない事」が起こるのじゃ。

なので自分は運が悪いと思っている人は吉方旅行に積極的に行ってみると良いぞ!

きっと良いことが次々起こること間違いなしなのじゃ!

ということで、皆さまもご興味がある方はこのブログを読んで実際に実践いただきたいと思います!


LINEスタンプ販売中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

  • この記事を書いた人

ドラねこ

漫画ブロガー。 よくネコに間違われるが実はトラ(らしい)。このブログの管理人をしている。 人呼んで乱視の猛虎! もし記事を気に入っていただけたらサイトをブックマークもしくは、Twitterフォローよろ!Please Like & Subscribe!

follow us in feedly